女性を車でひきずり数百m逃走男の顔写真、facebook、精神状態に異常?

同市宇佐のホテル従業員・高佑翔容疑者(20)

が歩行中の女性がはねられ死亡した事故で女性をはねたにもかかわらず救護しなかったとしています。

どういった心境だったのでしょうか?

今回は高佑翔容疑者について調査しました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

事件概要

 

出典:yahoo

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

高佑翔容疑者プロフィール

 

名前:高佑翔容疑者

生年月日:不明

年齢:20歳

住所:岐阜市都通

職業:調子

 

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

ネットの反応

 

犯人の心境が如何なものかネットからも厳しい声が集められております

 

間違いなく飲んでるね。
保育士の方怖かったんじゃない。痛かったよね。
そんな最期かわいそうすぎる。
引きずられての亡くなり方聞いた事あるけど悲惨だよ。
子供達面倒見れなくなって無念だろうな。
子供達も先生いなくなってショックだろうな。

 

事故発生時間を鑑みても飲酒運転ですね。
20才で塀の向こう側で自分の犯した罪を認識し十分に償ってください。
車でひきずらず救護措置を取っていれば助かった命かもしれない。
被害者のご冥福をお祈りいたします。

 

事故発生時間を鑑みても飲酒運転ですね。
20才で塀の向こう側で自分の犯した罪を認識し十分に償ってください。
車でひきずらず救護措置を取っていれば助かった命かもしれない。
被害者のご冥福をお祈りいたします。

 

別の記事では、900M引きずったとありました。信じられない行動です。事故を起こした時にその場で止まり、救護措置をとっていれば25歳の女性は助かった可能性が高いそうです。また、別の記事ではこの男の実名報道をしていました。この男には重い処罰をお願いしたいと思います。

 

これも殺人ではなく交通事故で処理するの?
刑法を大幅改正してください。
安心して暮らせない。

 

「はねた女性を車でひきずり数百m逃走、死亡させる」
これって認識してるんだから、事故じゃなくて殺人罪に成る可能性大ですね。
過去にも似た例もあるし罪の上塗りですね。

 

 

これはまさに殺人以外の何物でもありません。死刑が無理なら、無期懲役として一生塀の中で償いをさせてください。とにかく日本は交通事故関係の処罰に甘い国です。

 

時間帯を考えて飲酒運転が考えられるな・・・
直ぐに止まれば助かった可能性が高いと思う
数百mも引きずられたら路面に・・・
これは殺人行為と同等

 

跳ねた件と逃げた件と引き摺りの件はそれぞれ別だろ。
跳ねたのは過失運転致死傷、逃げたのは救護義務違反、引き摺りは故意なわけだから殺人事件か危険運転かと。
それとひき逃げしたら必ず飲酒や薬物より重くなるように法改正しろ。

 

>自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した

過失運転致死ではなく殺人だな。はねた瞬間即死じゃなかったことや、ひきずっていたことを認識していたこと等を検察は証明する必要があるが、絶対に殺人罪で起訴してほしい。こんな事件を過失運転致死などとされたら、亡くなった女性や遺族はたまらない。

 

亡くなった女性は、車道上にいたと記されています。
歩道じゃなく車道上ってのが気になりますね。
そこまで捜査が進んでいないんでしょうか。詳細が知りたいです。

 

この人を減刑する為に、弁護士さんは高い報酬を貰い、裁判官は過去に習うのか…
もはや尊敬できる職業では無くなってしまいましたね…
血の通った判決がなされ無いのであれば、六法全書を搭載したAIで良いのでは??

 

何故、被害者の氏名を公表し、被疑者の氏名を伏せる必要があるのか。

 

 

残念ですが、日本の狂った司法は、「被害者には、一顧だにせず、犯罪者(加害者)に寄り添い、加害者ファーストに徹し、加害者の罪を軽減したことにのみ、喜びを感じる」という狂人たちが支配していますから、大した罪には問われません。
本当に悔しいと思います。

 

引きずりながら逃走…。想像を絶する光景が目に浮かぶ。普通の道路でも時々、もの凄いスピードで飛ばしている車を見かける時がある。歩道を歩いていても怖いと感じるので、安心出来ない。
車にぶつかったら終わり。車でぶつけたら終わり。事故はいつ自分の身に起こるか分からない。被害者、加害者に決してならないよう、歩行時、運転時は今後も注意を怠る事なく気をつけて行きたいと思う。

 

 

車は非常に便利だが、扱い方を間違えれば凶器になる。
この扱い方を間違い、人を殺め、7年か8年で出て来られたんじゃ、やりきれないよね。
平成20年にアキバで包丁振り回し、人を殺傷させた事件があった。
犯人は死刑判決、未だ未執行だが、何れ執行されるはずだが・・・

今回のひき逃げも被害者を殺めたことは事実、車だからと言って
刑が軽いのは納得できない。

 

 

この手のひき逃げは絶対に「相当な厳罰」でなくては、日本の司法の甘々が露呈されます。事故後に引きずり逃走しようとした行為を含め「凶器による殺人」と同じですよ。そして是非被害者の無念が晴らされるような判決を出されるよう司法の判断を期待します。

 

 

人を跳ねて、救護せず、引き摺りにげるなんて、車の運転免許取得時に交通法規で救護することを習ったと思いますが、事故を起こしたことで気が動転し、逃げたいのが先に頭を過ったのかな?今回の発表では、車道にいたとか。かといって惹いていいということはなく、前方不注意等の悪質な罪人。免許更新の時スライドをみますが、見てる時は、これだけ免許証を持っている人がいて、車が走っていると、誰もが起こりうること、恐ろしく感じ免許証の裏書に処罰等無いように誰もが運転したいものです。

 

 

自転車で長距離を走り道具を運んでいる私にとって、道路とは「いつ殺されるかわからない戦場」。

「自動車運転者は、自分とぶつからないよう気をつけてくれるはず」などと考えていたら、いつか殺されます。

もちろん思いやり運転のできる素晴らしいドライバーさんも多々おられるのですが、ある低い確率で危険な運転をする者がいるのは間違いありません。

私も一つしかない命を失うわけにはいかないので、申し訳ないのですがリスクが想定される状況ではベルを余分に大きく鳴らしたり、頭に装着したライトでドライバーを照らしつけたりせねばなりません。

ムリな右折を試みた対向車に警告するため、わざとぶつかっていきブレーキを踏ませることもあります。攻撃(=警告)も防御の一手段です。

道路は戦場。自分の命を守るため最も慎重でなくてはならず、命を脅かす敵と戦い渡り合っていかねばなりません。常に油断せず360度の確認が必要です。

 

 

どれだけ気を付けていても事故は起こるけど、引きずるくらいだからまともな人間じゃないしまともな運転の仕方をしていなかったのは明白。
飲酒運転の可能性も高い。
同じような車がたまたま事故を起こしていないだけでそこら辺に沢山混じっていると思うと怖い。
救護措置を取っていれば被害者の方は命を失わずに済んだし、自分の処遇も軽いものになっていただろうに。

 

 

わたしも運転手ですから、いつもこういうことは考えてます。
クルマに乗る以上はこういうことも覚悟しなければならない。クルマは人を殺せるんだ。誤って人を殺してしまうかもしれない。
そういう自覚で本当に真剣に運転してほしいね。
なにかを食べながら片手運転や脇見なんかを平気でしてるが、不測の事態に備えれるんですか?
ドライバーになる以上はこういうことも考えておかねばならない。ことが起こった時に腹をくくれるかということですよ。

 

 

自転車で長距離を走り道具を運んでいる私にとって、道路とは「いつ殺されるかわからない戦場」。

「自動車運転者は、自分とぶつからないよう気をつけてくれるはず」などと考えていたら、いつか殺されます。

もちろん思いやり運転のできる素晴らしいドライバーさんも多々おられるのですが、ある低い確率で危険な運転をする者がいるのは間違いありません。

私も一つしかない命を失うわけにはいかないので、申し訳ないのですがリスクが想定される状況ではベルを余分に大きく鳴らしたり、頭に装着したライトでドライバーを照らしつけたりせねばなりません。

ムリな右折を試みた対向車に警告するため、わざとぶつかっていきブレーキを踏ませることもあります。攻撃(=警告)も防御の一手段です。

道路は戦場。自分の命を守るため最も慎重でなくてはならず、命を脅かす敵と戦い渡り合っていかねばなりません。常に油断せず360度の確認が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)