住之江区役所マタハラ課長の名前!顔!「妊娠タイミング最悪」は公私混同?

部下の女性職員にマタニティーハラスメントを繰り返していたとして

30日、大阪市が住吉区政策推進課の男性課長

停職3か月の懲戒処分にしたそうです。

なんでも、「妊娠のタイミングが最悪だ」と発言したとのこと。

その発言の方が最悪だと思うのですが・・・

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

 

部下の女性職員に妊娠・出産に関するマタニティーハラスメントを繰り返したなどとして、大阪市は30日、住吉区政策推進課の男性課長(58)を停職3カ月の懲戒処分にした。妊娠を報告した女性に対し、「タイミングが最悪だ」と発言していた。課長は市の調査に「女性を娘のように思い、彼女のために言った」と話しているという。

市によると、課長は住之江区役所で働いていた2017年2月から約1年間、部下だった女性へのマタハラ行為を職場で繰り返した。女性が結婚した直後は妊娠を希望する月を伝え、「この月に妊娠したら別の部署に異動できる」と発言。妊娠の報告を受けた際は、「職場にどれだけ迷惑がかかるか分からないのか、タイミングが最悪だ」と責めたという。女性が市に申告して発覚した。

また調査の過程で、課長が同僚職員に対し、「土下座して謝れ」と叱責するパワーハラスメントをしていたことも判明。同僚職員が所属する別の部署で起きた業務ミスの対応に追われたため、腹を立てたという。  松井一郎市長は市役所で記者団に対し、「役所の意識改革はやってきたが、巨大な組織なので意識を変えきれない職員もいるということなんだろう。指導を強化していく」と述べた。

出典:Yahoo!ニュース

事件が起きたのは、2017年2月から

今回処分を受けた課長は、当時住之江区役所で働いていて、

部下の女性にマタハラ行為を繰り返したそうです。

女性が結婚した直後から、

「この月に妊娠したら別の部署に異動できる」

などとデリカシーのない発言をしていたようです。

忙しい職場で、女性が妊娠タイミングを計算している場合がある・・・

というのは聞いたことがありますが、

それは自分自身のために女性が考えて行っていることであって

上司から強要されれば、それはマタハラですよね。

実際に妊娠した直後は、

「職場にどれだけ迷惑がかかるか分からないのか」

「タイミングが最悪だ」

と責める・・・そんな心無い発言が、1年間繰り返されたそうです

ただでさえ妊娠中で体調が安定していないときに、

上司にこんなことを言われ続けていると間違いなく気が滅入ります。

被害を受けた女性職員が本当にお気の毒です。

今回、一連の話を、別の上司に相談して事件が発覚しました。

しかも、調査の過程で、この課長が別の同僚職員に対し

「土下座して謝れ」

と叱責するパワハラを行っていたことも判明したようです。

別の部署で起きたミスに腹を立てて・・・らしいですが

まるでモンスタークレーマーみたいですね。

今回の件で同時に発覚してよかったとしか言いようがありません。

停職3か月の間に反省してほしいです。

スポンサーリンク



マタハラ課長のプロフィール

区役所課長のプロフィールです。

  • 名前 不明
  • 年齢 58歳
  • 所属 大阪市役所住吉区政策推進課
  • 肩書 課長

事件を起こしたのは、

2017年に住之江区役所で働いていたときだそうです。

もしかしたら、そのころは課長ではなかったのかもしれません。

彼のプロフィールについては、引き続きリサーチしてまいります!

 

スポンサーリンク



顔写真、Facebookは?

現在、事件の課長の顔写真は公開されていません。

名前と顔が公開されていないので、Facebookも今のところ

特定できておりません。

情報について、引き続きリサーチしてまいります!

スポンサーリンク



事件が起きた場所!大阪市住之江区役所

事件が起きた、住之江区役所です。

ごく普通の区役所のように思えますが、内実は

様々な人間関係があったのかもしれません。

マタハラに、パワハラですからね・・・。

今後はこのような事件が起きないような環境になってほしいですね。

スポンサーリンク



事件の動機「娘のように思い・・・」パワハラ?

この課長は市の調査に

「女性を娘のように思い、彼女のために言った」

と話しているそうです。

この時点で、全然反省してなさそうですね。

娘に「妊娠タイミングが最悪」なんて言う父親がいたら

すごく嫌ですし・・・

そもそも娘じゃなくて部下なのですが、公私混同でしょうか?

言い訳があまりにひどいので、本当に3か月で反省できるのか

心配になってきます。

スポンサーリンク



みんなの声

職場に迷惑かけるじゃなくて、自分が面倒になる事が嫌なだけでしょ。
大体、こういう人の周りも同じ感覚の人が多かったりするんだよね。

 

「女性を娘のように思い、彼女のために言った」
そんな父はいない
管理職になってはいけない男

 

内心そう思ったらつい言ってしまいそうだと思うけど
そこはぐっと飲み込まなきゃいけないし
繰り返して言うなんて言語道断だし
まして本当に娘のように思っているのなら
「おめでとう!職場のことは何も心配せず安心して産んで来い」と
広い心で送り出してやることはできないものか。

 

こんな考えを持っている管理職、実はそこまで珍しくないと思いますよ。
私は会社の幹部に「子どもなんて勝手に大きくなったぞ」って言われたことありますし…。
確かに職場からしたら迷惑かもしれない。
でもこうした環境で安心して子どもを産み、育てられるはずないです。少子化待ったなし。
いずれ巡り巡って自分たちの首を絞めることになるし、次の世代が辛くなりませんか。

 

その一言プラス土下座発言で停職3ヶ月はさすがに重いから、相当いろいろ積み重なってるね。

 

この課長の言い訳が論外なのは置いといて松井さんよ。
>松井一郎市長は市役所で記者団に対し、「役所の意識改革はやってきたが、巨大な組織なので意識を変えきれない職員もいるということなんだろう。指導を強化していく」
…は?職員もいるということなんだろう、って他人事か。我関せずだな。意識改革はやってきたが変えきれてない責任を取って辞めれ。結果出せてねぇ訳だろ?力不足、結果出せてないことを堂々と言うな。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)