札幌駅少年に暴行を加えた主犯格の大工の少年(18)の顔とfacebook!名前は?動機は?カツアゲ常習犯か?

25日にJR札幌駅にて15歳の少年に集団で暴行を加えたとしてその主犯格である大工の少年が逮捕されました。

 

防犯カメラからの特定で捕まったようで、被害が広がらないうちに捕まってよかったと胸をなでおろします。

 

10人という集団で暴行を加える上にカツアゲをするなどあまり印象がよくない事件ですね・・・。

 

今回は犯行を行った集団の主犯格である少年のプロフィールや事件現場、犯行の動機について見ていきましょう。




 

事件概要

25日、JR札幌駅の近くで、15歳の少年が、男女10数人のグループに顔を殴られるなどして現金の入った財布を奪われた事件で、18歳の大工の少年が逮捕されました。  逮捕されたのは、江別市に住む18歳の大工の少年です。  少年は、25日午後5時ごろ、札幌市中央区の商業施設「エスタ」の屋外通路や、北6条西1丁目などで、15歳のアルバイト従業員の少年を蹴るなどして、顔などにけがをさせた疑いがもたれています。  15歳の少年は、顔などに打撲や切り傷など軽いけがをしました。  警察の調べに対し、18歳の少年は「自分がやったことに間違いはない」と、容疑を認めているということです。  警察によりますと、防犯カメラの映像などから、18歳の少年を特定し、30日朝、逮捕しました。  この事件をめぐっては、15歳の少年が、男女10数人のグループに囲まれ、グループの数人から殴る蹴るの暴行を受け、現金2万円の入った財布とスマートフォン、イヤホンを奪われています。  警察は、逮捕された少年が、強盗にも関わっていないかや、暴行した男女グループのほかのメンバーについても調べをすすめています。

引用:Yahoo!ニュース

 

25日にJR駅の近くで15歳の少年に集団で襲いかかって暴行を加え、財布とスマートフォンを盗んだ疑いで逮捕されたようですね。

 

犯人である大工の少年は防犯カメラの映像から特定されたようで

 

ゆくゆくは主犯格である彼だけでなく、グループのメンバーも検挙されていくことでしょう。

 

それにしても集団で年下の子供に襲いかかるとは・・・許される行為でありませんね。

 

被害にあった少年は打撲だけでなく切り傷も負っていたようで、おそらく犯行に及んだグループの中にはナイフなどの刃物を用いた人もいたことが予想されます。

 

なんの面識もない人たちに急に襲われて金品を強奪されるというのは、襲われた少年も深いトラウマを負ったのではと思います。

 

今回捕まった少年のグループは同日の午後5時頃には他のに地点でもアルバイト従業員の少年を蹴るなどの暴行を加えた疑いも持たれています。

 

同じ日に何件も暴行を働くとは・・・迷惑極まりないですね。

 

今後の調査でグループの主犯格だけでなく、他のメンバーも早く捕まってほしいものです。

 

今回の行いを反省して二度とこのようなことが内容にしてほしいと切に願うばかりです。

 




 

主犯格の少年のプロフィール

名前:不明

 

年齢:18歳

 

性別:男性

 

職業:大工

 

住所:江別市

 

ほとんど有力な情報が出されていませんね。

 

少年法によって罪を犯した子供は法によって守られるということによるものでしょう。

 

情報を公開する事が正義!というわけでは決してありませんが

 

やってしまった事がおおごとなだけに「子供だからといって特別扱いするな!」という感情がちょっぴり湧きますよね。

 

まあ今回の件を受けて反省し、二度とこのような行いをしなければそれ以上のことは求めないのですが・・・。

 

本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 




 

犯行の動機

Caucasian angry and aggressive man threatening with fist.

犯行の動機については報道上で述べられてはいません。

 

18歳の少年は自分のやったことに対して容疑を認めています。

 

犯行の動機について考えられることは「ストレス解消」「小遣い稼ぎ」といったことでしょうか。

 

今回被害にあった15歳の少年の被害額も、財布に入っていた現金2万円+スマートフォンということで

 

決して安くはない額をふんだくられています。

 

10人のグループとはいえお小遣い稼ぎとしては十分でしょう。

 

「ストレス解消」「お小遣い稼ぎ」どちらの理由にしても被害にあった方にとってこれほど理不尽なことはありません。

 

25日の犯行しか今回の報道では取り上げられていないため、常習犯かどうかはわかりませんが

 

今回の逮捕を受けて更生してほしいものです。

 




 

事件現場

事件現場はJR札幌駅、札幌市中央区の商業施設「エスタ」の屋外通路や、北6条西1丁目ですね。

 

 札幌駅

引用:Google マップ 

 

エスタ

引用:Google マップ

北6条西1丁目

 

3地点とも非常に近い位置にあります。

 

25日のうちにこれだけの犯行をしたということですが、もし常習犯であればここら一帯を拠点として行動していた事が予想できますね。

 

常習犯という事でしたら街の人たちにもある程度顔が知れ渡っているでしょうから

 

主犯格以外の子供達が捕まるのも時間の問題かもしれませんね。




 

世間の声

やっぱりすぐ捕まりましたね。
共通の知人もいるし、監視カメラもあるようなところでこんなことしたら、すぐ捕まることくらいわかるだろうに。

 

今頃他の関係した少年少女は震えてるだろう。
これから芋づる式に、捜査の手が伸びるだろうさ。

 

今回の事件について、主犯格以外の子供らも早打ちに捕まるだろうという推測をするコメントが寄せられました。

 

防犯カメラで顔写真や体格などが割れていることはもとより、目撃者や街の人たちの証言をもとにすれば特定は容易でしょう。

 

捕まるのも時間問題でしょうから捕まるのを待つのではなく自首するなどして名乗りをあげてほしいものです。

 

 

犯罪なんだから 未成年でも実名でよいのでは?

 

 

少年刑務所?
未成年者の強盗、って何年くらい食らうんだろ。
初犯だから大目に見て・・・、なんてしないでよ?

 

少年法を廃止すべき。

こういう犯罪者を守るだけの法律はいらない。

実名を公表し、罪を償わせるべき。

 

 

少年法によって情報的に守られている彼らを非難するコメントも寄せられました。

 

少年法は子供達を守るという名目で設定されている法律ではありますが

 

少年法があることで「子供は厳しくは罰せられない」という認識が子供たちの間で広まると犯行へのハードルが下がり犯行が起きやすくなってしまうという意見もあります。

 

事前に「犯罪をしたものは罰せられ、それは子供とて例外ではない」という認識を子供達に広めておくことで犯行に及んではいけないという気持ちを子供らに作ることも可能そうです。

 

とはいえ実名を公表するというのは彼らのこれからの人生にずっとつきまとう不利益になってしまいますから他の術でも良いようには思いますが・・・。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)