鳥取県西伯郡で元交際相手に脅迫SNS!18歳高専生の名前と顔!学校名は?事件に至った原因も

鳥取県西伯郡の18歳高専生が、元交際相手の10代の女性をSNSにて脅迫したとして、

逮捕されました。

 

「殺す」という言葉をSNSで送ったようですが、普段か使っている人もいますよね。

他人ごとでは済まされません。

 

それでは、見ていきましょう。

 




 

ニュース概要

以下は、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

元交際相手にSNSで「もう殺すわ」などと送信したとして、18歳の男子専門学校生が逮捕されました。 脅迫の容疑で逮捕されたのは、鳥取県西伯郡の専門学校生の少年(18)です。 調べによりますと少年は24日午後1時頃、米子市に住む元交際相手の女性(10代)に、携帯電話を使ってSNSで「もう殺すわ」などと送信し脅迫した疑いが持たれています。 女性から警察に相談があり、捜査した結果、容疑が固まったとして25日逮捕しました。 「メッセージを送って脅したことに間違いありません」と、容疑を認めているということです。 事件の経緯や動機などについては、米子警察署が調べています。

参照:Yahoo!ニュース

 

6月25日に、鳥取県西伯郡の18歳高専生が、

24日午後1時ごろ、米子市に住む元交際相手の10代女性に、

「もう殺すわ」と脅迫SNSメッセージを送った疑いが掛けられ、逮捕されました。

 

18歳少年は、メッセージを送信したことを認めているようです。

警察に逮捕されてしまっては、学校で生きていくのも大変ですね。

 

罪はそこまで重くはないでしょうが、10歳女性を逆恨みしてしまう可能性があります。

逆恨みが、事件に発展したケースがありました。

釈放されてからが恐ろしいです。

 




 

18歳少年の名前

名前は、公開されていません。

罪もそんなに重くはないと思うので、公開されないかもしれませんね。

 

普段からこのような言葉遣いを平気でしている人が多いので、言葉の重みを周知するためにも

公開した方が良い気がします。

 

ただ、名前を公開してしまうと、その後の生活に影響があるので、心理的に追い詰めてしまう可能もあります。




 

18歳少年の顔画像

顔画像も公開されていませんでした。

 

それらしい情報も出回っていないようです。

 

残念ですが、続報を待ちましょう。




 

事件のあった場所

高専があるのは、この地域のようですね。




 

学校名は?

 

 

この地域の高専はここしかないようです。

元交際相手の女性も米子市に住んでいるようなので、ここではないでしょうか。

米子工業高等専門学校というそうです。

 

ニュースに名前が出ていたわけではないので、確かな情報ではないです。

あくまで、ここかなというだけなので、騒いだりはしないでください。




 

動機は?

こんなことを、元交際相手にいうなんて、一体何があったのでしょうか。

付き合っていてイライラしたのならともかく、もう関係のない相手です。

 

女性の方からしつこく迫っていたのか、寄りを戻したいのにいうことを聞いてくれなかったか。

「もう殺す」なので、何度か苛立たしいことがあったということですね。

普段から言葉遣いは悪いのでしょうが、いずれにしても、人に危害を加えることを言うのは、してはいけないことです。

 

しっかりと反省して欲しいですね。

 

最近若い人は、普段からこのような言葉を使っています。

なので、あまり意識していない人も多いでしょう。

 

脅迫罪とは、以下のような場合において、刑法で裁かれます。

脅迫罪は、生命・身体・自由・名誉・財産に対して、危害を加えることを伝えたことに対して成立する犯罪です。例えば、「殺す。」、「痛い目に遭わせる」という言動は、その人に危害を加えることを伝える言動といえますので、脅迫罪が成立することになります。

なお、脅迫罪についての未遂は刑法上規定されていないことから、脅迫未遂罪は存在しません。害を加える旨を告知する前であれば、脅迫罪は未成立となります。

参照:脅迫罪について

 

言葉の重みを理解し、普段から言動に気を付けなければいけませんね。




 

皆の口コミ

殺す≫の言葉を若者は通常使っているような感じで軽く使ってしまう
風潮にある、厳しく取り締まる必要があると思う・。

 

こう言う場合、逮捕はされるが大した罪ではないじゃないですか。
その後、女性の方にずっと警護とかつくわけじゃないですよね?接近禁止とか出ても、犯人側からしたらどってことないし。
女性は警察に言ったことで逆恨みされる恐れがある、前にそういう事件ありますし。

女性の実家とか知られていたら、逃げるの大変だろうし。一生怯えて暮らすのかと思うと地獄。
何か、対策を講じて欲しいです。制度的に。

 

 

 

最近、自分の思い通りにならないと何でも相手を傷つけるという短絡的な考えが横行しているように思う。それが自分の強さだと勘違いしているんじゃないのか?昔の私たちの時代は、振られても相手を傷つけるなんてことはしなかった。自分に至らぬことがあって振られたんだから、心ある奴は相手を巻き込まずに、自分の中でケリをつけたもんだ。相手を傷つけるなら、勝手に自分を傷つけろよ。何で矛先を相手に向ける?情けないの一言だ。馬鹿なことをした時は先輩にも、先生にも鉄拳を食らったこともあるが、それは愛情の裏返しで、今でも暴力だとは思っていない。傷つけられたりぶん殴られたりする痛みを知ってる奴は、それ以上人を傷つけな。何でもかんでも暴力だなんてことだれが言い始めたのか。そりゃ何でもかんでも手を出すことは良くないことに決まってるけど、時と場合ってこともあるんじゃないのか。人の痛みを知れ!

 

確かに殺すなどと言う言葉は良くないが
残念ながら殺すなんて言葉はネット上や
個人間のLINEやメールなど若者の間では
普通になっている。殺すの一言でみな
今回のように逮捕されるようになるのだ
ろうか?




 

最後に

先ほども言いましたが、私たちにとってこういった言葉遣いは日常的なものになっています。

このニュースを見て、様々な感想を抱いた人が居ると思いますが、日ごろから言葉の重みには気を付けて、生活すべきだと思います。

 

軽い気持ちで言っていても、言われた方がどこまで重くとらえるか、どう行動するかは別の話です。

 

顔が見えないネットやSNSは特にそうですね。

もしそれで、大事になったら、自分の人生をふいにするだけですよ。

脅迫罪に引っかかるような言葉でなくても、自分の言葉に責任を持つようにしましょう。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)