幸田勇治の顔、Facebook!警官刺そうとして射殺!動機は?

22日4時ごろ、富山市の路上で、刃物を持って向かってきた男に対して、警察官が拳銃1発を発砲しました。

男は富山市内に住む無職、幸田勇治容疑者(38)で、30分後に死亡が確認されたそうです。

どのような経緯で、警察官は容疑者に発砲するに至ったのでしょうか?

事件について調べてみました。

 

スポンサーリンク



事件の概要

富山県警は刃物を持って向かってきた男に対して警察官が拳銃を発砲し、男は死亡したと発表しました。

富山県警によりますと、22日午前4時前、富山市の路上で「刺してやろうか」と言いながら刃物を突き出して向かってきた男に対し、110番通報を受けて駆け付けた警察官が拳銃を発砲しました。

男は病院に搬送されましたが、午前4時半ごろに死亡が確認されました。

死亡したのは市内に住む無職の幸田勇治容疑者(38)で、銃刀法違反の疑いが持たれています。

出典:Yahoo!ニュース

 

事件が起きたのは、22日午前3時40分ごろ

富山市飯野の路上で、刃物を持っている男がいると、近隣住民から警察に通報があったそうです。

110番を受けた富山中央署員2名が駆け付けたところ、男は

「刺してやろうか」

と言いながら向かってきたため、拳銃1発を発砲したそうです。

銃弾は、胸部に命中して、男は富山市民病院に運ばれたそうですが、同4時25分ごろ死亡が確認されました。

男は近くに住む幸田勇治容疑者(38)

容疑者死亡のまま、警察は、銃刀法違反や公務執行妨害の疑いで調査をしているとのことです。

今回、警察官は、当初は職務質問をしようとしたとのことです。

富山市では、以前に交番が襲撃されて、警察官と警備員が殉職した事件がありました

刃物を持って向かってきた容疑者を相手に、緊迫した状況だったことがうかがえます。

通報者と、警察官の方に被害がなかったのが、不幸中の幸いだと思います。

また、別のニュースによると、通報したのは容疑者の家族だったようです。

22日午前3時38分ごろ、富山市飯野の住宅街で、「息子が暴れている」との通報を受け駆け付けた警察官2人が38歳の男に職務質問をしようとしたところ、包丁を突き出し「刺してやろうか」と言って近づいてきたため、警察官が警告後、拳銃1発を発砲しました。

出典:Yahoo!ニュース

息子を警察に通報したご家族の気持ちを思うと、複雑な気持ちになりますね・・・

刃物を持った幸田容疑者によって、被害者が出なかったことがせめてもの救いです。

 

スポンサーリンク



事件現場!富山市飯野の住宅街

 

事件が起きた現場は、富山市飯野の路上とのことです。

付近には飲食店が並び、小学校もあるようです。

さらに詳しい場所については、引き続きリサーチしてまいります。

 

スポンサーリンク



容疑者プロフィール!

容疑者のプロフィールをまとめました。

  • 名前 幸田勇治
  • 年齢 38歳
  • 職業 無職
  • 住所 富山市

幸田勇治容疑者の顔写真はまだ公開されていません。

Facebookなども今のところ特定はできませんでした。

38歳で無職ということは、社会に対して鬱屈とした思いを抱いていたのではないか・・・

そのことが原因で刃物を持って、警察官に向かったのではないか、などと勘ぐってしまいますね。

幸田容疑者には、銃刀法違反や公務執行妨害の疑いが持たれています。

容疑者については、引き続きリサーチしてまいります。

 

スポンサーリンク



以前にあった富山交番襲撃事件(島津慧大被告)

 

出典:Yahoo!ニュース

富山市では、以前に、警察官が襲われ、刺殺される事件が起きています。

富山市で2018年6月、警察官が刺殺され、奪われた拳銃で小学校の警備員が射殺された事件で、強盗殺人罪などに問われた元自衛官、島津慧大被告(24)が17日までに、一審富山地裁の無期懲役判決を不服とし、名古屋高裁金沢支部に控訴した。

16日付。

一審判決によると、島津被告は18年6月26日、富山県警富山中央署奥田交番で所長の稲泉健一警視(2階級特進)=当時(46)=を刺殺し、拳銃を窃取。近くの小学校の正門付近で警備員の中村信一さん=同(68)=を射殺するなどした。

出典:Yahoo!ニュース

2018年の事件です。

警察官が白昼堂々襲われ、拳銃を奪われています。

この事件は、警察関係者に衝撃を与えたのではないでしょうか。

警察官と警備員の2名が死亡しましたが、第一審では無期懲役判決が言い渡されています。

検察、被告、どちらも判決を不服として控訴しています。

最悪の事態を想定すると、刃物を持って向かってきた男に、警察官の方が発砲したことは、やむを得ない判断だったのかもしれません・・・。

スポンサーリンク



みんなの声

正当防衛。

下手に威嚇射撃なんかで犯人を興奮させてたら、自分が殺され拳銃奪われるとか最悪のケースもありえたが、きちんと命中させたことは称賛されるべきだと思う。

 

警官の迅速な対応で地域の安全が守られて何よりです。
今現在聞く限りは適正な発砲だと思います。
色々ショックはあるかもしれませんが、安全を守って頂いてありがとうございますと伝えたいです。

 

この男は、朝方のだれもがみな寝ている時間帯に何者だったのだろうか。酔っ払いなのかどうかは報じられていないが、警官はこの場面では撃つしかなかったのだろう。わずかな時間差で自らの命も落としかねない様子です。しかし、怖いですね。

 

死亡した男が、もし女性や子供に対峙していたら恐らく犠牲者が出ていただろう。

発砲した警察官は国民を守るため、正義を為すために引き金を引いたのだと誇りを持って欲しい。

 

刃物持って襲ってきたし 警告もして発砲したんだから職務を全うしたから問題ないでしょう
日本は甘いんです。警察官は拳銃を所持できるなら危険の時は躊躇わず撃つ事が必要です。それだけの犯罪をしているのだから 撃たれて死亡しようが、怪我をしようが犯罪を行った者が悪い

 

「刺してやろうか」と言いながら、警察官に刃物を突き出した。って、普通の考えの人じゃないね。警察官が駆けつけてなかったら、一般人を無差別に殺傷してたかも知れない!正当防衛だろう!

 

撃ったという心理的ショックが大きいんだから、警察官の正しい行動だったと認めていかないとだめだよ。

 

警察官の判断は、正当防衛だったと感じている方が多いようです。

近隣住民に被害が出るという、最悪の事態を避けるために、やむをえない判断だったのかもしれません。

事件の検証は必要ですが、必要以上に警察官の方を責める風潮にはならないでほしいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)