東武東上線練馬駅わきの踏切ではねられた31歳女性の身元は?原因判明!歩きスマホで思い込み

7月8日東武東上線の「東武練馬駅」脇の踏みrきりで、31歳の女性が電車にはねられる事故が発生しました。

 

人身事故と言えば、酔っ払いか自殺者が多いですが、今回の事故の原因は「スマホ」。

それでは、自己の概要と詳しい情報を見ていきたいと思います。

 

ニュース概要

 

以下が、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

 先週、東京・板橋区の踏切で31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。その後の取材で事故の原因が女性の“ながらスマホ”とみられることが分かりました。  今月8日の午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で、近くに住む31歳の女性が電車にはねられ死亡しました。はねられた際、女性は踏切の中で遮断機の前に立っている状態でした。  「すみやかに踏切の外に出て下さい」(警報音)  一体、なぜ女性は踏切内で立ち尽くしていたのでしょうか。その後の捜査関係者への取材で、女性が事故の直前までスマートフォンを操作していたことが分かりました。取材をもとに当時の状況を再現しました。  警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入りました。この時は、まだ遮断機は下りていませんでした。およそ10秒後、女性が踏切の出口にさしかかった時、目の前の遮断機が下りました。女性はそのままスマートフォンの操作を続け、30秒ほど後に電車にはねられたのです。  「かなり人通りが多い踏切なんですけれどもスマートフォンを操作しながら渡る人の姿が見られます。歩きスマホしながら踏切を渡ってきた男性がいますね」(記者)  事故が起きたのと同じ時間帯に現場を取材すると、スマートフォンを見ながら歩く多くの人の姿が・・・。事故当時も踏切の外にいた人の多くがスマホを見ていて、女性に声をかけた人はいなかったといいます。

参照:Yahoo!ニュース

 

先週の7月8日に、東武東上線の「東武練馬駅」のわきの踏切で、近所の31歳女性が電車にはねられ、死亡するという事故が発生しました。

 

踏切の警報機も正常に鳴っていたにもかかわらず、女性は踏切の中にいたそうです。

 

なぜ、女性は踏切の中で、立ち止まったのでしょうか。

 

女性は、歩きながらスマートフォンの操作をしており、踏切に出たと思い込んで、立ち止まって操作を続けていたのです。

 

本当にそんなことあり得るのかと思った人も多いと思います。

そのことについては、後で詳しく見たいと思います。

 

女性の身元は?

亡くなられた31歳女性の名前や顔画像などは、公開されていないようですね。

今分かっていることを整理してみましょう。

女性のプロフィール

名前:不明

年齢:31歳

性別:女性

住所:踏切近く

職業:不明

 

踏切の近くに住んでいたということは、その踏切を頻繁に利用していたのでしょう。

無意識は、怖いですね。

 

子供よりも、大人の方が交通ルールの講習を受けた方がよさそうです。

子供に示しがつきませんね。

 

原因判明!事件当時の状況は!?

 

原因は、先ほどにも聞いた通り、「歩きスマホ」のようです。

 

警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入っていったそうです。

この時は、まだ遮断機は下りていません。

 

10秒後、女性が踏切の出口にさしかかった時、目の前の遮断機が下ります。

女性はそこで立ち止まり、そのままスマートフォンの操作を続け、30秒ほど後に電車にはねられました。

 

警報機が鳴っているのに気づかなかったとあるので、

もしかすると、イヤホンをしていたのではないかと思いましたが、

今のところ、していたという報道はありませんね。

 

自分が踏切の中に居ないと思い込んでいただけなのでしょうか。

人の思い込みは、認識力を低下させるので、ありえなくはないですよね。

ヒューマンエラーは様々な職種において、経験を重ねたベテランやルーチンワークでも起こりえる事である。経験で学んだ事により、スムーズに業務を全うする為に、業務に支障をきたさない範囲での基本的な確認・操作を省略し、積み重ねてきた事により「問題ない」という自己確信 (思い込み) が生じる。そのような状態下で、確認・操作を怠ったまま業務を進行させると、非常時に結びついた場合、重大な問題・被害に発展する可能性がある。

参照:ヒューマンエラー Wikipedia

 

SNSの当時の状況

皆の口コミ

歩きスマホしててもぶつからないよ、って言う人がいるけど、それは周りの人が避けてくれているからです。
そろそろ法律で禁止すべきですね。

 

気の毒な事でしたが、撥ねられるまで気がつかなかったという事は・・本人とっては良かったのでは?
それに最後まで好きな事に夢中になれたのも幸いでした。
それよりも周りの人達がスマホに夢中で誰も声掛けしなかったのは・・不気味な光景です。

 

警笛がなっているのに、ここまでとんでもない集中?をする歩きスマホがあったとは…
申し訳ないですが、ご冥福を祈る気にもなれません。

ながらスマホは大変危険な行為であることを伝えなければいけない大人がこれですから、未来は暗いですね。
実際、私は自転車のながらスマホをしている人にぶつかられたことがあります、こちらが歩行者で立ち止まっていたのにもかかわらず。同様なことが複数回も。

ある種の薬物依存と同じ危険度です。大きな社会問題として国が強力に動かなければいけないのではと思います。

 

厳しい言い方になりますが 自分の世代はながらスマホをしているにイラッとさせられています。ながらスマホしなければならない緊急事態など日常生活でそれほどあるものではありません。自分は、外出中のスマホへの対応が面倒なので、よほどの緊急事態以外はスルーしています。

高校生以下の子供の自転車でのながらスマホも多いし、子供のながらスマホを知らないのは親だけだと思います。

人が話しかけているのに、スマホの操作がやめられない人は礼儀として失礼だと思いますし、そういう人はいずれ友人や知り合いが離れていくことでしょう。

 

 

最後に

 

ここまで熱中することがあるのかという意見が多いですが、意外と人のうっかりは予想外なことを起こすことが多いので、自分は大丈夫とかは思わないで欲しいです。

「歩きスマホ」をしている人は、これを機に少し注意した方が良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)