今更Airbnb使ってみました!ちなみにAirbnbとは??

来週水戸で大学の集まりがあるのでホテルを探していたのですが、全く空いていない…。

一応空いてはいるけど、シングルで8000円からしかなくてちょっと高すぎました。普段なら4000円くらいのホテルが空いてるのに…。

関係あるかは分かりませんが、どうやら水戸の梅まつりが絶賛開催中でそのせいかもしれませんね。

第122回水戸の梅まつり

ということで、今まで使ったことなかったのですがAirbnbを使って宿を探すことにしました!



今更だけどAirbnbとは?

一言で言ってしまうと民泊です。まぁ民泊って言う言葉もエアビーが出てきてから普及した感がありますが、要するに自分の家に他人を泊めるってことです。

泊める人をホスト、泊まる人をゲストと呼びます。

そしてAirbnbの破壊的なポイントは、ホスト自身が借りてる部屋でもゲストに貸し出すことを認めているというところです。まぁこの辺は地域の条例や物件との契約内容によりますが…。もちろんコッソリやっているホストも多いです。

なので、Airbnbはそもそもの発想というか、仕組みが普通のホテルとは違いますし、じゃらんとか楽天トラベルみたいな仲介業者とも違います。Airbnbっていう企業が運営している民泊サービス全体のことです。

2008年にアメリカのシリコンバレーで生まれたスタートアップ企業なのでまだまだ知らない方も多いと思います。特に日本は後発なのでハイリテラシーなアーリーアダプターが使っている印象です。

Airbnbの物件はどんな感じ?

民泊と聞くとなんとなく、ぼろっちい旅館みたいな家しかなさそうなイメージですがそんなことは全くありません。

むしろAirbnb専用としてアパートやマンションを所有しているホストの方も非常に多いです。投資用物件みたいな感じですね。

部屋はホストによって管理されているので、洗濯機が置いてあったりキッチン用品が揃っていたり、普通のホテルよりも設備が充実している場合も多いです。

また、必ずしもホストと一緒の家(部屋)で寝るというわけではなくて、家(部屋)ごとゲストに貸し出すホストも多いです。どちらかというとそっちの方が主流だとも思います。

Airbnbで何が嬉しい?

ホテルとは違って、値段が純粋な部屋のスペックと需要と供給で決まるので安くなる傾向がありますね。理不尽な料金設定にはなかなかならないと思います。

例えば、私が予約した水戸の部屋は1人用アパートの一室で3500円でした。部屋まるごと借りるパターンですね。洗濯機も置いてあります。駅からは遠いですが…。まぁ会場からは近いのでむしろありがたいですかね。

また、エアビー通の人たちは宿泊を通して「ホストの方と仲良くなれて、思い出が作れる」のがAirbnbの良いところだとよく言いますね。まぁこの辺は私は利用してことがないのでよく分かりません…。

ホテル業界はエアビーに駆逐される

ホテルよりも安くていい部屋に泊まれるならばエアビーを利用しない手はありません。

ただ一方で、エアビーが原因の事件や事故も度々報道されています。リスクがある程度存在してしまうのは仕方ないのかもしれません。

とりあえず、来週無事に部屋に泊まれることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です