佐賀県嬉野町で90代男性が車でスーパーに突っ込む!名前や顔は?

 

11日午後4時50分ごろ、佐賀県嬉野町のスーパーの駐車場で、90代男性の軽乗用車が、駐車中の車3台と原付バイクに次々と接触した後、店舗に突っ込むという事故がありました。

 

何があったのでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう。




 

事件の概要

 

11日午後4時50分ごろ、佐賀県嬉野市嬉野町下宿のスーパーの駐車場で、90代男性の軽乗用車が、駐車中の車3台と原付バイクに次々と接触した後、店舗に突っ込んだ。  佐賀県警によると、原付バイクに乗っていた70代女性や店舗内にいた70代女性、20代と70代の女性店員ら計4人が軽傷を負った。  運転していた男性もけがを負い、病院に搬送された。佐賀県警鹿島署が原因を調べている。

出典:Yahooニュース

原付バイクを運転していた女性と店内にいた70歳の女性客、20代と70代の女性店員、さらに軽乗用車を運転していた90代男性がけがをして病院に搬送されたそうです。

 

いずれも軽傷であるようですが、いつ自分の身に起こるかわからない事故と言えそうです。

 

重傷者や死者が出なくてよかったと思います。

 

今回は運転手が90代と高齢です。

 

高齢者の免許返納は今のところ義務ではありません。

 

しかし、平均寿命、健康寿命が大きく向上しているため、認知機能や反射神経の老化がみられる高齢者の運転は問題となっていますよね。

 

今後このような事故は増えていくことが予想されます。

 

このような事故がたくさん起こるようであれば、免許返納を義務にしていく必要もあるのかなと考えます。

 

もちろんそれに伴って、環境づくりも必要です。




 

事件現場

ニュースによると佐賀県嬉野市嬉野町下宿のスーパーだそうです。


ここの近くのスーパーということですね。

 

地上から見たところ、田んぼや山が多く田舎のようです。

 

田舎は車がないと不便ですよね。

 

ですが、事故を起こしてしまう可能性が高い高齢者の方は免許返納をお願いしたいです。




 

男性の名前とプロフィール

名前:不明

年齢:90代

住所:不明

職業:不明

 

申し訳ございません、年齢以外の情報は今回入手することが出来ませんでした。

 

死者は出ていませんし、幸い軽症者のみですので、情報は追加されないかもしれません。

 

また、情報が更新され次第追加したしますので、今しばらくお待ちください。




 

みんなの声

賛否あると思いますがやはり免許定年制の導入か一定年齢から衝突安全装置付きの車両しか運転できない様に法改正をした方が良いと私は思います。
恐らく今回事故を起こされた御老人の御家族も免許を返納する様に御本人には常日頃言っていたと思いますが本人の同意が無ければ強制的に免許返納はできないでしょうから。

 

都会の人には他人事だろうが、これが地方の農村の現実。子供たちは都会に出ていき、老いた親だけで生きていくには、リスク承知で運転せざるを得ない。
行政もいい加減コミュニティバスがあればどうにかなるという幻想は捨てて、スーパーマーケットに補助を出してネットスーパーを普及させ、免許返納にインセンティブ出していかないと、高齢者の事故は増えるばかりだ。

 

なかなか難しいとこもあるとは思うけど、90超えても運転しないといけない現実が今の日本にはあるのが残念だと思う。車に乗らなくても、バスやタクシー、国や地方が頑張って車に乗らなくても外出できる環境を作らないと、免許返納なんてできない人たくさんいると思う。

 

つい一週間程前、目の前で高齢者の誤作動自損事故を目撃しました。
自宅の小屋に凄い勢いで突っ込まれた後、今度はバックで道路を横切り反対側の歩道に突っ込んできました。巻き添えになる人がいなかったから良かったけど、現実を突きつけられると背筋が寒くなりました。
その方はまだ70代くらいでした。
一度でも誤作動による自尊事故を起こした方は、大ごとにならないうちに、免許を返納してほしいです。車を維持する事を考えれば、週に一度タクシーを利用しても金銭的にはあまり変わらないと思います。上手くシフトしていけるよう、自治体は広報を工夫してほしいです。

 

地方で車が必要なのは理解できるが、
だからと言って他の人を危険にさらして良いわけではない。
やはり何らかの法を作らないといつまで経っても、こんな事故は無くならない。
いや、少子高齢化で更に増える。
最低でも80歳超えたら1年、85歳過ぎたら半年ごとに適性検査をして
パスしなければ免許定年制など早期に導入すべき。
いつ、だけが犠牲になるか分らない。

 

車がないと不便な市町村はたくさんあるが、
事故起こした90代男性も車がないと買い物とか病院とか行けなかったのかもしれませんね。もうご高齢の方ですから免許返納して
介護ヘルパーさんに頼むとか送迎バスがあれば利用するとかしないと事故起こして一般の人たちが被害にあい危険にさらされます。ご高齢の方でも毎日仕事で運転してる方たちやプロドライバーの方々は運転は大丈夫だとは
思いますが、80代90代のたまにしか運転されない一般の高齢者の方はやはり免許返納される方向が安心です。

 

 

老人はとっさの判断はもとりよ、反応も鈍く、おまけに事故した瞬間に泡立てパニックになり、アクセルとブレーキの踏み間違えとかをする、、、地方では老人には車が必要だと言われるが、都会と地方でも人の命は同じです、やはり老人には免許も定年制度の導入が必要、そして自治体も老人向けの循環バスとか共同の乗り物を提供しないといけない、そうでないと、老人による悲惨な事故の犠牲者が出ます。

 

確か飲酒運転で、東名の用賀の炎上事故とどっかの県の公務員が橋で死亡事故起こしてすぐに法律変わったのに、ナゼ老人の起こした明らかに年齢の衰えによる死亡事故がしかも被害者多いのに法律変えないのか?
世の中を牛耳ってのが年寄りだからか、結局クルマ買う層が年寄りに多いからメーカーの圧力あるのか、どっちかな気がして仕方ない。

 

 

私の父親も80代半ばですが、鹿児島県の田舎では車が無いと生活できません。
免許更新時もちゃんと検査を受けて合格してますが、咄嗟の判断とかできるのか不安です。
自爆はいいけど、他人を跳ねたりしないよう祈るばかりです。

 

死者が出なくて良かった。やはり運転免許も定年制度を導入しないと これまでも何人も犠牲になり亡くなった方もいらっしゃるし 田舎は車が…無いと…と言われてますが、そんな事言ってる場合ではなくなってる。もしも?をなぜ考えないのかなー?? やはり自己優先なんだろうか??

 

高齢者はタクシーを含めて公共交通を無料にするとか1回100円にするとかしないと免許返納は絶対無理

 

独り暮らしだったのかな?
家族がいたら
“いい加減 運転やめなよ。返納しよう” って
言わないもんかね?
人を死なせでもしたら どう償う?




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)