事件・事故

田中航汰25歳自衛隊員の顔画像!ひき逃げ!facebook!飲酒運転?被害者は77歳!

神奈川県座間市の陸上自衛隊駐屯地所属の自衛隊員である田中航汰容疑者のひき逃げ事件について調べていこうと思います。

この事故自体は1月9日に発生しているようでその間出頭もせず、その間逃げ回っていたようですね。

さて、田中航汰とはどのような人物なのでしょうか。

スポンサーリンク



 

 

スポンサーリンク



事故の概要

神奈川・座間市で、男性を車ではねて重傷を負わせ、そのまま逃走した疑いで、陸上自衛官の男が逮捕された。 陸上自衛隊座間駐屯地所属の陸士長・田中航汰容疑者(25)は、1月9日、座間市で道路を横断していた77歳の男性を車ではねて重傷を負わせ、そのまま逃走した疑いが持たれている。 男性は、複数箇所を骨折する重傷を負った。 車は、衝突でへこんだ部分が放置されていたということで、田中容疑者は容疑を認め、「パニックになった」と供述している。

引用:フジテレビ

人をはねてしまい、パニックになるということは誰にでもありそうですが、そのまま逃走してしまったのは、なぜなのでしょうか?

 

ひき逃げの後には、飲酒が発覚する場合も多いので、もしかするとこの田中容疑者も飲酒の可能性もあるのではないかと思われます。

 

しかし、車には衝突で凹んだ部分があるとのことですので、恐らく相当な衝撃だったことが予測されますね。

 

男性も複数個所を骨折しているとのことですので、やはり結構なスピードで跳ね飛ばされて物と思われます。

 

田中容疑者は、『現場から立ち去ったことは間違いありません。』と事実を認めているということです。

 

被害者は77歳ということでご高齢ですが、死に至らなかったことは本当に良かったと思います!

 

恐らく田中容疑者にはそれなりに思い罪が課せられるでしょう。

 

ちなみにひき逃げの罪については以下を参照ください。

 

ひき逃げで起訴されると、刑罰を科される可能性があります。
まずは、救護義務違反に対する刑罰です。これは、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

次に、相手を死傷させた場合は、自動車運転処罰法違反の罪に問われます。この法律で規定されている罪のうち主なものは、過失運転致死傷罪、危険運転致死傷罪、準危険運転致死傷罪の3種類です。
それぞれについて、以下でご説明します。

・過失運転致死傷罪
自動車を運転するにあたって必要な注意を怠って事故を起こし、相手を死傷させてしまった場合、この罪に問われる可能性があります。罰則は、7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金です。

・危険運転致死傷罪
飲酒運転や高速運転など、基本的な交通ルールを無視した無謀な運転を行い、事故を起こして相手を死傷させてしまうと、この罪に問われる可能性があります。過失運転致死傷罪なのか危険運転致死傷罪なのかを決める基準は、故意の有無です。ここでいう「故意」については、危険な状態で運転していたかどうかという部分が重要になります。たとえば、以下のような状態が挙げられます。

  • アルコールなどに影響を受けて正常な運転が難しい状態
  • 進行の制御がきかないような速度が出ている状態
  • 信号無視をし、さらに大きな危険性のある速度が出ている状態

 

罰則は、1年以上の有期懲役で、最長20年になる可能性があります。

引用:ベリーベスト法律事務所 大阪オフィス

 

スポンサーリンク



事故現場


 

別のニュース動画によると、事故現場は、座間市役所前の道路とのことです。

被害者の名前は武儀山勝さん(77歳)という方だそうです。

 

ストリートビューで見ると信号付き横断歩道もありますが、市役所前道路ということなので恐らく横断歩道を渡っていなかった可能性も高そうですね

 

しかし、今まで田中容疑者が捕まらなかったのは、目撃情報などの情報が少なかったのでしょうか?

 

それにしても、人を跳ね飛ばして逃げるということは、やはり何か逃げなければならない理由が確実にあったと思うのは皆さんも同じではないでしょうか?

 

自分が車ではねたうえ、人の命が掛かっているというのに、そのまま逃げるということは本当に卑劣極まりない行為です。

 

スポンサーリンク



田中航汰のプロフィール

名前:田中航汰

年齢:25歳

住所:神奈川県座間市

職業:自衛隊員(陸士長)

スポンサーリンク



本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク