株とかFXは始めた時点で損という論考

こんにちは、最近またFXにはまりつつあります。一瞬で資産が増えるのは得も言われぬ快感となり私を襲います。

しかし、素人にとって株やFXは損をする確率が高く本来はやるべきではないことを忘れてはなりません。

株、FX、勝つ確率は高くても50%

株もFXも、儲ける人がいたら損する人が出ます。お金の奪い合いです。そしてその勝率は、プロたちは5割を超えています。すると自動的に素人は5割以上の確率で負けてしまうわけです。

・なぜプロは素人より勝てるのか?

・どうやったら素人はプロに勝てるのか?

も議論すべきですが、また別記事で論考したいと思います。

また、正確には配当金とか利子などでゲームにある程度お金が供給されます。ただ、それらは掛け金と比べるとかなり小さいので今回は無視します。

勝ったとしても課税で利益は減る

50%の確率で勝ったとしても、課税されるので利益は減ってしまいます。

負けたときの損失額はそのまま損失ですが、勝ったときには利益から約20%引かれるわけです。

ちなみに、雑所得の合計が年間で20万円を超えないのであれば課税する必要はないです。

宝くじって勝った瞬間損することが決まっている

宝くじって還元率が45%くらいです。1等で1億とかが当たる確率も存在しますが、その何千倍も0円や200円とかで負ける確率が高いです。平均して投資した金額の45%が返ってきます。

宝くじの期待値計算は中学生でも知っています。同時に、勝った時点で損することも知っています。

株やFXも同様で、期待値を計算すると100%を下回ります。勝率が50%だとしても、手数料とか税金で必ず利益は減ってしまうからです。

まあ還元率で見ると流石に宝くじよりは低くないので、宝くじ買うくらいなら株とかやったほうがいいかもしれませんね。

ただし、宝くじを買う人々は夢を買っているとすると、そこには計り知れない価値があるのかもしれませんね。

素人投資家はローリテラシーなのか?

私を含め、多くの素人がお金稼ぎのために市場に参戦し、損失を出しています。なぜ彼らは理論上は損することが決まっているのにゲームに参加してしまうのでしょうか。

①夢を買っているから

宝くじを買う人々と同じです。それはまるで崇高なる錬金術師の様ですね。

②本気で勝てると思っているし、実際に勝っているから

プロ顔負けの投資の才能や努力をしているならば勝てるかもしれません。私もそういう人々に憧れます。

趣味となっているから

ギャンブルは単なる金儲けではなく、熱狂できる魅力があります。開店前からパチンコ屋に並ぶ錬金術師たちは、狂ったように玉を打ち続けます。お金を稼ぐなら素直にバイトした方が早いにも関わらず、です。

株やFXもゲーム性が強く、予想が当たったり外れたりして面白いです。私はどちらかというと面白いからFXをやっています。

まとめ

株やFXの投資は素人がやっても損するのが関の山です。

そして、パチンコは財布のお金がなくなるだけで済みますが、投資に負けると口座のお金ごと持って行かれます

生活資金を抜いた、娯楽資金で遊んでみるのは楽しいのでオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です