ススキノ客引き男(71)の名前!顔!収入額!キャバクラ店特定!

北海道札幌市中央区に住む無職の71歳が

札幌市の繁華街「ススキノ」で、私服の男性警察官にキャバクラ店への客引きをした疑いで逮捕されました。

声をかけたのがまさかの私服警察官…

今回は無職71歳の男につい調査しました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

事件概要

 

北海道札幌市の繁華街「ススキノ」でキャバクラへ客引き行為をしたとして、71歳の男が逮捕されました。  北海道迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、北海道札幌市中央区に住む無職の71歳の男です。  男は2021年1月14日夜、札幌市の繁華街「ススキノ」で、私服の男性警察官にキャバクラ店への客引きをした疑いが持たれています。  警察によりますと、男は警察官に対し「1人だからどんな感じが良い?健全で飲むか不健全で飲むか。ソフト・ミドル・ハード2種類あるよ、ミドルなら6000円」などと話しかけ続けたということです。  その後、警察は店と男の関連や営業実態などを捜査した上で3月2日、男を逮捕しました。  調べに対し男は「1か月半くらい前のことで全く覚えていない。だから弁解することもできない」などと容疑を否認しているということです。  一方で、男はフリーで数十年に渡って客引きをしているとの話もしていて、警察は余罪などを詳しく調べています。

出典:yahoo

 

 

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

収入額!

71歳男の収入が気になりましたが特定できませんでした。

参考に客引きの収入ですが…

客引きの平均時給は2000円になるとのこと

稼いでる人は月50から70万稼ぎます。

70万だと年収840万です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

客引き行為とは?処罰

なぜ客引き行為がなぜダメなのかを調べて見ました!

 

「キャッチ」とも呼ばれる「客引き」は、「相手方を特定して営業所の客となるように勧誘すること」とされています。具体的には、相手の進路に立ちふさがる、執拗(しつよう)につきまとうなどして、来店を誘う行為のことです。
店前で不特定多数の人に向かって「いらっしゃい! いらっしゃい!」と呼び込みをしたり、道路使用許可を得てチラシやティッシュを配ったりする行為は客引きにはあたりません。

客引き行為を規制する法律は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)と各都道府県が定める迷惑防止条例です。それぞれに規制の対象となる行為と罰則の内容に違いがあります。

都道府県の迷惑防止条例では、「不当な客引行為等の禁止」として、キャバクラやホストクラブなどの風俗店や飲食店などの悪質な客引きを規制しています。規制の対象となる行為や業態、罰則の内容は都道府県で異なります。

たとえば東京都の迷惑防止条例では、第7条でAV販売店や性風俗店、キャバクラやホストクラブなどのキャッチや客引きを規制するほか、居酒屋などの一般店が人の身体または衣服をとらえ、所持品を取りあげ、進路に立ちふさがり、身辺につきまとうなど執拗(しつよう)に客引きをすることを規制しています。

違反した場合には、客引きをした当人は「50万円以下の罰金または拘留もしくは科料」、客引きをさせた使用者は「100万円以下の罰金」に処されます。さらに常習の場合には違反した当人が「6か月以下の懲役または50万円以下の罰金」に、使用者は「6か月以下の懲役または100万円以下の罰金」に処せられます。

愛知県では、違反行為は「100万円以下の罰金」、常習の場合は「6か月以下の懲役または100万円以下の罰金」に処せられます。
栄など名古屋市の一部の繁華街では、名古屋市の条例により、風俗店やキャバクラなどのほか、居酒屋やカラオケなどの一般店の客引きも規制の対象です。違反者には、指導、勧告、命令が行われ、命令に違反した場合には「5万円以下の過料」に処せられます。

大阪府の罰則の内容は東京都と同じですが、大阪市も条例により、キタやミナミなどの繁華街で業態を問わず客引き行為の禁止区域が定められています。違反者には、指導、勧告、命令が行われ、命令に違反した場合には「5万円以下の過料」に処せられるほか、立ち入り調査などが行われます。

風営法第22条、第52条により、客引き行為およびつきまといなどの悪質な客引き行為をした場合には「6か月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」に処せられます。風営法の規制は、風俗店のほか、居酒屋などの飲食店も対象です。迷惑防止条例に比べて重い刑罰が規定されています。

出典:弁護士コラム

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

キャバクラ店特定!

 

残念ながら男が所属するキャバクラ店など調査しましたが特定できませんでした。

分かり次第、情報をアップいたします!

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

ネットの声

 

おそらくあの人かなと、
すすきのの駅前通りで
いつも客引きをしてる年配のおじさんいるけどね
71歳になっても客引きしてなきゃならない人生とか嫌だな

 

 

それと居酒屋の客引きも取り締まってほしい。しつこくて仕方ない。やってる事一緒でしょうが

 

 

以前、ススキノ行った時は・・・
「お兄ちゃん!若い子居ますよ~~!生ものは新しいウチがお勧めですよ~!」
って、意味深な言葉を掛けて来てたんですけど、彼女とデート中に声掛けなくても・・(笑

 

どんどん取り締まって!キャバクラ要らなーい。
不健全な店に、潜入捜査官導入して、全て摘発してしたらいい。

 

 

「不健全で飲む」って意味不明すぎて、どんなお店なのか気になってしまうわ。

 

駅前のまんじゅう屋の近くにいた人かなー。

有名人だけど、若い客引きと離れてたから、シマ争いに負けてたんだろうなー。

俺には絶対声かけてこなかったなー、他の奴らも

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)