斎藤浩一の顔!Facebook!宇都宮の事故現場判明?飲酒運転隠しのひき逃げか?

25日午後9時ごろ、栃木県宇都宮市で、会社員の男が男子高校生をひき逃げした疑いで逮捕されました。

容疑者の男性の名は、斎藤浩一(35)。

ひき逃げした後、自ら110番通報したとされています。

 

自首したにしろ、人を轢いて逃げるなんて言語道断です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 




 

ニュース概要

 

以下が、Yahoo!ニュース速報になります。

25日夜、栃木県宇都宮市内の路上で男子高校生をひき逃げしたとして、35歳の会社員の男が逮捕されました。男は事故後、自ら110番通報していました。  ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、宇都宮市の会社員・斉藤浩一容疑者(35)で、25日午後9時半ごろ、宇都宮市泉町の交差点で、横断歩道を渡っていた市内の高校に通う2年生の男子生徒(16)をはねて、そのまま逃走した疑いなどがもたれています。男子生徒は病院に運ばれ、頭蓋骨を折る重傷ですが、命に別状はないとみられています。  斉藤容疑者が事故後に自ら「人をひいてしまった」などと110番通報していたことや、目撃者の証言などから逮捕に至りました。斉藤容疑者は、容疑を認めているということです。  現場は見通しが良く信号機がある交差点で、警察は事故当時の状況を詳しく調べています。

参照:Yahoo!ニュース

 

5月25日、午後9時30分ごろ、栃木県宇都宮市泉町の交差点で、高校生がひき逃げされる事件が発生しました。

ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、斎藤浩一容疑者・35歳会社員の男性です。

彼は、引き逃げしたあと、怖くなったのか、110番通報しています。

 

高校生は、重傷を負いましたが、命に別状はないとのことです。

 

高校生の男の子が無事で、本当に安心しました。

 

後から、110番で自首したそうですが、もしかすると、飲酒運転隠しのためかもしれません。

 

その辺りのことは、この後に詳しく書いていきたいと思います。

 

まずは、容疑者について整理していきましょう。




 

 

斎藤浩一容疑者のプロフィール

 

斎藤浩一容疑者について、詳しい情報をまとめたいと思います。

 

名前:斎藤浩一(さいとうこういち)

年齢:35歳

性別:男

職業:会社員

住所:栃木県宇都宮市在住

その他:運転過失致傷の疑い

 

分かっていることは、これくらいでしょうか。

また続報で何か分かるかもしれないので、その時はまたお伝えしたいと思います。

 

 




 

 

斎藤浩一容疑者の顔

残念ながら、顔写真は公開されていないようです。

一体、どんな人物なのか気になります。

一刻も早く、顔写真を公開して欲しいです。

 

続報を待つしかないですね。

 




本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 




 

 

宇都宮市の事故現場判明?

 

 

宇都宮市泉町付近になります。

交差点がいくつかありますが、特定できそうです。

 

 

Googleマップ

記事の写真からして、池上町の交差点だと思うのです。

能開センターの向こう側に横断歩道があるのでしょう。

 

見通しは良いですが、曲がってくる車は、事故を引き起こす可能性はありますね。

でも、この辺りだと必ず下校時間は人通りが多いはずなので、事故には気を付けるはずなのですが、車が何かしら違反行為をしていたのは間違いないかもしれません。

 

飲酒運転、わき見運転等、事故になりうる原因はいろいろあります。

 

 

 




 

 

飲酒運転隠しのひき逃げ?

 

ひき逃げ自体あり得ない事なのですが、自首してきたと言うのが気になります。

ひき逃げしたのは、普通にみれば、パニックになって逃げたと考えるのが筋ですが・・・

飲酒運転隠しの可能性も高そうです。

 

会社員で午後9時ごろに通っていたということなので、コロナ禍の今なら店が閉まって、帰る時間と合致します。

怪しいですね。




 

 

皆の口コミ

 

 

いきなり飛び出される場合もあるから事故はしょうがない
逃げたら駄目だな
何で名前出さないの?ひき逃げ犯は漏れなく公表しろよ。

 

 

ドライバーが歩行者に自己防衛の重要性を体で理解させる教育をしたんだろ。
『反射材を着用しねぇとこうだ』
『ボーっと横断歩道を渡ってたらこうだ』
『見知らぬドライバーを信用していたらこうだ』
『横断歩道でも油断してたらこうだ』

ドライバーが何も考えずとも『痛い思いをする方が気を付ける』理想を叩き込んだんでしょう

 

 

もう車輌に通信させるシステム付けていったほうがいいんじゃない?
この場所、時間にどの車が走っていたかわかるようにして。
それに伴いひき逃げをさらに罪を重くして。

 

 

車優先と勘違いしてる運転手が多すぎる。

 

 




 

 

最後に

 

どんな状況であっても、どんな理由があっても、ひき逃げは許される行為ではありません。

斎藤浩一容疑者には、きちんと刑に服して欲しいと思います。

 

そして、このニュースを見て、このような事故が起きないように、毎日の生活で交通ルールをしっかりと守ることを気を付けていきたいですね。




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)