泉佐野市職員の名前!顔!1億5000万円着服!家族旅行で豪遊!

29日、大阪府泉佐野市の市職員の女性が、

介護を受ける高齢者への給付金約1億5000万円

着服していたことが明らかになりました

女性は懲戒免職になったそうです。

市民の血税1億5000万が、一職員の手に渡っていたとは・・・

なぜ、今まで気づかなかったのでしょうか。

そしてなぜ、女性職員はこれほどの悪事に手を染めてしまったのでしょう。

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

大阪府泉佐野市の女性職員が、介護を受ける高齢者への給付金を着服していたことがわかりました。 29日付で懲戒免職になったのは、泉佐野市健康福祉部の非正規職員の女性(59)です。

女性職員は、介護を受ける高齢者が住宅改修費や福祉用具の購入費の給付を受けられる制度を悪用し、既に死亡した人を装い、架空の申請を行っていました。 2月から給付の仕方が口座振り込みのみになったことで、別の職員が確認していたところ、女性職員とその家族に振り込まれたことがわかり、発覚しました。

着服額はあわせて11年で1億5000万円を超えるということです。

女性職員は市の聞き取りに対し旅行や車の購入費にあてたと話しているということで、泉佐野市は女性職員を刑事告訴する方針です。

 

出典:Yahoo!ニュース

 

事件のはじまりは、2009年まで遡ります。

大阪府泉佐野市の介護保険課勤務の女性職員(59)が、

介護を受ける高齢者向け給付制度を悪用して、

架空の申請を行い、給付金を着服していたのです。

既に死亡した人の申請を装い、

自分自身と家族にお金を振込んでいたようです・・・

2021年2月分だけでも、105万円を着服していたそうです。

女性は少なくとも1200件以上、

約1億5000万円を着服していたことが判明しているとのこと。

市は女性職員を懲戒免職し、刑事告訴する方針とのことです。

しかし、刑事告訴して女性を罪に問えたとしても、

1億5000万円の返済能力がこの女性職員にあるでしょうか・・・

2009年から不正をしていたということは、

少なくとも10年以上働いている職員で、

周囲の信頼はあったのではないかと思います。

しかしこのような事件が起きると、

市のチェック体制はどうなっていたのか気になってしまいます。

特に泉佐野市民にとっては許せない話ではないでしょうか。

スポンサーリンク



事件の現場!大阪府泉佐野市役所

出典:Yahoo!ニュース


事件が起きた場所は、

大阪府泉佐野市健康福祉部介護保険課です。

出典:Yahoo!ニュース

コロナ対策のためか間仕切りがあるようですが、

ごく普通の市役所のように思えます。

はたして管理体制が整っていたのかが、気になりますね。

 

スポンサーリンク



女性職員プロフィール

容疑者のプロフィールをまとめました。

  • 名前 不明
  • 年齢 59歳
  • 職業 市職員(非正規職員)
  • 所属 泉佐野市健康福祉部介護保険課
  • 住所 不明

女性職員は、非正規職員だったことが判明しています。

非正規職員が、なんのチェックも受けずにこれだけの大金を動かしているのが

ものすごく不思議ですね・・・

現在のところ女性の顔、名前は公開されていません。

名前が不明のため、Facebookなども確認ができていません。

彼女のプロフィールについては、引き続きリサーチしてまいります。

スポンサーリンク



横領の動機

出典:Yahoo!ニュース

女性が着服した動機ですが、

車の購入や、家族旅行にあてたと話しているそうです。

家族旅行に行ったとしても、

とんでもない豪遊していたとしか思えない金額ですね。

着服したお金は、家族の口座にも振り込まれていたということ・・・

家族は女性の悪事を知っていたのでしょうか?

口座に振り込まれるお金を、何の疑問も持たずに使っていたとは

考えにくいのですが・・・

厳しい言い方ですが、同罪としか思えなくなってしまいます。

金額があまりに大きいので、車や家族旅行以外にも

お金を流用していた可能性は高いです。

詳細は引き続きリサーチしてまいります。

スポンサーリンク



みんなの声

横領・着服が頻発している。
ひとりの人間が長く担当していればこうなりやすい。
非正規の人間を長年こんな担当にしていた組織の問題もあるのではないか。
この職員を告訴した経費も掛かり危機管理がなっていない。

 

11年も気付かない管理体制が信じられない。
この手の事件は何故か女性が多い。
会社の経理等お金を任せっぱなしの場合は、定期的に担当を入れ替えるなりしないと危険。

 

振込んだ口座名義人の家屋や車売っても賠償できそうにない額だな。自己破産でも何でもさせてできるだけ回収。
で、横領での自己破産は生活保護は受けられない制度にするべきだな。

 

非正規職員なら正規職員の補助的な事務をしていると思う。金銭の扱いは重い責任が伴うから通常は正規職員の担当だろう。なぜ非正規の職員が一人で1億5千万もの公金を横領できたのか。はなはだ疑問だ。内外に共犯者がいたのではないか。

支出の際に収入役がチェックするだろう。フリーパスだったのか。上司はハンコを押すだけだったのか。定期監査でなぜ不正が発見できなかったのか。市の管理体制に構造的な問題があるような気がする。高い介護保険料を払っている市民はやりきれないだろう。

 

ふるさと納税で絶好調だから監査がゆるかった?そんなことないか

 

金銭管理マニュアルがあるはずなのに、どうなっていたのか。
それも、非正規職員が11年間も発覚しなかったのが、おかしい。
また、市町村によって異なるが一般的には、非正規職員は任期が5年間ではないのかな?
2月までは、どの様な給付金の支払い方法だったのか。
信じられないが、現金支給で発覚しなかったのかな?
確か2年に1度の会計監査ザルだったのか。

 

1.5億の内いくら残っているのか分かりませんが、どうやって返済するのでしょうか?
着服したお金を自己破産できるのか知識がないので分かりませんが、もしできるのなら
到底納得できませんね。
本人はもちろんですが、家族や親族から全て返済してもらわなければ!
あと、こんな事ができてしまう体制にしていたのも悪い!
もしかしたら、この手の事は氷山の一角で
こういう事をしている人はまだまだいると思うので経理部門の管理強化を官、民の両方にして頂きたい!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)