ギザ10

今日ほっともっとでのり牛を頼んだところ、おつりがギザ10でした。

久しぶりに見た気がします、読者の皆さんはギザ10もってますか??

恐らく、ちびっ子たちはギザ10を知らないと思うので解説します。

ギザ10とは

ギザ十(ぎざじゅう)とは、日本で1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて製造された十円硬貨を指す(1956年〈昭和31年〉は未発行)。硬貨の縁に多数(132個)の溝が彫られており、ギザギザになっていることから、広くこのように呼ばれている。
By Wikipedia

ギザ10の価値は

ギザ10にも実はランクがあります。

製造された数が少ない年代のギザ10が高くなります、昭和26年産の未使用ギザ10だと6万円です。

未使用だとかなりプレミアがつきます。私が今日手に入れた29年産も未使用品なら1万8千円だそうです。

未使用品なんてあるのか…

まとめ

もしかしたら、今の時代の10円も新品で持っていたら100年後には高値で取引されるかもしれませんね。
資産運用するよりいいかもしれません。
加えてそのころには仮想通貨が流行っていて、現金がコレクション品になっていることでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です