千葉,佐々木賢治(44)逮捕!顔!SNS!ひき逃げ!飲酒運転だった!?

28日の9時過ぎ、千葉県市原市の県道で男性が車にひかれ意識不明の重体をおわせたとして

29日午後2時ごろ自称・板金工、佐々木賢治容疑者(44)を逮捕しました。

28日にも同様の速報が流れており、犯人はその時点では逃走中でした。

今回はその佐々木賢治容疑者がどういう人物でだったのか調べてみたいと思います。




 

事件概要

千葉・市原市 ひき逃げで男性意識不明 男を逮捕

28日夜、千葉県市原市で男性が車にひかれて意識不明の重体となり、警察は29日、ひき逃げの疑いで44歳の男を逮捕しました。  28日午後9時ごろ、千葉県市原市の県道で50代から60代くらいの男性が車にひかれ、倒れているのが見つかりました。男性は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。  警察は、ひき逃げ事件として捜査し、29日午後2時ごろ、市原市内に住む自称・板金工、佐々木賢治容疑者(44)を逮捕しました。警察によりますと、周辺の監視カメラの映像などから車両を特定し、佐々木容疑者に事情を聴いたところ、ひき逃げの容疑を認めたため、逮捕したということです。

出典:Yahoo!ニュース

 

28日の夜、佐々木賢治容疑者が捕まる前にもニュースになっていました。

「衝突音を聞いた」県道脇に流血男性 ひき逃げか

28日夜、千葉県市原市の県道で、男性が意識不明の状態で倒れているのが見つかりました。警察はひき逃げ事件として捜査しています。 28日午後9時すぎ、市原市五所で「衝突音を聞いて外に出たら、男性が倒れていた」と近くに住む人から119番通報がありました。 警察によりますと、県道の脇に50代から60代くらいの男性が顔から血を流して倒れていて、意識不明の状態で病院に搬送されたということです。 現場は交通量が少なく、目撃者はいませんでしたが、付近に車のものとみられるガラス片が散らばっていたことから、警察はひき逃げ事件とみて、付近の防犯カメラなどを詳しく調べています。

出典:Yahoo!ニュース

警察の迅速な対応によってすぐに捕まった佐々木賢治容疑者。

現場は交通量が少なかったため目撃者がおらずそのまま逃走

相手を意識不明の重体になるほどの事故なので気付かないわけがありません。

車でのひき逃げは罪が重くなることも分かっているはずです。

なぜ重傷を負わせたのにもかかわらずそのまま逃げてしまったのでしょうか

佐々木賢治容疑者はどういう人物なのでしょうか

 




 

事件現場は?

特定した場所までは公開されていませんでしたが地図で見る限り車があまり通らないような場所に見えます。

場所によってはこのように片側1車線のところでもそこそこ店があるところなので夜9時ごろだと人がいそうな気がするのでこういうメイン通りではなく少し中のほうに入った道で起きた事故なのかもしれません。




 

佐々木賢治容疑者のプロフィール

名前:佐々木賢治

年齢:44歳

性別:男

職業:自称板金工

住所:千葉県市原市在住

 

報道ではこのように情報が公開されていました。

それ以外の発表はされていないので家族構成などは明かされていません。

警察による取り調べで職業が板金工と言っているので実際は違う可能性もあります。




 

佐々木賢治のFacebook

こちらの方で独自に、facebook上で名前検索をしたところ複数名ヒットしました。

 

しかし今回の人物に関するfacebookの情報を特定することはできませんでした。

また今のところ顔写真は公開されておらず特定できませんでした。

 

今後、容疑者の情報については、新しい情報が入り次第お伝えいたします。




 

ひかれた男性容体は?

今公開されている情報は相手の男性は意識不明の重体ということだけで

どこの病院に搬送されたかなど公開されていません。

 

今後、新しい情報が入りましたら更新したします。

早く容体がよくなるように願っています。




 

ネットの反応

 

車は凶器という意識を持って運転するべきだと思います。自分から被害者ですが、生身の人間とスピードの乗った鉄の塊では弱者になるのは分かりきった事です。悪意のない事もありますが、車を運転するという意識と、重みをもって運転するべきかと思います。歩行者が弱い立場にいる事を十分認識してもらいたいと思います。

 

千葉の運転手は歩行者優先て感覚が乏しいので
歩行者いる横断歩道に一時停止しない車がすごい多い
それ確か違反じゃなかった?
罰金とか定めて千葉県警に厳しく取り締まってもらいたいわ

 

他県から引っ越して来たけど、市原は運転マナーが物凄く悪い。横断歩道渡ってる歩行者が居てもおかまいなく突っ込む。自分が横断歩道手前で歩行者が渡るのを待っていたら後ろの車にクラクション鳴らされた。市原市怖い。そんな感じだから事故も多いのかな…

 

この道は「旧道」と呼ばれる古めの道路なので、狭くてクネクネしていて、両脇に民家が迫っている。白線は引いてあるけど、はみ出さずに歩くのは難しいし、避けるスペースも少ない。地元の人なら注意して走る道路だと思うけど。

 

考えられん行為。
逃げて、逃げおおせたとして。
心の安らぐ日があるのか?
墓場迄持って行く気か!
わたしにはとても真似が出来ない。
逮捕された時に、どう言い訳をするのか?
車の部品も落ちているのに、知らん顔して修理に出すのか?

考えれば考えるほど、分からん。

コメントでおおく意見があったのは『飲酒運転ではないのか』という意見が多くみられました。

飲酒運転で?
市原以南は取り締まりがアマイから
飲酒運転しほうだいと聞いたことあるな。
代行も稼げなくすぐにつぶれると言う噂も?

 

酒を飲んで事故を起こした場合、そこでとどまって救護しても、逃げて酒を抜いてから
出頭しても、過去の判例ではあまり大差ないように思える。取り敢えず一か八か逃げようとする奴が出てきてもおかしくない。

 

アルコール抜けてから出頭か?阿保や間抜けの言い訳するね。

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)