格付け南アフリカ

こんにちは、ランド戦士です。

24日にムーディズとS&Pの格付けが発表されましたね、資産はこんな感じです。

8円代からまた7円代に戻ってしまいました…

格付けとは

昔ロンドンハーツで格付けし合う女たちってのが流行ってましたね(今もやってのかな?)、あんな感じです。

ムーディズとS&Pと呼ばれる格付け会社が国債に格付けをするのです。

国債とは国の借金のことなので、ランクが高ければ国債は安全=投資先として安全な国ってことです。

ちなみに日本は安定です 参考 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HLZ_Q6A830C1000000/

国の格付けは為替レートに非常に影響するのでランド戦士たちは今回の南アフリカ格付けを固唾を飲んで見守るわけです。

結果としては悪くはないはずだが…

今回の南アフリカの格付けはムーディズは据え置き、S&Pは格下げだったそうです。大方市場の予想通りでしたが、格下げということでランド安円高は避けられませんでした。

しかし、情報によるとムーディズは据え置きを発表したものの、格下げも検討とのことでまだまだ油断はできません。

まとめ

とりあえず、週明けの暴落に震えます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です