吉岡桃七を殺害した犯人の男は誰?顔写真とfacebook!大学は?大阪府大東市での事件!

28日に大阪府大東市にあるマンションにて

 

住民である私立大4年の松岡桃七さんが殺害される事件がありました。

 

事件が起きた際、松岡さんの真下の階から火災があり

 

また真下の階と松岡さんの部屋のベランダは繋がれていたということで

 

下の階の男性が吉岡さんを殺害したのでしょうか・・・?

 

非常に心象の良くない事件ですね。

 

今回は事件の概要や犯人のプロフィール、事件現場などについて見ていきましょう。

 
 




 
 


 
 

事件概要

 

大阪府大東市のマンション3階の一室で28日朝、若い女性の遺体が見つかった事件で、室内に複数の刃物と血の付いたバールのような鈍器が残されていたことが捜査関係者への取材で判明した。大阪府警は同日、女性はこの部屋に住む私立大4年の吉岡桃七(ももな)さん(21)と確認されたと発表。全身に切り傷や殴られた痕があり、府警は殺人事件とみて調べている。  事件を巡っては、近隣住民の110番で警察官が現場に到着した直後、真下の2階の部屋から出火。住人の40代とみられる男性が室内で倒れ、間もなく死亡した。二つの部屋のベランダにははしごが掛けられており、府警は男性が殺害後に自室に戻って自殺を図ったとみて、身元や詳しい動機の特定を急いでいる。  捜査関係者によると、吉岡さんは1人暮らし。ワンルームのベッド横でうつぶせの状態で倒れていた。吉岡さんの部屋のベランダに掛けたはしごを上ったり、下りたりする人物の目撃情報がある。男性は2階に移動後に自ら火を放ったとされ、室内では油のような臭いが確認された。男性に目立った外傷はなかった。吉岡さんと男性の間にトラブル情報はないという。  現場はJR片町線住道駅から北東約900メートルの住宅街。通報した近所の男性会社員(46)は同日早朝、「お母さん、お母さん」という女性の叫び声を聞いた。現場マンションを見ると、緑色の服を着た男性が大声を上げて3階の部屋のベランダに現れ、はしごをつたって2階の部屋に下り、間もなく2階から火や黒煙が出たという。男性は「こんな身近な場所で殺人事件が起きるとは思わなかった」と驚いた様子で話した。

引用:Yahoo!ニュース

 

28日の午前に大阪府東大和市のマンションにて

 

3階に住む吉岡桃七(21)さんが殺害されている姿で見つかった事件のようですね。

 

吉岡さんの部屋のベランダと2階の真下の部屋とははしごで結ばれており

 

下の階では火災が起きていて、中では40代の男性が死亡していたとのことです。

 

吉岡さんの窓がバールで開けられていたこと、また隣人が吉岡さんの叫び声を聞いていることから

 

下の階に住む男性が吉岡さんの部屋に侵入して殺害、その後自室で放火して自殺した疑いが持たれています。

 

吉岡さんの友人からは「隣人トラブルはなさそうだった」といいう証言があることから下の階の人との関わりもなかった可能性が高そうですが

 

吉岡さんは大学生ということですから、日常的に部屋で騒ぐなどして

 

下の階に住む男性へストレスを与えてしまい、今回のような突発的な事件が起きたのではとも考えられます。

 

何れにせよ暴力、挙句の果てには殺人という行動によって自分の意思を押し通そうとするのは人の道からは大きく外れていることですね・・・。

 

 

 
 




 
 


 
 

犯人のプロフィール

名前:不明

 

年齢:40代

 

性別:不明

 

職業:不明

 

学歴:不明

 

ほとんどの情報が報道されていません。

 

今回の事件ではなぜか被害者である吉岡さんの方が情報が開示されているという、

 

被害者に対しての配慮が全くなっていない状況になってしまっています。

 

なぜ犯人ではなく被害者の方の情報を開示するのか理解に苦しみますが

 

今後犯人の情報も少しずつ出てくるのではと思います。

 

新たな情報が入り次第報告いたしますので、続報をお待ちください。

 

 

 
 




 
 


 
 

犯人の顔写真

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方独自に顔写真やそれに

 

準ずる写真に関して、独自に調査の方をさせていただきました。

 

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見できなかったため、発見し次第報告いたします。

 

 

 
 




 
 


 
 

犯人のfacebook

こちらの方で独自に、facebook上で名前検索を行ったり、またそれに該当しそうな人物の手がかりから特定を試みました。

 

しかし該当人物に関するfacebookの情報を特定することはできませんでした。

 

今後、それらしきアカウントが発見でき次第報告いたします。

 

 
 




 
 


 
 

犯行の動機

犯人である男性は死亡してしまっている上に、遺書などもありませんから

 

犯行の動機については報道されていません。

 

報道上では吉岡さんと犯人の男の間では隣人トラブルはなかったそうです。

 

報道の記述では吉岡さんの部屋がある3階に上がってきた際に

 

男が大声をあげて・・・という記述もありますから

 

行動の異常性から見ても精神的に病んでいたという可能性も考えられます。

 

なにわともあれ何の罪もない方が殺害されるというのは大変心が痛む事件ですね。

 

被害者も犯人も死亡してしまっていますから事件の真相はわからずじまいです・・・。

 

 
 




 
 


 
 

事件現場

引用:共同通信

 

こちらが事件の外観になります。

 

報道では大阪府大東市谷川2丁目の5階マンションと報道されていましたね。

 

この外見からマンションを特定しました。

 

マンションは「タカシハイツ」のようですね。

引用:LIFULL HOME’s

外見と隣にある建物からほぼ間違いないようです。

 

非常に見晴らしがいい通りにありますから今回の騒動を目の当たりにした人も多かったでしょうね。

 

こんな誰からも見える場所で犯行に及ぶとは、常人の発想ではできないことですよね・・・。

 

 
 




 
 


 
 

世間の声

怖すぎる。気の毒としか言えない。
マンションの隣人をここまで疑うことはできないだろう。
注意のしようもない…
ご冥福をお祈りします。

 

どんなに防犯しても、ベランダからハシゴ使って入ってこられたら無理。ここまでされると窓に鍵かけてても無駄な気がする。異常だわ。

 

今回の事件について被害に遭われた吉岡さんや家族の気持ちを慮るコメントや

 

犯行に及んだ男の異常性について言及するコメントが寄せられました。

 

隣人トラブルはなかったということですから

 

吉岡さんからするといきなり男が乗り込んできて殺されたということになります。

 

大変理不尽なことですし、犯行に及んだ男の思考回路も非常に理解に苦しむものですよね。

 

お母さんお母さんと叫んでいた

恐ろしかったと思います。自分にも娘がいるので、非常に心が痛みます。
ご冥福をお祈りします。

被害者の方について、何故フルネームで丁寧にふりがなまで打って報道するのか、理解に苦しみます。ご遺族の苦痛が倍増するだけだと思います。

私たちは知る権利を持っていますが、被害者のフルネームを知りたいとは、全く思っていません。報道しない自由の使い所を、メディアは常に間違っています。

 

また今回の騒動について、事件自体ではなくメディアの情報開示のあり方についても批判のコメントが寄せられました。

 

この記事を読んでもわかることですが、犯行に及んだ男より被害者の人の方が情報が開示されるという理解不能な状態になっています。

 

情報が世に開示されるということは現代において有利に働くこともありますが

 

今回のような負の要素しかない報道ではよくないもてはやされ方をされるだけです。

 

被害にあった人には安らかに冥福を祈るというのが正しいあり方であるのに、被害者にとってマイナスな報道のされ方をされているというのは確かに不思議でなりませんね。

 
 
 




 
 


 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)