川口市トルコ国籍の35歳の顔!名前は?飲酒状態で無免許運転!常習犯か!

1日の午後9時ごろ、通行人から

警察に「路上駐車している車が通行の邪魔になっている」

との事で通報があり署員が尋ねたところ

トルコ国籍の男性(35)から

アルコールが検出された為、現行犯逮捕された。

その後の調査で無免許運転も発覚した。

これだけ飲酒運転のニュースが世間を騒がしている中で

飲酒運転が無くならないのは何故でしょう?

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」簡単な事だと思うんですけどね。

事件に関して調べてきました。

スポンサーリンク



概要

https://news.yahoo.co.jp/articles/

免許の期限が切れていたことから

「国際免許で運転できると思っていた」は

刑を軽くする為の口実としか思えませんね。

今回は飲酒で捕まりましたが

日常的に飲酒運転を行っていた可能性が高そうです。

飲酒による事故が無かったのが不幸中の幸いでしたが

今回の事件で容疑者は反省するのかも疑問視されますね。

また、偏見かもしれませんが出稼ぎに来ている外国人は

法が緩い日本での生活に甘えているのかもしれません。

スポンサーリンク



容疑者のプロフィール

名前:不明

年齢:35歳

国籍:トルコ

職業:自称解体工

名前に関しては公表されていない為

情報が入り次第、更新します。

スポンサーリンク



本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク



川口市にはトルコ国籍が多い?

埼玉県川口市や蕨市には、トルコ国籍のクルド人が約2000人住むといわれている。クルド人の文化を日本に伝える一般社団法人「日本クルド文化協会」によると、そのうちの3割以上が「仮放免」状態に置かれている。 「仮放免」とは、在留資格のない外国人が「母国に送還される準備が整うまで、就労禁止をルールに日本に滞在できる措置」のことだ。就労禁止だけでも生存権を脅かすものだが、健康保険にも加入できないため、自由診療となるため10割から20割以上という高額な費用を払わねばならない。結局、病院に行かずに症状を悪化させる人は少なくない。  それでも、川口市や蕨市にはクルド人コミュニティがあることで、仕事がある人は収入のない家族を支える文化もある。  また、「クルドを知る会」は2007年の設立以来、在日クルド人と日本人の相互理解の促進に努めてきた。彼らの窮状を知るにつれ、その活動は彼らの生活相談や生活支援、入管の収容施設に収容されているクルド人の面会活動などの支援活動にも広げてきた。特に、生活困窮者には食料品や民間の支援金を配布する支援活動も実施している。  こうした共助と民間支援で、クルド人たちはなんとか生活ができていた。  ところが、今年に入ってからのコロナ禍で彼らの仕事(主に解体業や建設業)が激減する。さらに、仮放免者には10万円の特別給付金は支給されない。そしてもうすぐ冬がやってくるが、コロナが再燃してますます仕事が減っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/

掲載されている所によると川口市にはトルコ国籍の

人が約2000人いるとの事で大半の方が生活に

困っている状態みたいです。

主な職業も解体業や建設業との事で

コロナが原因で収入源も少なくなっているとの事。

トルコ人に対しての支援団体もあることから

今回の国際免許で行けるという

口実は嘘の可能性が高そうですね。

日本に住まれるトルコ人に関しては

非常に厳しい状況かもしれませんが

日本に滞在する限りは

日本の法律を守るようにしてもらいたいものです。

スポンサーリンク



SNS上での声

こういう勝手な思い込みで車を運転されたのではたまった物ではないが、記事を読む限り事故にはならなかったのは唯一幸いだったと思う。

 

国際免許は
ただ所持していれば良いという物ではなくその国々でルールの講習を受け
許可された場合に運転できます。
全世界共通免許などありません国際免許を持っているなら知ってるはず
つまり、無免許って事でしょうね。

 

判決確定まで即拘束、違反車両は没収、解体
顔・名前等の個人情報公表で抑制効果抜群です。

 

外国人は飲酒や無免許なんてそんなに重くみてないような感じがする。

 

酒酔いでしょ無免許でしょ
運転できるわけないでしょ
ていうかしてはいけない

やはり批判的な声が多数ありました。

当然と言えば当然ですよね。

この状態で運転し事故でも起きていれば

悲惨な事件になっていた可能性があったので…。

飲酒運転はしない・させないを守っていきたいものです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)