古賀稔彦さん(53)病気で急死!死因は癌?現在の姿は?痩せたとの声多数!

訃報です。

平成の三四郎と呼ばれた、古賀稔彦さんが、今朝亡くなったとの

報道がありました。

53歳という若さだったそうです。

関係者の話では、「最近急に痩せた」という話もあったそうです。

詳しく追いかけてみました。

スポンサーリンク



古賀稔彦さん死去

https://www.news24.jp

今朝、「平成の三四郎」と呼ばれた、古賀稔彦さんが

自宅で亡くなったことがわかりました。

53歳という若さでした。

報道によると、ガンの闘病生活を送っていたとのことで、

死因もガンとされています。

 

 

https://www.news24.jp

古賀さんは、1992年のバルセロナオリンピックにおいて、

柔道男子71キロ級で、金メダルを獲得しました。

https://www.news24.jp/

2000年に引退したのちは、指導者として日本女子柔道の選手を

鍛えあげました。

他にも日本柔道連盟の強化委員、JOC東京五輪強化スタッフなどを

勤めていました。

コロナでなくガンで亡くなっただけ、

ご家族と最後の時間を過ごせたのでは、と思ってしまいます。

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク



「平成の三四郎」

https://www.nikkansports.com/

古賀稔彦さんと言えば、「平成の三四郎」として名を馳せました。

その名前の由来が、背負い投げです。

写真でもわかりますよね。

横に崩れる、というのではありません。

完全に相手の体を浮かせ、まさに背負って投げているのです。

https://www.nikkansports.com/

得意の背負い投げは、中学の頃から使っていたそうです。

この写真は高校のものですが、後列左端が、当時副主将を勤めていた

古賀さんです。

こののち日本体育大学へと進学し、さらに柔道の道を極めていきます。

ちなみに卒業論文は、「背負い投げの魅力を探る」だったそうです。

古賀さんらしいですね。

 

スポンサーリンク



一年ほど前から「痩せた」?

実は、一年ほど前から、古賀さんが急に痩せたのでは?という声がツイッターで散見されました。

 

 

しかし、昨年にはバラエティ番組に出演するなど、

ガンを患っているなど、全くわかりませんでした。

だからこそ、突然の訃報に関係者のみならず、

Twitterなどでも悲しみに溢れたツイートが溢れているのでしょう。

 

スポンサーリンク



古賀稔彦さんの姿を時系列で比較!

こちらは、2018年に撮影された古賀さん。

ふっくらとして優しそうな雰囲気が特徴的ですね。

 

2020年11月ごろの古賀さんです。

頬のあたりがシュッとしたように見えますね。

この頃から、周りでは「激ヤセした」という声が上がり始めます。

子供に柔道を教えている様子でしたが、

どこか疲れているような雰囲気があります。

シュッとした、というよりげっそりしている、

という方がいいのかもしれません。

それでも子供を見る目は優しく、

体罰をとことん嫌った古賀さんの

本質が見えてくる気がします。

以前とはまるで別人…。

インタビューに答えてはいるものの、どこか虚ろで、

ぼんやりとしている感じがします。

抗がん剤治療や痛み止めの影響もあったのでしょうか?

 

スポンサーリンク



父親は悪性リンパ腫!?

実は、古賀さんのお父様は、1996年に、56歳という若さで、悪性リンパ腫で

亡くなっているようです。

悪性リンパ腫とは血液のガンで、血液を通じて身体中どこにでも転移するという

「完治」させることができず、症状を落ち着かせることしかできないガンです。

古賀さんはお父様よりもお若く亡くなってしまったのですね…。

 

スポンサーリンク



古賀稔彦さんの来歴

https://www.nikkansports.com

 

中学・高校時代の戦績

  • 1981  全国中学校柔道大会 団体戦 優勝
  • 1982  全国中学校柔道大会 団体戦 2位
  • 1984 金鷲旗 優勝
  • 1984 インターハイ 個人戦中量級 優勝
  • 1984 国体 少年男子の部 優勝
  • 1985 全国高校選手権 優勝
  • 1985  講道館杯 2位
  • 1985 国際高校柔道選手権大会 優勝
  • 1985 金鷲旗 優勝
  • 1985 インターハイ 個人戦中量級 優勝 団体戦 2位
  • 1985 国体 少年男子の部 優勝

すでに中学、高校時代から、輝かしい成績を誇っていたのですね。

 

71kg級での戦績

  • 1985 フィンランド国際 優勝
  • 1985 新人体重別 優勝
  • 1986 イタリア国際 団体戦 2位
  • 1986 世界ジュニア 優勝
  • 1986 選抜体重別 2位
  • 1986 正力杯 優勝
  • 1986 国体 成年男子の部 優勝
  • 1986  嘉納杯 優勝
  • 1987 正力国際 優勝
  • 1987  講道館杯 2位
  • 1987 選抜体重別 優勝
  • 1987 世界選手権 3位
  • 1988 正力国際 優勝
  • 1988 講道館杯 優勝
  • 1988 選抜体重別 優勝
  • 1988 正力杯 優勝
  • 1988 世界学生 優勝
  • 1989 正力国際 優勝
  • 1989 講道館杯 優勝
  • 1989 選抜体重別 優勝
  • 1989 世界選手権 優勝
  • 1990 正力国際 優勝
  • 1990 講道館杯 優勝
  • 1990 選抜体重別 優勝
  • 1990 アジア大会 3位
  • 1990 嘉納杯 優勝
  • 1991 講道館杯 優勝
  • 1991 選抜体重別 優勝
  • 1991 世界選手権 優勝
  • 1992 講道館杯 優勝
  • 1992 選抜体重別 優勝
  • 1992 バルセロナオリンピック 優勝

78kg級での戦績

  • 1994 講道館杯 5位
  • 1995 ドイツ国際 2位
  • 1995 選抜体重別 優勝
  • 1995 世界選手権 優勝
  • 1996 選抜体重別 3位
  • 1996 アトランタオリンピック 2位

81kg級での戦績

  • 1998 講道館杯 3位
  • 1999 講道館杯 3位
  • 2000 ロシア国際 3位

体重無差別大会での戦績

  • 1990 全日本選手権 2位

 

71キロ級時代は、もう負けなし、というところでしょうか。

優勝しかしていないのでは…。

 

スポンサーリンク



どんな体勢でも転がしてしまう背負い投げ


見ていると、

「なんでこんなに簡単に相手は転がるんだろう?」(@ω@?)

ってなりませんか?

古賀さんが活躍したころ、オリンピックの採点基準が変わりつつあったようで、

その中でも「日本柔道」を貫いた古賀さんは、

世界で恐れられていました。

本当に、もっと長生きしていただきたかったですね…。

 

ネットの声

SNS

早すぎる、若すぎる、彼の柔道は芸術だった。

そんな声がいくつも上がっています。

そして批判的な意見が全く出てきません。

それだけ、古賀稔彦という平成の三四郎は、

日本にとって感動をもたらした存在だったのでしょう。

また、家族を亡くしてまだ数時間しか経っていない遺族に対して

無遠慮にインタビューするマスコミに対する怒りも

見受けられました。

日本中が知りたいことでも、今はご遺族の心が一番大切です。

古賀稔彦さんのお気持ちも汲んで、

マスコミは対応して欲しいですね。

 

古賀稔彦さん、

日本に感動をもたらしてくださってありがとうございます。

卒論の「背負い投げの魅力を探る」は、

生涯のテーマだったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)