塚目わたる(25)顔画像は?Facebook判明!?山梨県で起きた高速道路玉突き事故!事故原因がヤバかった!?

14日、山梨県の高速道路で大型トラックが追突。

この事故で5台が絡む玉突き事故となりました。

なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか。

詳しく調べてみようと思います。

 




 

事件概要

14日夜、山梨県甲州市を走る中央自動車道下り線。パトカーや救急車の先には、中央分離帯に激突して停止したとみられる大型トラックが。路上には破片が散乱していて、衝撃の激しさを物語っています。 警察によりますと、14日午後9時15分ごろ、渋滞で停車していた乗用車に大型トラックが追突。乗用車が押し出されて別の大型トラックに追突するなど、合わせて5台が絡む玉突き事故となりました。 最初に追突された乗用車に乗っていた男性2人が死亡したほか、別の車両を含め3人が重軽傷を負いました。 警察は、最初に追突した大型トラックを運転していた、塚目わたる容疑者(25)を逮捕しました

引用:Yahoo!ニュース

 

14日、とても恐ろしい事件が発生しました。

山梨県甲州市の自動車道で乗用車にトラックが追突し、5台が巻き込まれる事故が発生しました。

2人が死亡、3人がけがをしました。

大型トラックを運転していた、塚目わたる容疑者を過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。

 

とても恐ろしい事故です。

自動車道でそれなりのスピードが出ていたはずです。

それなのに大型のトラックが5台を巻き込む玉突き事故。

後ろから突かれたほうは怖かったと思うし、どうしようもできない状況だったのではないでしょうか。

 




 

事故現場

事故現場は情報によると 山梨県甲州市大和町 中央自動車道となっています。

詳しい特定の場所までは公開されておらず周辺の参考画像としてマップを載せています。

また詳しく情報が入り次第更新していこうと思います。

 




 

犯人の顔画像!?プロフィール

名前:塚目わたる

性別:男

年齢:25歳

職業:大型トラック運転手

 

現在公開されている情報はここまででした。

顔画像はまだどこのサイトでも公開されていませんでした。

情報が入り次第更新していこうと思います。

 




 

犯人のFacebook判明!?

独自の調査で調べたところ

塚目わたるで今回の事件と断定できる人物は見つけることができませんでした。

今後新たに情報が入り次第更新していこうと思います。




 

ネットの声

前方車両が停止している事に気づかなかったのはわき見運転なのか居眠りなのか飲酒運転なのか。。
その辺を報道してほしい。

ご冥福をお祈りします。

 

自動ブレーキ、車間維持、レーンキープ・・・大事故に繋がりやすい大型トラックやバスに一番最初に義務づけるべきだと思います。その為、古いトラックには安全装置の付いたトラックに買い替える時は補助金を出す等の措置を設けて推進すべきだと思います。現にハイブリッドなんかには補助金を付けていた。
毎日毎日、トラックの事故が報道されるのを見るにつけそう思います。今回の事故も、自動ブレーキがついていたなら、防げたかもしれない事故です。

 

急に暑くなり、トラック運転手は仮眠を取りにくい嫌な時期になった
過酷な夜通し運転を強いられる運転手にとって毎年毎年嫌な時期
自動ブレーキ付きなら追突事故はかなり減らせる
皆さん安全運転で

 

事故現場を先程通過しました。
今まで幾度となく走っていますが、
ここでスマホを弄りながらは無いと思うけどね。
笹子トンネルを抜けて勝沼インターに向けての下り急勾配で、
ここを走りながらスマホ片手にってのは、
同じ運転手としては考えられない。
別に事故を起こし逮捕された運転手を庇うとかの気持ちは無いけどね。
まぁ、実際のところ命知らずな運転手がスマホ片手にだったかもしれないけど、
よそ見や居眠りかな?とも思います。
福島県郡山市の運転手みたいですから、
出発してから300キロ以上は走行していたでしょうから、ちょうど疲れた頃合いでそろそろ休憩時間だったんだろう。
なんか思った事をただ書き連ねましたが、
亡くなった方2名にお悔やみ申し上げます。

 

大型はやっぱり4㌧車(ワイドロングや超ロン)の運転経験5年くらいで乗れるようにした方がいい。まぁ、4㌧と大型じゃ違うがせめてワイドなら変わらないからやはり経験値は必要。
自分はトラック歴20年近くになるが最初は2㌧ロングから始まり都内(環七や環八)や関東圏を走ってそれから4トンで15年近くになります。
やはり乗用車と一緒でいきなりデカイのは無理(運転のセンスもあるが)だと思う。
大型は30歳以上じゃないと乗れなくするべき。
免許取得時の教習所のトラックじゃ正直話にならない(笑)

 

ご冥福をお祈り致します。
大型トラックで、お二人の尊い命を奪ってしまう。手前のSAかPAで15分でも休んでいれば悲惨な事故を防げたはずです、プロドライバーとして命より大切な物は無いと認識していて欲しかったです。御霊とご遺族の無念を一生忘れず人生を送ってく。

 

事故を起こした運転手だけではなく、運行管理をしている運送会社もしっかりと監査してください。高速道路では、貨物自動車の追突事故が1番多く死亡事故になるケースが殆どです。国交省の早急な対応が急務です。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)