木村智昭の顔!Facebook!無免許でスプリットタンのヤバい理由

医師ではないのに、女性4名の舌を二つに割る医療行為をしたとして、

警察は31日、入れ墨彫師の木村智昭容疑者(40)を逮捕しました。

調べに対し、容疑を認めているとのことです。

舌を二つに割る施術はスプリットタンと呼ばれるようですが、

なぜ、医師免許のない木村容疑者は施術を行ってしまったのでしょうか?

詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク



事件の概要

医師ではないのに舌の先を左右に割る医療行為をしたとして、入れ墨の彫師の男を逮捕です。

医師法違反の疑いで逮捕されたのは、愛知県刈谷市の彫師木村智昭容疑者(40)です。

警察によりますと、木村容疑者は2018年6月から今年1月にかけ、医師ではないにもかかわらず20代の女性ら4人に麻酔薬を注射し、舌の先を左右に割るなどの医療行為をした疑いがもたれています。

調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。

先が左右に割れた状態の舌は「スプリットタン」と呼ばれ、入れ墨と同じようにファッションとして希望する人がいます。

木村容疑者は先月、名古屋市東区の歯科医院から麻酔薬およそ300本を盗んだなどとして逮捕されていました。

出典:Yahoo!ニュース

事件が起きたのは、2018年6月から2021年1月にかけて。

医師ではないのに、20代の女性4人に麻酔薬を注射し

舌の先を左右に割るスプリットタンなどの医療行為をした疑いで

木村智昭容疑者が逮捕されました。

麻酔といえば、ときどき致命的な医療ミスが起きるほどに

慎重な扱いが求められるはずなのですが

医師免許なしで麻酔薬を用いていたのは、怖い話ですね。

20代の女性4人は同意していたのでしょうか?

入れ墨彫師と客の関係なので、同意はあったかもしれません。

しかし職業が彫師ということで、プロだと思って信頼して

危険性を認識しないまま施術を受けた可能性はないわけではないでしょう。

警察の調べに対し、木村容疑者は

「間違いありません」

と容疑を認めているそうです。

スポンサーリンク



容疑者プロフィール

容疑者のプロフィールをまとめました。

  • 名前 木村智昭
  • 年齢 40歳
  • 職業 彫師
  • 住所 愛知県刈谷市

彫師としては名を知られた人物だったという話もあります。

愛知県刈谷市にはタトゥーショップがあるようですが、

この事件と関係があるかどうかはわかっていません。

容疑者のプロフィールについては、引き続きリサーチしてまいります!

スポンサーリンク



容疑者の顔、Facebookは?

現在、容疑者の顔写真は公開されていません。

また、Facebookを調べましたが、同姓同名での登録が多く

特定には至りませんでした。

容疑者の情報については、引き続きリサーチしてまいります!

スポンサーリンク



スプリットタンとは?蛇にピアス

出典:Yahoo!ニュース

舌先を左右に割れた状態のことを、スプリットタンと言い、

入れ墨のようにファッションで希望する人がいるそうです。

芥川賞小説で映画にもなった「蛇にピアス」

スプリットタンが題材になっています。

蛇にピアス』(へびにピアス)は、日本の小説家・金原ひとみの小説であり、当人のデビュー作である。第27回すばる文学賞を受賞し、「すばる」2003年11月号に掲載された。綿矢りさの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介賞を受賞した。2008年9月20日、作者本人の意向を受けて蜷川幸雄監督による映画が公開された。

出典:Wikipedia

スプリットタンのやり方には二通りあるそうで、

  • レーザー施術
  • タイオフ

タイオフとは、ピアスで舌に穴をあけて、

拡張していく施術で、かなりの痛みを伴うそうです。

無免許でレーザーまで所有していた可能性は低そうなので、

木村容疑者はタイオフの方法で、

スプリットタンを施術していたのかもしれません。

スポンサーリンク



麻酔薬を盗んだ?ヤバい理由

出典:Yahoo!ニュース

 

歯科医院から麻酔薬300本を盗んだ疑い 入れ墨「彫り師」と歯科助手を逮捕

名古屋市東区の歯科医院から麻酔薬を盗んだ疑いで逮捕されたのは、「入れ墨」の彫り師の男と
歯科助手の女でした。逮捕されたのは愛知県刈谷市の彫り師、木村智昭容疑者(40)と名古屋市守山区の歯科助手、長瀬麻耶容疑者(26)です。
警察によりますと2人は、去年8月からことし1月にかけて、長瀬容疑者の勤務する名古屋市東区の
歯科医院から、麻酔薬約300本を盗んだ疑いがもたれています。

出典:Yahoo!ニュース

2月に、木村容疑者は、長瀬摩耶容疑者と共謀して、

麻酔薬約300本を盗んだ容疑で逮捕されています。

スプリットタンの施術に、麻酔薬が必要だったのでしょうか?

そして麻酔薬を盗んでまで、スプリットタンの施術に

こだわったのはなぜなのでしょう?

スプリットタンは身体改造とも呼ばれるそうで、

重篤な感染症等を引き起こし、医師による治療が必要になったり、

意図せぬ障害が残ることもあるそうです。

もし、どうしてもスプリットタンになりたいときは、

くれぐれも対応できる医療機関を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク



みんなの声

客の目的のほうが興味があります。
刺青のようなファッションや強さのアピール?

 

麻酔は未解明な部分も多く、麻酔科の医師でも細心の注意を払っている。素人が扱える代物ではない。

 

他人の身体にメスを入れる行為は医療行為で、例え本人の同意があっても医師以外は行ってはならない。
まあ、この人が捕まるのはいいんだけど、普通の舌をスプリットタンにすることを医療行為かと言われると微妙。スプリットタンを戻すなら分からなくはない。

 

そんな小説「蛇にピアス」芥川賞とったよね。
よくとれたな。

 

これは絶対あとで後悔するね。
だって、二股にしたら二度と元には戻らないからね。
だけど、いろんな人間がいるから、こんなこともやってみたい人はいるんだろう。

 

医療行為と言っても、実際やってくれる
病院も医師も居ないんだから
やりたい人は、自分でやるか
今回のように資格は無いが、やってくれる
人に頼む事になる。

 

スプリットタンやってくれる病院普通にありますよ

 

様々な意見がありましたが、気になったのは

スプリットタンを施術する病院は少ないということです。

これが事件が起きてしまった原因のひとつなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)