ボンネットから200個のクルミが!犯人は?車を走行中、異様な臭いと音で気づく

車を走行中にボンネットから異臭と異音が発生!

ボンネットを開けるとなんと200個ものクルミや草が詰まっていたという。

クルミや草をボンネットに集めた犯人は一体??

その目的とは?!

スポンサーリンク




米ペンシルベニア州ピッツバーグで珍事件!

 

 

出典:https://images.app.goo.gl/

スポンサーリンク




ボンネットの中に200個ものクルミと草!

 

車を運転していたら、物が焼けるような不審なにおいや異音がしたため、ボンネットを開けてみると、中には200個のクルミが――。ペンシルベニア州ピッツバーグに住むパーシック夫妻はこのほど、そんな珍事を体験した。2人は自宅の周囲にいるリスが冬に備えて、ボンネットの下にクルミを蓄えたのではないかと考えている。

妻のホリーさんが7日、車を走らせていたところ、不審なにおいや異音したためボンネットを開けてみると、中には200個以上のクルミとたくさんの草が入っていた。

夫のクリスさんは「バッテリーの下やラジエーターファンの近くなど、あらゆるところにあった。エンジン部にあるクルミは黒くて、ローストしたみたいなにおいがした」と振り返る。

クリスさんはCNNの取材に対し、ホリーさんは1カ月前に車を点検していたが、それ以来、ボンネットを開けたことはなかったと語った。つまり、クルミは過去数週間のうちに集められたようだ。

2人によれば、大きな木にしては庭に落ちているクルミが多くなかったことには気づいていたが、ボンネットの下で見つけるとは思わなかったという。

ボンネットの下にクルミや草がたくさんあり、自動車修理工場に車を持っていけるくらいに掃除するのに約1時間かかった。

修理工場で車体の下にあるプレートを外すと、取り切れなかったクルミが床に転がった。ごみ箱の半分がクルミで埋まったという。
インジェクターのホースに傷がついているようなこともなく、掃除をするだけで済んだという。

クリスさんはフェイスブックへの投稿で、車を外に止めるなら、時々はボンネットの下を確認することとアドバイスを送っている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

ペンシルベニア州ピッツバーグに住んでいるパーシック夫妻に起きた出来事。

妻ホリーは車を走行中に異変に気付き、夫のクリスにメールをする。

「なんだかエンジンルームが焦げ臭いわ!」

何かが焦げているような臭いと違和感のある音がしていた。

 

 

夫クリスさんにボンネットを開けてみては?という旨のメールが届いたのでボンネットを開けてみた。

 

するとボンネットの中には200個ものクルミと草が詰まっており仰天

エンジン部分にあったクルミは黒く色が変わっており、ローストしたような臭いがしたという。

 

 

 

ボンネットにクルミと草を集めた犯人は一体?!

犯人はお前だ!!!!???

 

 

キュートで見ていて癒されるこの動物。

そう・・・犯人はなんとリス

 

なんだか力が抜けてしまいそうですね。

リスが犯人なら、許さざるを得ません。

 

 

 

リスが一体何の目的でクルミと草をボンネットの中に?

リスがクルミと草をボンネットの中に集めたのは冬支度のため。

ボンネットの中にはたくさんの草やワラが詰められていたという。

 

 

ボンネットに巣をつくろうとしていたのではないだろうか。

そしてそこへ冬眠に備えて食料であるクルミを貯めこんでいたのでは?

 

 

この事件、決して他人事ではない!

外に車を駐車している人ならこの時期同じことが起こり得る。

 

夫のクリスさんはフェイスブックでたまにはボンネット下を確認するようにと注意喚起をしています。

ボンネットの下を確認することで大きな事故を引き起こす危険が回避できるでしょう。

 

野生のリスが活発に冬支度をするこの季節だけでも、出かける前にはボンネット下を確認したほうが良さそうだ。

 

 

パーシック夫妻の身に何もなくてよかった!

 

 

まさかボンネットの中に大量のクルミと草が入っているなんて誰が考えるでしょう。

もしエンジン部分が焼けて火災になっていたら・・・。

急なエンジントラブルから、他の車との接触事故にもなりかねません。

 

可能性として命の危険があった・・・そう思うと本当に恐ろしい。

 

パーシック夫妻がクルミと草の除去作業に追われ、修理工場に持っていくぐらいで済んで本当に良かったと切に思う。

 

 

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です