連携という言葉…

最近職場で連携という言葉をよく聞きます。

システム同士をくっつけたりすることを連携と言いますし、人と協力して何かやることも連携って言います。

連携攻撃みたいで楽しいですね。最近のジャンプで言うとヒロアカのデクくんとエリちゃんも連携してます。

あとは人に情報を伝えるときも連携って言ったりします。

「お茶漬けの値段を後日連携します」って感じですね。

なんとなくこちらは違和感がありました。意味を調べてなるほど納得。

れん けい [0] 【連携】
( 名 ) スル
〔「連絡提携(れんらくていけい)」の意〕
連絡を密に取り合って,一つの目的のために一緒に物事をすること。 「 -プレー」 「父母と教師の-を密にする」 「関係諸機関が-して研究開発を行う」 〔同音語の「連係・連繫」は物事と物事,人と人との間のつながりのことであるが,それに対して「連携」は連絡を取り合って一緒に物事を行うことをいう〕

つまり、連携は「連絡を取り合う」と、「一緒に物事をする」の2つのフェーズに別れているということです。漫画脳の私は後者の意味でしか連携を知りませんでした。

どうでもいいですが、前者は展開でも通じてる気がします。展開は一対多の意味合いが強いのかな?

まとめ

連携は便利でかっこいい言葉なので、積極的に連携していきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です