クラウドファンディングとは?

日に日に存在感を増しているクラウドファンディング
本記事ではクラウドファンディングの解説と、その可能性について、今まで考察してきたのでまとめます。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、企画者が一般の方などを対象に広くお金を集めプロジェクトを実現する仕組みのことです。

説明するよりも見ていただいたほうが早いかもしれません。国内のクラウドファンディングの大手、CAMPFIREです。

CAMPFIRE

あらゆるプロジェクトが並んでいますね。支援者(パトロンと呼ばれます)は自分が応援したい企画に対して設定された額の出資を行います。企画者は集まったお金を元にプロジェクトの完遂を目指します。

クラウドファンディングには大きく2種類あります。購入型寄付型です。

購入型クラウドファンディングとは

企画者はプロジェクトを完遂した場合の「お返し」をあらかじめ決めておきます。選挙の公約みたいですね。リターンとも呼ばれます。

パトロンは支援後に企画者からリターンをもらいます。例えば製品開発系のクラウドファンディングだった場合、新製品をいち早く手に入れることができたりします。

もちろん、リターンの内容は企画者が決めるものなのでお礼メールや手紙の場合もあります。

寄付型クラウドファンディング

購入型とは異なり、リターンが存在しないクラウドファンディングです。純粋にプロジェクトを応援したい人からのみ支援を受けることができます。

一見すると企画者からすればこっちの方がプレッシャーも少なく楽に資金調達ができる気もします。ですが、自分の作った製品を世に広めたい場合などは購入型にしておいて、少しでも利用者を増やすのが一般的です。

クラウドファンディングの特徴

クラウドファンディングは言うなればアーティストのライブチケットの前売りのようなものです。先に資金調達をしておき、集まったお金でライブをやります。

では、その本質的な仕組みはどのようになっているのでしょうか。

・信用をお金に変換できる

お金の正体はただの紙切れと硬貨です。みんなが「お金」としての価値があると認識しているだけにすぎません。「お金を持っている人」というのは「何かお金を手に入れることを成し遂げられた人」という信用があるのです。

簡単な表現だと、お金で信用は得られませんが、信用でお金は得られます。
「お金渡すから僕のことを信用してよ」←本当の意味で信用はできません。
「信用してるから、お金をあげよう」←ありえそうですよね。

信頼>お金なのです。

クラウドファンディングでは、信用からお金を生み出すことができます。

・信用がないとどうなる?

お金を募集している人に信用がないと一錢も集まりません。言ってしまえば、クラウドファンディングは信用をお金に変換する装置に過ぎません。

・クラファンで何ができる?

「貧困地域に学校を作りたい」とか「かたつむりを育ててかたつむりショップを作りたい」
など何でもできます。
ただし、クラウドファンディングの会社の方とディスカッションをする必要があるのでそれ次第です。

2018/1/4 追記

クラウドファンディングをやってみました。
polcaやってみた サイゼリヤ編

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です