札幌市東区!子供のケンカに割って入った父親の名前!顔!悪いのはどっち?

自称アルバイト従業員の男(30)は、23日、札幌市東区路上で、8歳の男の子のフードを引っ張ったりSるなどの暴行をして、ケガを押させた容疑で逮捕されました。

 

子供のケンカの仲裁に入っていて、自分が当事者になってしまっては、どうしようもありません。

 

一体どうして、仲裁するだけなのに、暴力沙汰にまで発展してしまったのでしょうか。

 

それでは、ニュースの概要と容疑者の男性についてもっと詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



 

 

ニュース概要

以下がYahoo!ニュースの速報で流れた記事になっています。

 

札幌東署は23日、傷害の容疑で東区に住む自称アルバイト従業員の男(30)を逮捕しました。 警察によりますと男は16日の午後3時半過ぎ、東区内の路上で8歳の男子児童のフードをつかんで引きずるなどの暴行を加え、両膝や首に軽傷を負わせた疑いが持たれています。 男の子どもと被害にあった男子児童は同級生で、ケンカになっていたところに男が割って入り暴行したと見られています。 男子児童は両膝の打撲や首のねんざなど全治1週間のケガを負いました。 調べに対し男はフードをつかんだことは認めているものの、容疑については一部否認しているということです。

参照:Yahoo!ニュース

北海道の札幌市東区に住む、自称アルバイトの30歳男性が逮捕されました。

 

16日の午後3時半ごろに、路上で8歳の男の子のフードを掴んで、引きずるなどの暴行を加えたとされています。

 

その男の子は、膝や肩にけが覆い、全治1週間だそうです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

子供のケンカに割って入った男性の名前は?

警察が逮捕したばかりで、詳細も分からないまま逮捕しているので、あまり情報公開されていませんね。

父親の名前も、はっきりと後悔はしていませんでした。

また、今後何かしらの情報が上がってくるかもしれないので、その時は調査し、しっかりと、伝えます!

 

 

スポンサーリンク



 

 

ケンカの原因は?

 

父親は、ケンカに割って入りったとありますが、そもそも子供のケンカの原因は何だったのでしょうか。

それは、フードを引っ張ってまで怒るようなことだったのでしょうか。

 

状況が詳しく書かれていないので、ハッキリとは分かりませんが、もしかすると、子供に手を出されてしまったのかもしれません。

 

悪ふざけの一環として手と出してきた場合や相手から先に手を出してきたのなら、咄嗟に乱暴な行動に出てしまってもおかしくはありません。

 

子供を守って、自分の地位を失っていては、本末転倒です。

 

そして、もう一つ可能性があると考えています。

この男性は、アルバイトで勤務していると書かれています。

もしかすると、社会的な地位を親のマネをしてバカにした可能性が考えられると思います。

 

アルバイトだとダメだとは言いませんが、そういいうことをネタにしたい親もいるのではないかと思います。

それを聞いていれば、子供は純粋なので鵜呑みにしてしまって、失礼なことを本人の前であるいは子供の前でいってしまった可能性があるのです。

 

かとなって後先考えるず行動するのではなく、その後のこともしっかりと見据えて行動したいですね。

 

スポンサーリンク



 

 

事件場所

 

下図:北海道札幌市東区

 

この地区内の路上で起きた事件ですね

自宅近くの路上でしょう。

 

スポンサーリンク



 

 

意外と甘いネットの声

 

私もうちの子供が蹴られたとき、相手の子供を同じように蹴ってやりたかったです。
この父親の気持ち、わかります。
ただ大人なのでそこは我慢しなきゃいけなかったですね。

 

 

 

状況にもよるけど子供を助けたい気持ちはよくわかる。
だけど、いくら相手の子が悪くても手を出しちゃまずいよ。
まずは間に入ってケンカを止め、双方のケンカの理由を聞く。
そして、両者に注意する。それでも駄目なら先生を通して、相手方保護者と話をする。
のが一番良いと思う。
でも目の前で自分の子が一方的に殴られたり蹴られたりされていたら冷静でいられるか自信は無い。
だけども他所の子にケガさせちゃダメ。

 

 

 

 

この記事だけでは親が悪いように書かれているが、実際どうなんだろう?
子供同士の喧嘩の原因にもよるし、引き離した後に攻撃する子供だ出たのかも知れない。
目撃情報がなく、被害者の子供が言
ったのをそのまま逮捕したなら警察にも問題がある。

緊急性を伴わない記事ならもっと調べてから書くべき。

 

 

 

 

状況にもよるかな?一概に男性が悪いとも言えないし、何とも言えないね。8歳なら力が強い子もいるし、平気で危害を加える子もいるし、制止させる意味でやむを得ずってこともあるだろし。ただ、人様の子供への取扱方法については余計に神経は使わないとね。相手の親が見ていた訳でもないし、我が子が怪我して帰ってきたら、事情を知らない親は相手の親を警察に突き出すよ。
子供の躾が悪い親もいるし、今回は怪我した子の親の躾にも問題があったからこういう事になったのかもしれないよ。よく居るよ。親はどういう躾をしてるんだっていう子供、、、、

 

 

木の上に立って見るから親と教わった。
行動がエスカレートしていたかも知れないが、子どもに解決させていかないと、関係は続かない。
この父親のお子さんがケガがないのか等、詳細が書かれていないので、微妙なところはあるが、介入の仕方はまずかったかも知れない。

 

そうですね。子供たちのことは、子供たちで解決させないと、問題解決力も養えません。

 

あまり親が手を出すものではないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

最後に

この事件に関して、いろいろと思うところはありますが、人にけがを負わせたという事実は変わりません。

正当防衛だったとしても、人の子供にけがをさせることは、良いこととは言えません。

 

そのせいで、変な噂が立って学校に通いづらくなったりもするでしょうし、もう少し行動をコントロールした方がよかったかもしれませんね。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)