滋賀県健康医療福祉部、50歳代女性職員の名前や顔は?長期パワハラはストレス発散だったのか⁉

30日に滋賀県健康医療福祉部の

出向先に勤務する50歳代の女性職員

後輩の職員に対してパワーハラスメント

行っていたとして戒告の懲戒処分にした。

パワハラを受けいていた職員に関しては

気の毒にしか思えません。

パワハラを受ける職場に行きたいと

思うはずもありませんね。

事件に関して詳しく調べてみました。

スポンサーリンク



概要

後輩職員に不適切な叱責しっせきを重ねたとして、滋賀県は30日、健康医療福祉部の出先機関に勤務する50歳代の女性職員を戒告の懲戒処分にした。

 県によると、女性職員は2017年4月~18年1月に週1~2回、「なぜこんなことをしたの」と詰問調で後輩を注意し、時にはどなりつけるような大声で叱責。後輩は心身の不調で同月から出勤できなくなり、今年2月になって県の相談窓口に申告したという。

 県の調査に対し、女性職員は「私からの要求が強かった。反省している」と話したという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210331-OYT1T50074/

2017年4月~18年1月と約1年に近い期間

パワハラをしていたとの事で

これだけ長期にパワハラをされれば

精神的に苦痛を受けるのも致し方ありません。

又、「なぜこのようなことをした!!」と訪問調で

問い詰める辺り光景が目に浮かびますね。

このような方は自身がパワハラになっている

認識が無く叱るではなく

自身の感情のままに怒るという

子供じみた行動になっていますね。

自身のストレス発散のはけ口になっていたと

見られても仕方ないと思えるような

事件ですね。

被害者は今年の2月になって県の窓口に

相談したとの事ですが

それまでに職場の人たちは

加害者に対し注意等しなかったのでしょうか?

「私からの要求が強かった」との事ですが

年齢から長期在籍している職員だったかもしれないので

注意できる環境ではなかったかもしれませんが

大の大人が注意一つ出来ないとは

考えものですね。

被害者にはこの事件をきっかけに

今後、このような事が無いように

反省していただきたいです。

スポンサーリンク



加害者のプロフィール

名前:不明

年齢:50代

所属:健康医療福祉部 出先機関勤務

 

顔、名前に関しては公開されていないため

特定できていません。

引き続き調査を行っていきます。

スポンサーリンク



パワハラに対する世間の声

パワハラに関してのコメントが多数あったので厳選して

掲載していますが

まずパワハラを受けている人は

一人で抱え込まずホットライン等の

窓口に相談してみましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)