厚労省職員パワハラ男の名前!顔!パワハラ相談担当が部下にパワハラ!

近頃社会問題となっているパワハラを防止するために旗振りを務めている厚生労働省で29日に部下だった男性にパワーハラスメントをしたとして、

当時、パワハ相談担当の男性を、減給1カ月の懲戒処分にしたと発表されました。

男性は部下の男性に

「死ねっつったら死ぬのか」

などの暴言や威圧的な口調で指導を繰り返していました。

パワハラを防止するためにいる相談担当がパワハラをしていると、ものすごい矛盾がありますよね。

今回、この問題について調べてみました。

スポンサーリンク



概要

厚生労働省の「パワハラ相談員」が、部下の男性に対しパワハラを行い、懲戒処分とされたことがわかった。 厚労省内でパワハラの防止を担当していた「パワハラ相談員」の男性職員は、2017年4月からおよそ1年の間に、当時29歳だった部下の男性に対し「死ねっつったら死ぬのか」などと暴言を繰り返していた。 部下の男性は2020年3月にうつ病を理由に退職し、3月2日に公務災害と認められていた。 厚労省は男性職員を減給1カ月の懲戒処分とし、「再発防止に努めてまいります」とコメントしている。

出典:yahooニュース

厚生労働省は部下だった男性に暴言などのパワーハラスメントをしたとして、

29日に政策統括官付社会保障担当参事官室の室長補佐(当時)の男性を、

減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと報道がありました。

暴言の具体的な内容を明らかにしていませんが、パワハラを受けた男性によりますと

「潰してもいいのか」とか「死ねといったら死ぬのか」

そう公衆の面前で繰り返し罵倒したとのことです。

被害を受けた部下の男性は、パワハラ相談員からパワハラを受けたことで、誰にも相談できずにうつ病を理由に退職し、

3月2日にパワハラが原因だったとして、厚労省は民間企業の労災にあたる「公務災害」に認定していました。

この補佐官は、ハラスメント防止のために各課に配置された「パワハラ相談員」だった。

今回のこの処分を被害を受けた男性は「処分軽すぎて抑止力にならない」と、遺憾の意を表していました。

退職まで追い込まれたのに、追い込んだ奴が減給だけなんてやるせない気持ちになるのも当然です。

公務員だからって甘い処分だと、被害を受けた男性のような方を増やすのではと思いますね。

スポンサーリンク



パワハラ相談員のプロフィール

名前:不明

性別:男

年齢:不明

職業:政策統括官付社会保障担当参事官室の室長補佐 

(パワハラ相談担当)

顔や名前を特定しようと試みましたが、減給程度の懲戒処分だったためか個人を特定できる情報はありませんでした。

今後も情報を追っていこうと思います。

スポンサーリンク



パワハラに深夜宴会、不祥事続きの厚生労働省

厚生労働省は令和2年6月1日大企業に、

さらに令和4年に中小企業に向けてパワハラ防止対策を義務化していました。

そんな義務を課した厚生労働省のパワハラ相談担当がパワハラをした問題と同時にこんな問題も出ています。

厚生労働省の職員23人が、緊急事態宣言解除3日後の24日、深夜近くまで銀座の居酒屋で宴会をしていたこと報道がありました。

このコロナ禍で宴会の自粛を呼びかけてる人たちがなぜ宴会してるのでしょうか…。

さらに、宴会を開いたのは高齢者政策を担当する老健局の職員23人で、

高年齢の人たちと関わることが多い人なら尚更自粛するべきだと思います。

この深夜宴会については30日に説明があるということで、情報を待ちましょう。

不祥事続きの厚生労働省に世間は不信感を募らせています。

厚生労働省今後のを対策が気になりますね。

スポンサーリンク



ネットの反応

SNS

パワハラ防止を指導する官公庁でパワハラが起きるという皮肉(笑)
懲戒免職処分で良い。処分が甘すぎる。

警察官が犯罪を犯したら依願退職が通例。

厚労省が労働基準法に反するような行為をすれば依願退職を薦めべきだ。

公務員は身内に甘過ぎる。

「パワハラとは何か」についての知識は今の時代は専門家でなくても分かるだろう。増してやそれを仕事でしているとな。なのにそれをしてしまったとな。たぶんメタ認知能力と自己管理能力が低いんだろうね。だから自分の言動を客観的に把握できなかったり、その上でのコントロールができないんだろう。

そういう人の言動は、こんな感じで大喜利のようになってしまう場合がある。そういう例だと思う。

パワハラ担当と言っても、役職による充て職だった気がする。日頃から充分気をつけていれば、起こらないことですよね。感情のコントールをお願いします。

一部上場の会社員ですが。人事部長がパワハラ部長でこの春出世しました。担当役員は何もわからない。ホットラインも人事部長が担当で、最初に見るから誰も言えない。このような会社、いくらでもあるのではと思います。潰れた社員が可哀想で仕方ないです。人事部長の人選には慎重にして欲しいと切に思います。

懲戒処分だけでなく、人事異動すべきでは?

普通にパワハラをするような人が、パワハラ被害者のことがわかるとは思えない。
お笑いネタのような事件だが、パワハラでうつ病になると本当に悲惨なので善処して欲しいと思う。

パワハラ撲滅担当省の
パワハラで困っている職員をフォローする
パワハラ相談担当が起こしたパワハラ事件。
日本は大丈夫か?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)