インベスターZ

私は昔から漫画が好きでした。
ドラえもんに始まり、ジャンプにハマり、未だに毎週読んでます(25歳です)
漫画の好みも変わってくるもので、大人になってから最も影響を受けた漫画があります。
三田紀房先生のインベスターZです。

モーニングで2013年から連載されているそうで、先日19巻が発売されました。
インベスターとは日本語で投資家という意味で、つまり投資漫画です!

インベスターZ あらすじ

主人公、財前孝史が道塾学園に入学するところから物語は始まります。
この道塾学園は授業料が無料の超進学校なのですが、なんと学校の運営資金を学生の「投資部」で稼いでいるのです。
成績トップの財前は投資部に入ることになり、株・FXなどの投資の経験を積んでいくのでした。
ちなみに中学生です。テニスの王子様の世界観ですね〜

ここがすごいよインベスターZ

テーマが投資ということで難しい内容かと思いきや、分かりやすい絵と解説で初心者も面白く読めます。
それもそのはずで、作者はあの東大受験漫画ドラゴン桜の作者なんですね。
私もインベスターZを読んだ翌月には松井証券で株を始めてしまいました。影響されやすいですね〜

また、投資だけではなく、ビジネスもテーマとして扱っています。電通とかGEなど現実の会社の沿革や戦略を解説してくれるのでビジネスパーソン必読の内容ですね。

注意点

もちろん漫画なので、現実的にはありえない展開が起こります。
天才中学生財前は投資経験がなかったにも関わらず利回り40%で運用しだします。
これに影響されて素人が同じことやろうとしても厳しいですね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です