事件・事故

斎藤亘さん(37)の顔!Facebook!宮城県気仙沼市で気温‐3.6℃の深夜に認知症の女性を保護!

 

宮城県気仙沼市、冷え込みの強い深夜に、薄着で一人で路上を歩いていた80代の女性。

女性は認知症であった。

その女性に声を掛けて保護したとのことで、斎藤亘さんに感謝状が贈られた。

斎藤亘さんとはどういった人物なのでしょうか?

今回はこの件についてみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク
 

 

概要

 

 

深夜に1人で路上を歩いていた80代の認知症の女性を保護したとして、宮城県警気仙沼署が、気仙沼市上東側の会社員斎藤亘(わたる)さん(37)に感謝状を贈った。

当日は厳しい冷え込みで、大雪に見舞われる前夜だった。女性は薄着で、見過ごせば命の危険もあったという。

署によると、斎藤さんは1月11日午後11時半ごろ、車で会社から帰宅途中、市内の鹿折地区の橋の上でよろよろ歩く女性を見つけた。手袋もせず、用足しで荷物を持っている様子もない。服は雪まみれ。いったん通り過ぎたがどうしても気になり、引き返した。

「どこへ行くの?」声をかけると「高田(岩手県陸前高田市)」という。つづら折りの峠を越えた、約20キロ先のまちだ。

気温は零下3・6度。女性は部屋着の上にカーディガンを羽織った程度だった。

「認知症じゃないか」と気づいた。斎藤さんの祖母も認知症だったからだ。

車に乗るよう促し、署に連れて行った。女性は現場付近の住人で、家族が迎えに来た。家族は連絡を受けるまでいなくなったことに気づいていなかったという。

翌日は未明から大雪だった。

気仙沼署で25日、感謝状の贈呈式があった。笠松真治署長は「命の危険もあった中、連れてきて頂いた」とたたえた。

 

出典:https://www.asahi.com/articles/

 

 

宮城県気仙沼市で、深夜に一人で歩いていた認知症の女性を保護したとして、気仙沼市上東側の会社員斎藤亘さん(37)に宮城県警気仙沼署より感謝状が贈られました。

 

女性は80代で、部屋着にカーディガンを羽織った程度の薄着であった。気温は-3.6℃

斎藤さんは会社からの帰宅途中にこの女性を見つけ、いったん通り過ぎたものの、どうしても気になり戻って声を掛けたそうです。

 

自身の祖母が認知症だったこともあり、女性の様子から認知症ではないかと気がついたということでしたが、見知らぬ人に声を掛けるというのは結構勇気がいることですよね。

 

女性のご家族は、連絡を受けるまで女性がいなくなったことに気づいていなかったようです。

こんな真冬の夜中に一人で、しかも翌日未明から大雪であったことも考えると、斎藤さんはまさに命の恩人になりますね。

 

斎藤さんは、「川に落ちたら、車にひかれたら、と思うと気が気でなかった。無事で何よりでした」と話しており、本当に心の優しい人だということが伝わってきます。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

現場はどこ?

 

斎藤さんは、気仙沼市内の鹿折地区の橋の上で女性を発見しました。

 

 

鹿折地区内のどこの橋であったかは定かではありませんが、斎藤さんの職場がある上東側は鹿折地区よりも北に位置していたので、鹿折地区の北側にある橋をマップで検索してみました。

 

 

実際にこの橋だったかどうかは分かりませんが、氷点下の深夜に、このような大きな川の橋の上を高齢の女性が一人で歩いていたと思うと、心配な気持ちになってしまいますよね。

 

ちなみにこの女性が目的地と話していたのは陸前高田市ということでした。

 

女性が発見された場所付近からは、徒歩で5時間も掛かります。

やはり、高齢女性が軽装で一人で向かう目的地としては不自然ですね。

 

声を掛けて話を聞いてあげて、本当に良かったと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

斎藤さんのプロフィール

 

 

名前:斎藤亘(さいとうわたる)

年齢:37歳

職業:気仙沼市上東側の会社員

 

斎藤さんに繋がる情報はないか、SNS上で検索してみました。

FacebookやTwitterには斎藤さんと同姓同名のアカウントが多数見つかりました。

しかし、その中に斎藤さん本人のものかどうか特定できるアカウントはありませんでした。

斎藤さんの名前が入っているツイートもいくつかありましたが、同姓同名の方が多いため、斎藤さん本人と繋がっている内容かの確認もできませんでした。

 

今回の件で分かるように、優しい方だと思うので、その人となりが気になるところですね。

今後、ご本人と分かる投稿を発見しましたら、報告します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

認知症の方の徘徊問題

 

 

今回の件だけではなく、認知症の方の徘徊で、行方不明になったり事故に巻き込まれたりする例は、以前から多数起こっています。

 

認知症での「徘徊」が増加し続けている

行方不明者は過去最多を更新した

7月2日、警視庁は、2019年の1年間で「認知症が原因で行方不明になったと警察に届け出があった人」の数が、前年比552人増となる1万7,479人に上ったことを公表しました。

これは7年連続で過去最多を更新。集計を開始した2012年から約1.8倍も増えています。

出典:『令和元年における行方不明者の状況』(警察庁)を基に作成 更新

認知症による行方不明者の内訳は、男性が9,503人、女性が7,976人。都道府県別にみると、最も多かったのは大阪府の2,007人で、以下、埼玉県の1,960人、兵庫県の1,778人、神奈川県の1,593人、愛知県の1,468人、東京都の1,174人と続いています。

なお、2018年以前の届け出も含め、2019年中に発見された認知症の行方不明者数は1万7,340人。このうち、警察または届け出人が所在を確認した人数が1万6,775人で、死亡していたのが460人、届け出の取り下げが105人でした。

所在確認の時期は全体の71.7%が届け出当日でしたが、中には2年以上かかったケースもありました。

日本では高齢化がさらに進んでいくため、認知症を原因とする行方不明者は今後も増加し続ける可能性も。警察・自治体・民間事業者らが密接に連携して、早期発見に向けた取り組みを強める必要があります。

 

出典:https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no894/

 

認知症かどうかは見た目だけではなかなか判断しにくく、また本人が無自覚である場合が多いため、徘徊している方を見かけた人がいてもそのまま見過ごされてしまう場合も多くあります。

 

『何か変だな…』『もしかして…』と思ったら、勇気を出して声を掛けてあげることが、今回のように一人の認知症の方を救うことに繋がるのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

世間の声

・涙がでました。親切な方が見つけてくださってよかったです。
私の母も認知症でした。他人ごとではないです。

 

・この頃心温まる話をよく聞きうれしく思う。
?と思ったらすぐに行動を起こすことが、人命救助に繋がっている。
こういう人が増えて行って住みよい地域になっていくことが、これからの社会の在り方かもしれない。

 

・素晴らしい活躍に尊敬します。
年末に、私の家の近所で徘徊している高齢女性を発見し、発見した場所の前にあったお店の方と保護をして通報しました。
その女性、私が勤めている病院の元患者さんだったので、私が名前と家の場所を知っていたので落ち着いて対応出来ましたが、見ず知らずの人であったら大変だったと思います。
残念ながらその様な方はどんどん増えていくと思いますが、そういう方々を見守り支えられる1人でありたいし、地域であってほしいです。

 

・別の記事で、このような場合は自分の車に乗せて送り届けるより、警察に通報する方が良いとする警察からの意見も見た。
善意のつもりが「拉致されかけた、金品を取られた」などと後から言われるケースや認知症を装った犯罪者の可能性もあるとのこと。
善意は素晴らしいけど、たしかにトラブルや犯罪に巻き込まれる可能性も無きにしも非ず。
表彰もいいけど、ベストな対応の仕方を発信してほしい。

 

・一瞬目を離した隙に居なくなって雪が溶けてから見つかった知人がいます。そうならなくて良かった。認知症の人は何十キロも歩いたり、とんでもない隙間に入って亡くなってたりします、本当によかった。

 

・見て見ぬふりをせずに話しかける勇気と優しさのある素晴らしい人ですね。
この前、電車内でオバサンやサラリーマンが転がっていた空き缶が足元に転がってくると蹴飛ばしていたのですが、それに気付いた女子高生が空き缶を拾い、次の駅で降りて行くのを見て感心しました。
自分も日本人として恥ずかしくない生き方をしたいものです。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

 

スポンサーリンク