「ウーバーイーツ」書類送検,代表2名の名前は?顔は?容疑を認めていた!?

不法残留している外国人を配達員として働かせたとして、警察は22日、不法就労助長の疑いで、ウーバーイーツを運営していた日本法人の代表とコンプライアンス担当を書類送検した。

今よく使われているウーバーイーツ。

そこらで見かけるようになりました。

外国人の方もよく見るようになってきたところこのようなことが起こりました。

確認不足と言われればそれまでですが、なぜこのようなことが起こってしまったのでしょうか。

 

詳しくみていこうと思います。

 

 




 

事件概要

引用:Yahoo!ニュース

容疑は2020年6~8月の間、在留期間が過ぎたにも関わらず残留していたベトナム国籍の男女2人。在留資格などの確認をせずにウーバーイーツの配達員として従事させ、不法就労を助長するなどした疑い。

また、代表だった女性は「直接報告を受けておらず知らなかった」と説明。コンプライアンス担当だった女性は「外国人の登録に問題があることは分かっていた」と話していることが警察によって公表されている。

 

今、このコロナ禍の中でもよく使われているウーバーイーツ。

便利で、自宅にいるだけで配達をしてくれるのでたくさんの方の利用がされています。

配達員もたくさんいるので審査もそれなりに厳しくしていかないといけませんね。

 




 

代表の女の名前!顔画像!プロフィール公開!

現在公開されている情報では

代表の女性(47)と言う情報しかありません。

名前、顔画像ともに公開はされていませんでした。

やはり、逮捕ではなく、ただ書類送検ということなので個人情報までは公開できないと言うことだと思います。

 

今後情報が公開され次第更新していこうと思います。

 




 

コンプライアンス担当女性の名前!顔画像!プロフィール!

 

やはりこちらも、現在公開されている情報では

名前、顔画像ともに公開はされていませんでした。

やはり、逮捕ではなく、ただ書類送検ということなので個人情報までは公開できないと言うことだと思います。

 

今後情報が公開され次第更新していこうと思います。

 




 

ネットの反応

 

街で見かけるウーバーイーツ の配達員に外国人の方が多いとは思っていましたが、外国人の配達員と契約を結ぶには、配達員に就労許可がなければいけないので、事業者としては就労許可の有無を確認する義務があります。不法就労助長罪(入管法73条の2第1項)に該当する場合には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金に処される可能性があります。働かなければ生活できない外国人の方の事情も分かりますが、日本で働く大前提として就労許可が必須です。

 

世界中でこうした配達関係などを行うギグワーカーの権利を守る法律が強化されています。これは労働者の権利を守るだけでなく、労働者が収益を求めて乱暴な運転などをしないという意味で消費者保護などにもつながります。ウーバーイーツなどの配達サービスの存在によって、ステイホームを乗り越えたところもあり、利便性の高いので、これからも期待したいビジネスですが、無理があっては持続的に発展できません。この1年間で顕在化した問題を整理して、適正に立法化することが重要です。

 

昨年、首都高速道を走行して話題となりましたが、不法就労は論外ですが、このような海外の方を配達員として雇用する場合、日本の道路交通法など運転マナーをしっかりと教育して頂きたいものです。非常に良いサービスだと個人的には思いますし、このコロナ禍の中、多くの方が助かっている社会貢献要素の高いサービスなので尚更、残念です。

 

コロナ禍で急成長した訳だけども、ワクチンの普及でコロナ禍は間もなく一段落する。その時にウーバーを含めたフードデリバリーサービスは、どうなるんだろうか。デリバリーの利便性に気付いた人達に支えられて続くのかな。だとしても、配達員との報酬のトラブルや自転車の無謀運転等の問題が多いウーバーは、他のサービスに取って変わられる可能性が高いですね。

 

オリンピックで検討されてるみたいだし、この際、採用して配達員の一斉チェックも併せて行ったらどうですか。
駅前のウーバー地蔵は、確かに外国人が多いよね。差別じゃないけどオーバーステイの外国人が配達にきたらすごく不安になるよね。

 

元々はイーツが付かないウーバーが、職を失った人を安い費用で運転手として使う白タクの元締め。
そういうビジネスモデルなんだから、コロナで仕事を失った不法就労者が集まるのも当然。

 

どこの誰かもわからない人間が、
どこまで清潔にしているかわからない
バッグに入れて、清潔かどうかも
わからない手で運んできた食べ物を
受けとる気にはならない

 

オーバーステイしている人たちはは、滞在国の法律を破っている自覚がない。こんな遵法精神がない人たちが、自宅の中まで入ってくるような配達システムは不安で使えない。

 

全体的に、税務署は、収入を把握出来てるのか?脱税は?この記事のように、最近、外人の姿をよく見掛けるようになっているよね!

 

路上生活者の生活手段としてのウーバーでもあるので適切な管理をして頂きたい。
ただ着替えや汗だくのタオルを配達バッグに入れるのは止めて欲しい。
食品なのでちょっと引くかも。
専用のバッグをもう一つウーバー側で用意したほうが良いと思う。

 

うちに届けてくれる人の一部は、外国人でした。しかも、日本語が通じず、道もわからず、迷ったあげく、わかりやすい場所まで出てきてほしいと言われたことがあります。届けてもらう事に対してお金を払っているので、と拒否するメッセージを返すと、日本語わからないといい、結局、20分以上オーバーして、警察官と一緒に現れました。
迷っていたから、連れてきた、と。
そんなレベルにお金は払えないので、受け取り拒否させてもらいました。
Uber Eatsとしても、個人事業主を調べもせず、業務委託している点はお付き合いをする会社、パートナーを調べないのと同じで、その程度のレベルの会社ということですよね。

 

これを機に外国人配達員の税務調査もするべきでしょ
もう言い訳できない位置までUberは来ていると思う
従業員じゃないとか言い訳は効かないでしょ
実際に就労の機会を与えてるんだから責任の一端は絶対にある
メールで伝えた、配達員がイエスと言った
からあとはほったらかしでは理屈が通らない
実際に給与はUberから振り込まれてるからねw

 

不法就業者やどこの誰だか分からない人が配達したものを食べようとは思えない。注文したものに、何をされるか分からない。
これはウーバーの配達員の恰好や行動を見て判断してます。正直、汚らしく運転マナーが悪いです。

 

配達員の道交法違反についても責任追及してほしいね
元締めを追求すれば、管理を徹底すると思う

 

配達員ばかり問題視されてるけど店の方もやばい

ラブホの厨房で作ってたりビルの一室で何十店舗の「専門店」をアプリ上で掲げてたりしてる
しかもそのような店は保健所も把握できておらず衛生状態も分からない
正直衛生面では配達員よりもこういう作ってる店の方が怖いわ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)