クラウドワークス実践記

私はほぼ毎日クラウドワークスで副業に精を出しています。

クラウドワークスとは

発注者(クライアント)が仕事を募集し、受注者(メンバー)がその仕事を達成することを目的としたプラットフォームサービスです。
クライアントによって様々な仕事を募集しており、メンバーのスキルによって様々な仕事を受注することができます。
強みは
・在宅でできる(場所を選ばない)
・直接クライアントと連絡ができ、納期の融通が効く
・報酬はクラウドワークスが仲介して受け渡しているので安心

いくらくらいもらえるの?

メンバーのスキル次第です。
プロ向けの仕事はデザイン関係やプログラム作成は多いですね。
当然、プロ向けの仕事は報酬が高いです。
例えばこんなものがありました。

プロ向けの案件はそれだけで結構お金がもらえますね…

もちろん一般人でも多くの仕事の受注することができます。
記事の執筆や店や製品のモニターが多いですね。
私はジャンプ漫画が好きなので、ワンピースのまとめ記事などを書いています。
記事作成の報酬もピンキリですが、相場は1文字0.5円〜です。
1文字1円以上だとクオリティや大量作成を要求されがちなので結構大変になります笑

クラウドワークスのデメリット

報酬受取の際に、システム手数料がかかります。
10万以下の案件は一律で20%引かれてしまいます。
1000円の記事を書いても800円くらいしか入らないわけですね。

例として、1000文字の記事を500円で受注したとします。
すると、500円に消費税がかかった540円をクライアントから払われます。
そこから20%が引かれた432円を受け取ります。

これが万単位の案件になってくると「結構引かれてる!」って実感します、まあこればっかりはいたしかたないですね…

ベストは、何回か仕事を受注して信頼できるクライアントさんならば、「チャットワーク」というサービスを使って直接仕事を受注することでしょう。
手数料も取られませんし、クライアントさんも消費税を払わないのでお互いにメリットがあります。

まとめ

クラウドワークスは便利なサービスで、誰でも手軽に副業をすることができます。
面白い案件もたくさんあるので気になったら挑戦してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です