NISAに備えて、ニッセイ外国株式インデックスファンドを崩してみました

こんにちは、きよひこです。

先日、積み立てていたニッセイ外国株式インデックスファンド(投資信託)を崩しました。(積立と言っても半年程度ですが)

このまま積み立ててもよかったのですが、まとまったお金を用意してNISAで運用しようと考えたからです。

今までは試しに投資信託を買っていただけなので、本格的に始めようと思います。

本記事では崩した理由やNISAの仕組み、ついでにニッセイ外国株式インデックスファンドについて解説します。

私の投資歴

私が投資をはじめたのは去年の夏からなので、ちょうど一年くらい前です。

株、FXもやっていましたが、春から社会人になり投資にコミットできる時間も減ったので投資信託に変更しました。

2月から10万ずつ4回、40万円分投信を買ったのですが、今回崩すことにしました。理由は冒頭でも述べましたがNISA運用を始めるためです。特別口座からNISA口座への資産の移管はできないので。

勘違いしていた、NISAの仕組み

今までNISAの仕組みを勘違いしていて、「NISAは5年間しかできない」と思っていたんですね。

本当は「2023年まで毎年開設できて、それぞれの有効期間が5年間」です。

「120万円まとめて投資できる資金力がついてからの方がいいじゃん…」って思ってしまっていました。友達にもそういう人がいたので案外勘違いしている人が多いんじゃないかなーと思います。

というわけで、NISAの正解は「どうせ投資をするならNISAでやれ」です。ただNISAは損益通算ができないので、複数の口座で投資をしている方はNISAに配置する金融商品を選ぶ必要はあります。




ニッセイ外国株式インデックスファンド

一言でいってしまうと、かなり無難な投資信託です。

参考 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

投資先は日本以外の先進国の株式です。組入れ上位銘柄はアップル、マイクロソフトなど米国企業が多いですね。

特徴としては超低水準の手数料と広範囲の分散投資です。投資の王道を忠実に守る方にはおすすめです。低手数料低リスクというやつですね。

ちなみに、運用結果は+6000円ほどでした。

調子のいい時は+12000円くらいでしたが、最近北朝鮮問題などでだいぶ目減りしてしまいました。

NISA戦略

今後はNISAで運用しようと思いますが、引き続き投信を買うか、個別株にするかは検討中です…。せっかくなので高配当の個別株をNISAで運用して配当金を無課税でもらうのもアツいですが、元金がないと株は始めにくいですね。

2018/1/23 追記

12月にボーナスが出たのと、NISA口座の用意ができたので再びニッセイ外国株式インデックスファンドを購入しました!
ニッセイ 外国株式インデックスファンドに再投資!

================今日のサイゼリヤ================
polcaで募ったお金で、さっそくサイゼでミラノ風ドリアを食べました。

参考 polcaやってみた サイゼリヤ編

サイゼと言ったらコレですよね。発売当初から1000回改良されているそうです。

私は粉チーズと唐辛子フレークをかけまくって食べるのが好きです。

見栄えは悪くなります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です