持株会を退会してみた 手順を解説!

先月、とうとう持株会を退会しました笑

関連記事
持株会って何?メリットデメリットをまとめました

理由はほぼ↑の記事のデメリットによるところですね。

今年は夏頃から景気が悪くなり、奨励金の分を差し引いても損失が出たので辞めることにしました笑インデックスに負けてますからね。

毎月の持株会購入費用を他の投資先に向けたほうがいいとの判断です。

せっかくなので実際に私が持株会を辞めた手順を掲載します。持株会の管理が野村證券の方は参考になるかと思います!

まずはログイン

持株WEBサービスにログインしましょう。

トップページの下の方に「退会」ボタンがあるのでクリックします。


はい、するとこんな感じの説明ページが開きます。案外分かりやすいですね。

野村證券の口座作りました?

持株会を退会するためには野村證券の口座が必要です!持株会で管理していた株式を野村證券の口座に移すためですね。持ってない方は作りましょう。

ネットで口座申込をすると書類が郵送で送られてきます。書類に銀行口座とかハンコとかを押して返送すれば2週間くらいで開設できます。




退会申請をしよう!

さっきの説明ページを下にいくと申請画面へのボタンがありますね。クリックしましょう。

すると、またログインを要求されます。ここでは会員コード(社員番号?)とパスワードを入力してログインすると別ウィンドウで各種申請画面が開きます。

左側に「退会申請」ってのがあるのでクリックしましょう。

そこからは画面に従って退会申請ができます。(私はもう退会済みなので退会申請画面が出ません、、、)

売買単位株まで買増か?売買単位株のみ振替か?

退会申請するときに選ぶ必要があるのが以下2つです。

■売買単位株まで買増
単位株まで買増します。
例えば、現在190株持っている場合に買増で退会申請をすると200株分を新たに購入して200株分を野村證券の口座に振替ます。
退会申請時にあらかじめ買増予約金の振込が必要になります。
私はこっちで申請しました。
■売買単位株のみ振替
買増せずに所有している株式の単位株分を振替えます。
例えば190株持っている場合は100株分を野村證券の口座に振替、残りの90株分は売却します。
売却して得た金額は登録した銀行に振り込まれます。

単位株・・・売買に必要な株数、普通は100株

買増で退会申請してみた

事後なので説明用の画像がなくて恐縮ですが、、、

私の場合190株ほど所有していたので200株まで買い増すことにしました。
平均買い付け価格より株価がだいぶ下がってしまっていたので今売るとマイナスになってしまうからです笑
(いわゆる塩漬けですが)

買増を選択して退会申請を進めましょう。

そのあと、買増予約金(正式名称は忘れました)を持株会事務局に振り込む必要があります。
私の場合は5万円でした。
ちなみに、持株会事務局は野村じゃなくて自分の会社です!
買増予約金の振込明細と本人確認書類を持株会事務局に送りましょう。

申請後は待つのみ

以上で退会申請は終了です。

1〜2ヶ月くらいたつと精算金額が振り込まれ、精算書が送られてきます。

退会申請中に単位株に到達した場合(私の場合)

退会申請したちょうど月の最後の積立で単位株に到達してしまいました。
(190株→200.5株になった)
そのため買増予約金の5万円がすぐに戻ってきました笑

確かに申請画面で退会申請(買増)が取消になってることがわかります。
代わりに退会申請(売買単位株のみ振替)が事務局から申請されてます。

通知連絡とか一切ないので、???ってなりますがとりあえずちゃんと精算できてたのでよかったです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です