佐藤朝海の顔!Facebook!自宅の場所は?息子の首絞め虐待!余罪は?北海道札幌市!

6月26日、10歳未満の息子の首を手で押さえ、あざを付けたとして、

無職の佐藤朝海容疑者が逮捕されました。

場所は、北海道札幌市で、近年事件が多発しています。

 

ストレスから日常的に虐待をしていたのでしょうか。

それでは、見ていきたいと思います。

 

ニュース概要

以下が、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

10歳未満の息子の首を手で圧迫しケガをさせたとして、北海道札幌市東区東苗穂の自称・無職 佐藤朝海容疑者(34)が逮捕されました。  佐藤容疑者は6月23日から25日までに自宅で、同居している10歳未満の小学生の息子の首を手で押さえつけ、けがをさせた傷害の疑いがもたれています。  息子は首にあざができました。  警察の調べに佐藤容疑者は「言うことを聞かなかったのでやった。しつけのつもりだった」などと話しています。  警察は、当時の状況を詳しく調べるとともに日常的な虐待が無かったか調べています。

参照:Yahoo!ニュース

 

6月26日、北海道札幌市東区東苗穂で、

10歳未満の息子の首にけがをさせたとして、34歳無職の女性が逮捕されました。

逮捕されたのは、佐藤朝海容疑者です。

 

佐藤容疑者は、6月23日から6月25日までの間に、息子の首を手で圧迫し、あざを付けたという容疑を掛けられています。

 

容疑は認めているようですが、言い訳がましく、躾の為にやったと言い張っているようです。

 

「児童虐待の防止等に関する法律」により、子ども虐待の定義は、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待となりました。しかしこの定義が明らかになっても、なお、子ども虐待とはなんぞや、と考えさせられる場面があります。それは、虐待としつけの違いについてです。
虐待としつけ。この二者間には、しっかりと線引きできないグレイゾーンが存在します。が、多数の事例に関わってきた福祉、保健関係者や精神科医、小児科医などが言うように「子どもが耐え難い苦痛を感じることであれば、それは虐待である」と考えるべきだと思います。

保護者が子どものためだと考えていても、過剰な教育や厳しいしつけによって子どもの心や体の発達が阻害されるほどであれば、あくまで子どもの側に立って判断し、虐待と捉えるべきでしょう。

多くのケースでは、保護者が子育てに苦労されている現実がありますから、その気持ちを大事に考えることも大切です。

参照:子ども虐待防止 オレンジリボン運動

 

このサイトにもある通り、定義はあいまいですが、子供が苦痛に感じるような行為は躾ではありません。

たとえそれが真実だったとしても、あざが付くほど子供の首を圧迫してしまっては、殺人未遂と変わらないのです。

一歩間違えば、取り返しのつかないことになっていたかもしれないということを分かって言っているのであれば、最低です。

 

一体どうして、こんな事件に発展してしまったのでしょうか。

 

まずは、佐藤朝海容疑者について、情報をまとめていきたいと思います。

 

 

佐藤朝海容疑者の顔画像や顔写真

佐藤朝海容疑者の顔画像や顔写真が公開されていないか、またはどこかからか情報を得られないか調べてみました。

 

残念ですが、警察の方から顔画像の公開はされていませんでした。

 

他の方法でも調べてみましたが、それらしい人物の写真は見つけられませんでした。

警察に送られるところの動画などが、続報で発表されると思うので、そちらが出るまで待つしかありませんね。

 

非常に残念です。

 

しつけのためだと言って、クローゼットに息子を閉じこめ、死亡させたというニュースが記憶に新しいですが、その母親のようなイメージの女性なのでしょうね。

 

佐藤朝海のFacebook

 

2名ほど同姓同名のアカウントは存在しましたが、基本情報が全く書かれておらず、特定には至りませんでした。

 

事件のあった自宅はどこ?

 

 

この区画に住んでいるということですね。

自宅の画像が分かれば、特定も容易そうです。

 

もう少し情報を待つしかないですね。

 

 

 余罪は?

 

しつけのためという言い訳をするあたり、イライラが募って虐待に走っていた可能性が高いです。

おそらく日常的にやっていたのでしょう。

 

お腹を痛めて産んだ子供に、首を絞めるなんてそうそうしませんよ。

 

きっと、佐藤容疑者も似たような環境で育って来たのでしょう。

 

皆の口コミ

北海道の中でも札幌や道央圏の事件や犯罪が目立っていますが、こんなに続け様にワイセツ、煽り運転、虐待などが発生するのは中々北海道でも希な事だと思います。どちらかと言うと、こうなる以前は事故関連や火災等が目立っていた気がするし何が原因かはわかりませんが、明らかに治安が悪くなっている傾向にある様です。やはりコロナが原因なのでしょうか?少し異常に感じます。

 

 

本当に北海道での事件が増えてきています。

どうしてなのでしょうか。

 

発達に合わせて対応して居ても、隣近所から苦情があると、間違っていたのか、低年齢でも厳しくしないといけなかったのか、と混乱する。
そこから、昔はどうやってやってたっけ?って思い出せなくなって毎日ずっと怒ってる。

こういうのからエスカレートしていくのだろうか。
手助けしないなら口も出さないでほしい。

 

 

コロナ禍での外出自粛や孤独感、ストレスにより虐待が増えているのでしょう。先日も事件があったためか北海道は児童虐待へ敏感に対応されている印象です。親だけを責めず、親が安心して子育てできるよう、より家族や地域のサポートが重要だと思います。

 

普段からストレスの多いこの社会。

それに加え、コロナが蔓延し、今までできていたことができなくなったりなど、大きく生活が変化しました。

 

やはり、事件が多いのは、コロナが関係しているのかもしれません。

 

 

どのように警察に伝わったのだろうか?
学校か近所の人かは分からないが、通報した人はナイス判断!
しつけだとしても痣が出来るのは明らかにやりすぎだ。
警察が実名を公開しているということは、しつけの域を超えた悪質性があったということだろう。
息子さんの明るい未来を祈っています

 

最後に

最近、子供に虐待をする親が目立ってきています。

躾のうちだと言って、自分のしていることに気づいていない親もいるのかもしれませんね。

取り返しのつかないことになる前に、何か異変を感じたら知らせ、事件を防げるようになることを祈っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)