FX再開&ロスカットしない戦略

こんにちは、きよひこです。

私はちょっと前までFXをやっていたのですが、「FXなんてやっても仕方ない」と考えて辞めました。
思考の変遷はこんな感じです。

「FX儲かりそう!やってみるやで〜」 (開始時期)

「勝てるやんけ!才能あるんやな^^」(ビギナーズラック)

「あかん…勝った分全部吹っ飛んで赤字や…」(-5万くらい)

「負け分絶対取り返したる!」(なんとか+1万くらいで着地)

「結局負けるまで続けてしまうから、二度とやらんぞ…」(やっても仕方ない)

てな感じで、4ヶ月くらい離れていましたが、先日日経平均が暴落し、円高が進行していました。
今まで110円を割らなかったドル円が109円をつけています。
今年は108円〜114円のレンジ相場なので111円くらいまでは戻ると考え、買いで入れば勝ち目があると感じてしまいました。
ここで買わなければ後悔する!
というわけで、20万円入金して20000通貨買ってみました。

111円超えてくれれば、4万円の利益ですね。
まだ余力はあるのですが、評価額が下がったときのための証拠金ということで使っていません。

FXの利確ラインと損切りラインは?

上の画像を見ると、益出しは設定してあります。
200pipsで利確するようにしてあるので、111.16まで円安が進めば決済されて4万円増える寸法です。
しかし、損出しは設定していません。
なんと私は愚かにもFXの常識である「損切り」を実践していないのです!

「損切りをしない」という戦略

損切りをしないということは、利確で終わるという訳なので+で終わることができます。
とはいえそんなうまい話はありません。必ずリスクがあります。
そのリスクとは、今回の場合
・円高が進み続け、一生利確できない
・証拠金が足らなくなる(強制ロスカット)
の2つです。
ここで重要なのは、これら2つが起こりうる確率は非常に小さいということです。
恐らく消費税よりも少ないです。
為替レートは波の動きをすると信じられています。歴史通りならば遅かれ早かれ私の利確ラインに到達するはずです。
しかし、万が一上のリスクが現実になった場合、私は今預けている20万円を溶かしかねません。
SBIFXの場合、強制ロスカットは証拠金が50%を下回ると実行されます。
評価金額が大体40000円を下回ると強制決済されてしまうので、レートが101円とかになると16万円持ってかれる寸法です。
この辺の計算はよく分かりませんが、シミュレーションに打ち込むとこんな感じになるみたいです。

基本的には得をするが、小さい確率で失敗すると大損をするのです。
言うなれば、ハンターハンターのGI編で出てきたリスキーダイスみたいなもんですね。
とりあえず、週明けから景気が回復することに期待です。

<2018/2/12 追記>
最近、こんな記事を書きました。
ロスカットしてますか?FXをするなら必須ですよ。
FXは基本的にロスカットすることが大切です。まぁ、私の場合上記の理由でロスカットしませんが…いつか大負けしてしまいそうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です