西川口駅で中学生を投げた男の顔写真・Facebook!撮り鉄同士の列車撮影巡りトラブルで頭骨折

25日の夕方、

 

埼玉県川口市のJR京浜東北線西川口駅のホームで1男子中学生が駅のホームで10〜20代の男に投げられ

 

頭蓋骨を負傷する傷害事件がありました。

 

撮り鉄同士の揉め合い事件でしょうか。

 

現時点では犯人の男は逃走中ということで

 

これ以上被害を増やさないためにも早く捕まってほしいものです。

 

犯人は一体どのような人物なのでしょうか、また今回の事件の動機はどのようなものなのでしょうか。

 

事の詳細を見ていきましょう。

 

 
 
 




 
 


 
 

事件概要

埼玉県川口市のJR京浜東北線西川口駅のホームで25日午後5時20分ごろ、男子中学生が男に投げられ、頭の骨が折れる重傷を負った。県警によると、中学生は命に別条はないという。男は直後に到着した電車に乗って大宮方面に逃走したといい、県警は傷害などの疑いで行方を追っている。  川口署によると、男は事件前、臨時快速列車「あしかが大藤まつり号」の撮影をめぐり別の男子中学生とトラブルになっていた。被害に遭った中学生も列車の撮影で来ており、男はトラブルの様子を中学生がスマートフォンで撮影していることに気付き、ホーム上に押し倒すように投げたという。  男は10~20代で、身長約170センチ。細身の短髪で、マスクをつけていた。被害者の男子中学生と面識はないという。

引用:Yahoo!ニュース

 

JR京浜東北線西川口駅のホームにて、臨時快速列車「あしかが大藤まつり号」の撮影を巡って今回傷害を受けた男子中学生とは別の男子中学生と犯人の男が揉めていたことがことの発端のようです。

 

二人の口論の様子を今回傷害を受けた男子中学生が撮影を行っていたようで

 

それに気づいた犯人の男が撮影を行っていた男子中学生をホームに投げ、頭を負傷したというのがことの大筋です。

 

人が争っている様子を無断で撮影していた男子中学生の子も倫理観にかけるなぁといった印象ですが

 

それに対して叱りつけるなどして対処するなどことやりようはあったとは思うのですが

 

年下の子供に対して暴力で黙らせようとするというのは年上がやって良い行いではないですね。

 

事件現場にいた一般の方も今回の騒動には非常に驚いたことでしょう。

 

犯人は現在、大宮方面行きの電車に乗って逃げたようで

 

警察は現在進行形で捜索に当たっているようです。

 

 

 
 




 
 

犯人の男のプロフィール

名前:不明

 

性別:男性

 

年齢:10〜20代

 

身長:約170センチ

 

見た目:細身の短髪・マスク着用

 

職業:不明

 

報道では以上のような情報が得られていますね。

 

今回被害にあった男子中学生が犯人の口論の様子を撮影していたということでしたから

 

もしかするともう少し時間が経てば新たな情報が入ってくるかもしれません。

 

続報をお待ちください!

 

 

 
 




 
 

犯人の顔写真!

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方独自に顔写真やそれに

 

準ずる写真に関して、独自に調査の方をさせていただきました。

 

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見できなかったため、発見し次第報告いたします。

 

 

Facebookは?

 

こちらの方で独自に、facebook上で名前検索を行ったり、またそれに該当しそうな人物の手がかりから特定を試みました。

 

しかし該当人物に関するfacebookの情報を特定することはできませんでした。

 

今後、それらしきアカウントが発見でき次第報告いたします。

 

 
 




 
 

犯行の動機!撮り鉄同士の揉め合い?

犯行の動機については供述されていません。

 

他の報道の情報によると以下のような記述されています。

 

署によると、男は身長約170センチで上下黒っぽい服装だった。当時、鉄道ファン約10人がホームに近づく列車にカメラを向けようとしていた。男は前にいた別の中学生にしゃがむよう注意したが応じられず、首元をつかんだところを、男子中学生がスマートフォンで撮影しているのに気付いて押し倒したという。

引用:一般社団法人共同通信社

 

推測ですが、この記述を見ると犯人の男は撮り鉄というわけではないということが伺えますね。

 

マナー違反ギリギリの撮り鉄たちを見てそれをたしなめようとしたところ応じられず激昂、

 

またその様子を撮影されたことで暴力に訴えてしまったといった感じです。

 

なので初めは「マナー違反はよくない」という至極当たり前のことを注意しようという正義感が発端であったということまでは賞賛すべきことなのですが

 

応じられなかったといって暴力に訴えるというのは冷静な判断とは言えませんね。

 

撮り鉄の方々の中にはマナー違反ギリギリorモロ違反な方が多いと聞きますから

 

犯人の男は暴力に決して出ることなく言葉で説得し、撮り鉄の方々も素直に応じていれば防ぐことができた事件でしたね・・・。

 

 

 

twitter上でも今回の騒動について呆れる声が上がっています。

 

撮り鉄の方々も「鉄道が好きなんだ!」というピュアな心で撮影をしているというのは理解できるのですが

 

鉄道会社や鉄道を利用している他の方々に迷惑をかけてまで撮影するというのは

 

彼ら自身が愛する鉄道や鉄道を運営してくださっている人々への不義と言わざるを得ません。

 

マナーを守って撮影をしてほしいものです。

 
 




 
 

事件現場

事件現場は「JR京浜東北線西川口駅のホーム」です。

 

引用:Google マップ

 

 

今回騒動が起きた西川口はちょっと治安が悪いことで有名のようですね。

 

 

 

 

今回のような騒動も珍しくはなく、割とあるあるなことのようですね・・・汗

 

 

世間の声

駅だったら目撃者もいるだろうし、防犯カメラもあるだろう。早く捕まえてやってくれ。
命に別条はなくても、頭は本当に怖いからね。

 

犯人が捕まることを願うコメントが寄せられました。

 

今回男子中学生が撮った映像や、駅構内の防犯カメラ、目撃者の情報から犯人が捕まるのは時間の問題かもしれませんね。

 

どちらにも非がある

 

どっちもどっちなんだろう。最近、撮り鉄のマナーは悪いから事件になることも多くなるのでは。

 

また争いが起きた二者について、捕まった犯人だけでなく被害にあった撮り鉄の男子中学生たちにも非があるのでは?という声も上がりました。

 

犯人の男は彼らのマナー違反を注意し度が過ぎてしまったというだけであって、そもそもで言えばマナー違反をしてしまった彼らにも非があるのは確かですね・・・。

 

もう駅構内、鉄道敷地内すべて撮影禁止でいいよ。
同じ鉄道ファンとして情けない。

 

私も鉄道ファンだけど、幸い?撮り鉄ではなくて乗り鉄なので良かった。乗り鉄も車内で大声を出したりマナーが悪いこともあるけど、列車の運行自体に支障をきたすことは少ないと思う。

対して、撮り鉄はホームで黄色い線をはみ出して撮影したり、この前の多摩川の鉄橋侵入の件のように沿道沿いから線路内に最接近して撮影して列車が急停止したりと、列車の運行に支障をきたす事柄が多過ぎる。

 

また撮り鉄ファンの方から「同じ撮り鉄ファンとして恥ずかしい」とのコメントが寄せられました。

 

こういった事件があると撮り鉄の方々の印象が下がりますし

 

コメントしてくださった方々のようにマナーを守って鉄道を愛する人々もいます。

 

騒動に巻き込まれた撮り鉄の方々は今回の一件を受けて反省してほしいものです。

 
 




 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)