事件・事故

吉田裕太【愛知県大口町秋田】過失運転!顔は?原因は?処罰は?場所特定!

20日午後3時過ぎ、愛知県の大口町秋田の交差点で、原付バイクと軽自動車の衝突事故がありました。

車が走っていた道路の方に、一時停車線があったにもかかわらず、出会い頭に衝突事故を起こしていることから、過失運転扱いになるようです。

原付バイクを運転していた70代の男性は、意識不明の重体だそうです。

それでは、ニュースについて詳しく見ていきたいと思います。事故を引き起こした運転手の吉田容疑者の顔写真や事故の原因等も調べていきたいと思います。

スポンサーリンク



ニュース概要

 

以下がYahoo!ニュースで流れた記事です。

車側に一時停止線…交差点で原付と軽乗用車が出合い頭で衝突 原付運転の高齢男性が意識不明の重体

20日午後、愛知県大口町の交差点で、原付バイクと軽乗用車が出合い頭で衝突し、原付バイクを運転する70代くらいの男性が意識不明の重体です。

20日午後3時すぎ、愛知県大口町秋田2丁目の信号のない交差点で、西に向かって走っていた原付バイクが、左から来た軽乗用車と出合い頭で衝突しました。

この事故で、原付バイクを運転していた70代くらいの男性が病院に運ばれましたが、全身を強く打っていて、意識不明の重体です。

警察は、軽乗用車を運転していた小牧市の会社員・吉田裕太容疑者(24)を過失運転致傷で現行犯逮捕。吉田容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察によりますと、吉田容疑者が走行していた南北の道路に一時停止線があったということで、事故の原因を詳しく調べています。

参照:Yahoo!ニュース

 

事故を起こしたのは、小牧市の会社員・吉田裕太容疑者です。

愛知県の大口町の信号のない交差点で、一時停止線を無視したのか、止まり損ねたのか分かりませんが、原付バイクと衝突し、70代の男性を意識不明の重体にしてしまったようです。

信号のない交差点だと、一時停止線で止まらずに、徐行するだけで済ませる運転手も多いそうですね。

また、停止線を越えて止まる人もたまに見かけます。

急いでいたりして面倒だと思うこともあるかもしれませんが、何のための交通ルールなのか再度認識を改めて欲しいです。

 

 

スポンサーリンク



吉田裕太容疑者の顔写真は?

吉田裕太容疑者を調べてみたところ、ロッテの吉田裕太さんがヒットしてしまいました。

確かに同姓同名ですね。

事故を起こした方の吉田裕太さんの画像は、残念ながら公開されていなかったので、公開され次第、お伝えいたします。

 

 

スポンサーリンク



事故の原因は?

おそらく、停車線を越えてしまったんでしょうね。

見ていなかったか、意図的かは分かりませんが・・・

角度によったら、停車線からでは見えない場合もあるので、停車線を越えて停車する人もいますよね。

でも、少し気を付ければ、何とか回避できたはずです。

被害者の方は、意識不明の重体ということで、意識を取り戻して回復すればいいですが、あまりにも不幸な事故なので可愛そうです。

一番いいのは、すべての交差点に信号をつけてしまうことではないでしょうか・・・

信号があっても無視する人もいるので、あまり変わらないのかもしれませんが。

 

 

 

スポンサーリンク



事故の場所は?

 

結構、、田んぼや畑ばかりなので、普段車通りが少ないのかもしれませんね。

その場合、勝手知ったるなんとやらで、停車線なんて無視して走っている場合もあります。

田舎暮らしだったので、意外と田舎の方が、スピードが出ていたり、止まらずに走っていたりしますよね。

意外と開けているので、ぱっと見そのまま走っても衝突しなさそうです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

過失致死傷の処罰は?

「過失運転致死」とは、運転中の過失により事故を起こし、その結果、相手の方が亡くなってしまった場合を指します。

故意がない過失であったとしても、不注意によって相手を死亡させた場合には、過失運転致死とみなされる可能性があります。

たとえば、前方不注視や動静不注視、巻き込み確認を怠ったこと、ウィンカー(方向指示)を点滅させずに方向転換したことなどは、すべて「過失」にあたり、これらの過失により死亡事故が起きたのであれば、過失運転致死傷罪に問われます。

過失運転致死傷罪の罰則
過失運転致死傷罪:7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

参照:過失致死傷

 

 

①民事上の責任

民事上の責任とは、被害者に対する民事上の損害賠償責任のことです。

具体的には、民法709条の不法行為責任や自動車損害賠償保障法に基づき、交通事故により被害者が被った損害を金銭に評価し、その支払いによって被害者の損害を回復します。

被害者の人身損害に対しては、慰謝料や入通院費などを支払うことになります。

②刑事上の責任

刑事上の責任は、社会の法秩序の維持を目的としています。

具体的には、交通事故を起こし、人を死傷させた場合は、刑法や自動車運転死傷処罰法に定める刑罰の対象になります。

無免許運転や飲酒運転などの過失がある場合は、さらに道路交通法の責任が問われることになります。

③行政上の処分

行政上の処分は、自動車の運転を許可した者が重大な事故を起こした場合、道路交通の安全の確保の観点から、その免許者に対してペナルティを科すというものです。具体的には、運転免許の停止や取消しなどの処分を受けます。

参照:加害者の責任

 

もう少し詳しく知りたい方は以下のサイトを参照してください。

チューリッヒの公式サイト

合宿免許スクール

警視庁

スポンサーリンク



 

厳しい口コミ

口コミは、やはり、手厳しいですね。

優先道路を原付が走っていたので圧倒的な過失が軽にある
一旦停止は事故が起こりそうな場所に設けてあるのだから止まって安全確認をしたらこの事故は避けられた

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

 

車を運転しない自転車乗りが、車の怖さを知らず一時停止をせず大通りに飛び出すことはあるが、車で一時停止しないのはあり得ないでしょう。交通法規を守る気がないものは運転すべきではない。煽り運転する輩も然り。目的地にわずかな時間早く着くことの方が大切だと考えているような安全意識の無い者は潔く免許証を返納してほしい。

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

一時停止ラインを大幅に踏み越えて見える所まで一気に飛び出して止るのが
一時停止と勘違いしているバカが多過ぎる。そして最悪のタイミングが重なれば
このように原付や自転車を跳ね飛ばす死亡事故を巻き起こす。

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

 

スポンサーリンク



最後に

少し気を付けるだけで、少しでも事故を減らしていければいいですね。

まずは、一人一人が意識を変えることから始めていきましょう!

目指せ、交通事故0です!

 

 

 

スポンサーリンク