【リアルウシジマくん】元スカウトマンが語る、風俗嬢の引退後は○○する!

著者

名前:裏みこ 専門:ネットスカウト専門コンサルタント(ネットスカウトを専門に10人以上教えた実績) 肩書き:元路上スカウトマンで路上に嫌気がさした! 7年間路上スカウトをしている先輩が「もう街なんか立ちたくない」っていうのをずっと隣で見ていたため、「なんで俺は毎日やりたくもない路上スカウトをしているんだ」と思い、SNSやブログなどのネットノウハウを勉強する。 しかし、路上スカウトで逮捕されてしまい、スカウトマンは引退。 その後、スカウトの人たちに間接的にでも携わりたいと思い、ネットスカウトを教える。コンサル生の実績は、教えて1日で面談が来出したり、1か月で150件面談が来たり、半年で月300万達成するなど、多くの実績を出してきた。 その具体的なノウハウは、 「twitterを月0円」、「tiktok1投稿100円」、「twitterやtiktok完全外注運用化で不労収入」、たった2週間で「月0件→月150件の依頼を来るようなSNS運用法」 を教えている。 現在裏みこは、ネットスカウトをコンサルをしながら「12時間路上に立つのは辛い」ということをスカウトマンの方々に伝承している。 得意分野は、ネットノウハウだが、地味に現役時代は路上でも月100万は稼いでいる。

裏みこってどんな人か見てみる!

元スカウトマンが風俗嬢の引退後の人生についてご紹介!

どういうきっかけで引退するのか?

引退後の生活は?

 

 

元スカウトマンの僕が現役時代に関わった風俗嬢の話しです。

今回は 風俗嬢はどんなきっかけで引退するのか?

その後の生活はどうなるのか?についてご紹介します!

 

風俗嬢が引退するきっかけは大きく分けて2つ

風俗嬢
私お店を辞めることにしたの。
裏みこ
どうして辞めちゃうんですか?

 

1つ目は結婚です。

中にはお客さんと恋に落ちて結婚する人や、スカウトマンなどの同業者、ホストの方と結婚する人もいます。

 

2つ目は昼職に転職したい場合。

 

風俗嬢
この業界を辞めたい、、、
ということで足を洗う方も多いです。

 

ただ、月50〜200万の高収入が当たり前の業界。その生活に慣れているとどうしても金銭感覚が狂ってしまいます。

最初は「結婚するから辞めるね」「お昼の仕事に転職するね」と言って辞めていっても、なんだかんだでまた「会社に内緒で」「旦那にバレないようにこっそり」副業として風俗嬢の仕事に戻ってくる人はとても多いです。

 

他にも

目標を達成した

身バレしてしまった

お店が自分に合わなかった

などの理由も多いようです!

 

風俗嬢として働いている人はどれくらいいるのか?

 

 

そもそも、風俗嬢という職業に就いている人はどれくらいいるんでしょうか?

風俗店の種類
ソープランド  デリヘル  ホテヘル  店舗型ヘルス  エステ  SM性感  オナクラ  セクキャバ  ピンサロ

届出のない違法店や、個人的な売春行為をしている人々を含めた正確な人数は把握できませんが、全国におよそ30万人くらいだそうです。

推計可動店舗数=約1万店舗
 1店舗あたりの推計在籍人数=29人前後
 すなわち日本のフーゾク嬢の数=1万店×約30人=約30万人。

飯田 荻上(扶桑社2013)より引用
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E7%B5 …
風俗嬢数計算が紹介されています
http://news.nicovideo.jp/watch/nw841193

 

30万人と言われてもピンときませんが、沖縄の那覇市の人口と同じくらいだそうです。そう考えると多いように思えますね。

 

引退後はどんな生活をしているのか?

 

例えば、風俗嬢として働いている時は家賃20〜30万に住み、ホストに貢ぎ込んで、更にホストといいお店に行くということがルーティン化されていると月10万〜のお給料になってしまった時に生活水準を合わせることができません。

なので引退したその後も

風俗嬢
長期のお休みを活かして出稼ぎに…
という選択をされる女性もいました。

会社や自宅から離れた場所で働けば知り合いに会わなくて済むのと、お給料が手渡しでバレにくいという点があるからです。

ただ、結婚して辞めたけどまた副業として復帰し、性病にかかってしまったのをきっかけに旦那さんにバレて揉めてしまう人もいらっしゃいました…

 

気がついたら闇金ウシジマくん、、、

 

風俗の業界では若さやルックスによって歩合が変わってくるので、年齢を重ねると共にお給料が減ってしまい、そこでも生活水準を下げることができずに借金まみれになって本当に「闇金ウシジマくん」のようになってしまうのです。

中にはスッパリ辞める方もいらっしゃるので一概には言えません。

風俗嬢の方が悪いとかではなく、普通の人間が急に生活水準を下げるっていうのは難しいんだなと勉強になりました。

なので僕が稼いだ時でも、簡単に金銭感覚と生活水準は下げないということを頭に入れています。

 

まとめ

 

風俗嬢が引退するきっかけ
結婚・昼職に転職するため・目標を達成した
お店が合わなかった・身バレしてしまった

いかがでしたか?

一度は引退を決意しても、なかなか抜け出せないなんて恐ろしい業界ですよね、、、

現役で働いている方、これから働いてみたい方、風俗嬢に恋している方、様々なリスクを覚悟しておいた方がいいかもしれません…。

 

 

 

—————————————————————————————————————————

「真冬の路上スカウトマンってしんどくない?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?裏みこってなんや!
ほんと先っちょだけ自己紹介いたします。

僕は、元々路上スカウトマンでした。
しかし挫折し、逮捕されてしまいました。

ネットスカウトで月300万稼がせてから

何人もの人を路上スカウトを辞めさせました。

中卒で学歴がなくても

「ネットなんてやったことない、PCですら操作はできない、、」

なんとか12時間の路上スカウトで食っていける生活

そんな「真冬に路上に立ちたくねえ」って方に見て欲しい

自分も路上スカウトしかやったことなかったけど
「え?こんな方法あんの?」と知ったときにはびっくりでした
コンサル生は月300万以上はざら。

正直、やったら誰でもできると思います。

twitterを月1000円で雇う方法全部教えちゃいます。

コンサル生がなんで月300万
を稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
月300万円までの道筋を見てみる
—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)