2017年、私がビットコインを買えなかった理由

今年は仮想通貨が大流行りしましたね。年初のころにビットコインが10万円をつけ、20万円で高値掴みだ!とか騒がれていたのが懐かしいです。

いつからかビットフライヤーなどの取引所がテレビCMで流れるようになり、すっかり一般人にも普及してきた感があります。耳に残りますよね、ビットフライヤー♪ビットフライヤー♪

価格も年初10万円だったビットコインが一時230万円をつけるなど、テンバガーならぬダブルテンバガーとも呼べる大高騰を記録しました。しかも一年で。

しかし、この何百年に一回あるかどうかのお祭りに関わらず、私はビットコインを買えませんでした。他の仮想通貨もです。

結果だけ見ると祭りに参加すればよかった…と後悔しているので、買えなかったと言う表現が正しいです。笑




①「分からないものには投資するな」という鉄則

投資界の鉄則ですね。確かにこれに則ったらビットコイン投資はできません。

ブロックチェーンとは??暗号通貨とは??決済速度は??法律は??など、あらゆる側面から見て未だに議論・研究中です。それは「日経平均とは、日本を代表する225銘柄の平均株価です」と比べて非常に複雑で難解です。

投資対象の性質を把握していないとリスク計算もすることができないので、それは投資ではなく投機になります。もしかするとギャンブルになっているのかもしれません。

②手数料が高い

投資家から見て手数料は明らかなマイナスリターンですので、極力少なくすることが重要です。ここで言う手数料は売買手数料だけでなく、入出金手数料やスプレッドも含みます。

株やFXは証券会社の激しい競争の結果、手数料はかなり低くなってきています。ビットコインと性質の似ているFXだと入出金手数料は無料ですし、スプレッドもかなり小さいです。ドル円だと0.3銭ほどです。スワップポイントも買と売の両方でマイナスに働くこともありません。

ビットコインの場合だといずれも手数料がかかる場合があります。

上がるか下がるかが半々の確率だとしたら、期待値では手数料分だけマイナスになるのは自明ですね。

③仮想通貨が多すぎてどれが真打ちか分からない

①にも繋がりますが…仮想通貨の強みは全世界共通の通貨であることだと考えています。現実世界のように日本ならば円、アメリカならばドル、ではなく全世界でビットコイン、というような状況が理想なのです。

実際には最初の仮想通貨であるビットコインの弱点を補うために多くの仮想通貨が生まれ、ビットコイン自体も分裂する始末です。

一体どれを買えばいいのやら…結果的には大体全部上昇したんですかね??

④リスクが大きい

まぁ仮想通貨のリスクについては誰しもが論じているので省略します。変動が激しいとか、先行き不明とか、遅すぎて決済に使えないから実際の価値はないとか…。

その辺のリスクも織り込んでの現在価格だとも思うのでこの辺はあまり気にならないですかね。

来年こそは…

まぁ、色々と理由をつけて未知のものに手を出せなかっただけの話です。仮想通貨は小賢しい投資家は全く相手にさせてくれませんでした。

新しい技術に興味を持ち、自らが実験するような気概のあるアーリーアダプターたちにとって今年はジャックポットだったことでしょう。

来年こそは私も仮想通貨始めてみたいと思います。遅いとか早いとかは気にしてません。ただ試してみたいだけです。笑

きっとアーリーアダプターの第一歩になることでしょう。

2018/1/26 追記

coincheckでビットコイン買いました!
続き CMに煽られて、coincheckでビットコインを買った結果

が、盗難事件発生で仮想通貨界隈に不穏な空気…早くも引退の予感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です