サラリーマンの資産運用を考察 前編 2018年版

こんにちは、実はファイナンシャルプランナーののきよひこです。(3級ですが笑)

2018年は株高で始まり、日経平均はバブル崩壊後の最高値を記録しました。日本だけでなく米国のダウも右肩上がりです。

いよいよ長きに渡って日本を苦しめていたデフレの終わりが見えてきた感があります。

この好景気を受け、今年から投資を始めようと考えているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか?私が今までリサーチしてきた鉄板の資産運用術を経験も踏まえてまとめます!




そもそも資産運用とは?

先に資産運用について私の認識を書いておきます。人によって使い方は異なると思いますが、私は投資、投機全般を指すと考えています。つまり、お金を使ってお金を増やす活動のことです。

株式投資、不動産投資、債券投資、仮想通貨投資(投機だと思いますが)などなど…、世の中にはお金を使ってお金を増やせる仕組みが無数に存在します。そこから自分に合った適切な投資方法を選択して資産を増やしていくのが資産運用です。なので、短期とか長期とかは本来関係ないと思います。

短期でも長期でも、預金でもビットコインでもいいので自分に合った資産運用の方法が必ずあります。しかし、そう考えると選択肢が多すぎてどうすればいいか分からないでしょう。

心配している方、大丈夫です。

サラリーマンのような大衆ならば、適切な資産運用方法が研究され尽くしているので、テンプレに当てはめればOKです。というわけで、本記事ではそんなテンプレを中心にまとめます。

資産運用、まずやることは証券口座の開設

株とか投資信託とかどうやって買えばいいのでしょう?当然ですがスーパーやamazonで買えるわけではありません。

まずは証券会社に口座を開設します。この証券口座に銀行よろしく、お金を入金して金融商品(株など)を買ったり売ったり
して運用するのです。

なので、まずは証券口座を開設しましょう。

証券口座にも種類があって、NISA口座、特別口座、一般口座があります。

資産運用を始める前に…NISA口座を開設しよう

証券口座はNISA口座が断然おすすめです。

本当は早く「資産運用にはこの金融商品が鉄板です!」といきたいところですが、このNISA口座は開設済みですか?

資産運用をする上で、NISA制度は欠かせません!

資産運用の前に、まずNISAを勉強しましょう

NISAとは日本が推進している、投資向けのお得な制度です。具体的に私たちははNISA口座を開設し、NISA口座に金融商品を買っていくことになります。

NISA(ニーサ)とは? やさしい株のはじめ方

①NISA口座を開設→②金融商品選択→③資産運用開始 が正しい順番です。

NISAを使う最大のメリット

運用益が非課税になります。これがどれくらい大事かというと….

そもそも、株などで出た利益は納税する義務があります。法律で決まっています。利益に対して所得税(+住民税)で20%税金をおさめなければいけません。

つまり資産運用でせっかく利益が出ても20%は減ってしまうのです。10万円儲かったとしても8万円しか財布に入らないわけです。

NISAを活用すると、この20%を課税しなくても済みます。10万円をそのまま財布に入れることができます。

資産運用で大切なのは「少しでも運用益を増やす」ことですので、なんとしてもNISAは活用したいです。

もちろん、NISAは国が推進している制度(貯蓄から投資へ)なので安心安全ですよ!

NISAのルール

詳しいルールは調べれば出てくるので省きます。ひとつ頭に入れておいてほしいのが、「投資可能金額は年間最大120万円まで」という制限です。一年間の間に120万円以上の金額を投資したい方は、NISAとは別の口座で投資をしましょう。

逆に、投資できる資産が年に120万円以下の場合、殆どの状況でNISAを活用したほうがお得になります。

NISAにも3種類ある

NISAには3種類あります。いわゆるNISA(一般NISA)が上で紹介した年間120万円上限のものです。他にもつみたてNISAとジュニアNISAがあります。まぁサラリーマンの方には一般NISAかつみたてNISAが選択肢になりますが、どっちにも一長一短あるので人によって変わってくるところです。

ただし、NISA口座の開設はめんどくさい

証券口座ごとに開設方法は微妙に違いますが、NISA口座の開設はめんどくさいです。税務署の審査などが入るんので、最短でも2週間くらいかかります。

私の場合、住所変更したばかりだったので以前の住所に住んでいた証拠(転出届)などが必要だったり…

資産運用を始めるぞ!と意気込んでいる方にとってはストップがかかってしまうので厄介ですね笑

とりあえずNISAの申込みと並行で特定口座も開設しておいて先にそっちで運用してみのもありだと思います。NISA口座が開設できたら、特別口座の資産を一旦売却してNISA口座で買いなおしましょう。

NISAについて理解しましたか?

NISAの仕組みを理解したら、いよいよ金融商品を選んでいきましょう!

続き サラリーマンの資産運用を考察 中編 2018年版

サラリーマンの資産運用を考察 後編 2018年版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です