武藤貴也逃げた理由は?経歴は?家族や親は?ライン未成年売春の画像も!

国会議員在任中の2016年7月未明、都内でワゴン車を運転中にひき逃げ事故を起こしたとして、武藤貴也元衆議院議員が警視庁に

「ひき逃げなどの疑い」

書類送検送検されたことがわかりました。

被害者の男性(60)は接触した勢いでで転倒してしまい右腕およそ3週間のけがをしました。

付近にあった防犯カメラでワゴン車が特定されるなどして武藤貴也元衆院議員の関与が浮上したということですが果たして真相はいかに…

今回は武藤貴也元衆院議員について調査しました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

経歴は?

 

氏名:武藤 貴也(むとう たかや)

生年月日:1979年05年25日(41)

出身地:北海道白糖群音別町

最終学歴:京都大学大学院修了

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

ひき逃げの疑い

 

 

 

 

 

 

 

車で人身事故を起こして逃げたとして、警視庁野方署は1日、元衆院議員の武藤貴也容疑者(41)(東京都世田谷区代田)を道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で東京地検に書類送検した。

出典:yahoo

 

本人は「黙秘している」とのことですが真相はいかがでしょうか

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

家族は?

 

武藤貴也さんの家族について調べました。

まずは武藤貴也さんの家族についてですが、結婚という情報はありませんでした。

次は親について調べて行くと武藤貴也さんの両親が映っている写真を発見しました。

 

どちらかとゆうとお母さん似でしょうか?

優しそうなお母さんとお父さんで暖かい家族なのが写真からわかります。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

過去の事件、ライン未成年、未公開株

 

 未公開株をめぐる資金トラブルに続き、未成年男性の「買春」を報じられた武藤貴也衆院議員(36)。2つの騒動はともに無料通話アプリ「LINE」を通じて「証拠」が浮かび上がった。

LINEのメッセージは、一度送ると自力で削除できず相手のトーク画面に残り続ける、という特徴を持つ。こうしたことから、ネットでは「LINEは証拠として残しやすい」といった指摘も出ている。

 

武藤議員の疑惑を相次いで報じた「週刊文春」は、情報提供者と武藤議員とされる人物がLINEで交わしたメッセージを「証拠」の1つとして示した。

2015年8月19日発売の同誌(8月27日号)によると、武藤議員は学生時代からの知人に未公開株の購入を持ちかけ、出資を募った。LINEを使って知人に投資話を伝えたのは、14年10月29日。必要な資金額を提示した後、

「この案件はクローズだからね。正直証券会社からもうちが国会議員のために枠をおさえているのと(原文ママ)が一般に知れたら大変だと言っています。その辺呉々も注意して下さい」

と口止めともとられかねない書き込みを投稿したとされる。

続いて、15年8月27日発売号(9月10日号)は武藤議員が19歳の未成年男性を「買春」したと報じた。ここでも、カギとなったのはLINEでのやり取りだ。

記事によると、武藤議員は1回2万円で性行為に及んだ。未成年男性には、「俺の言うこと全て言いなりになるなら振り込む」「奴隷だよ」とのメッセージを送っていた。さらに、同誌が武藤議員へ直接取材した後には、武藤議員とされる人物から、

「俺がゲイだってことを日本全国に知らせることはやめさせて欲しい」

との「口封じ」とも受け取れるLINEメッセージが未成年男性のもとに送られてきたという。

8月27日18時現在、武藤議員はフェイスブックなどで文春の報道に反応していない。

自身の送るLINEメッセージが「証拠」にされていく。そんな様子を見たツイッターユーザーは、

「LINEは証拠として残しやすい」
「LINEで証拠残したのが悪かったなぁ」

といった声を寄せている。

確かに、LINEのメッセージはメールのように、一度送ると自力で削除できない仕組みだ。自分のトーク画面で削除したメッセージも、相手のトーク画面に残り続ける。これはアカウントを削除しても変わらない。相手からすると、何かあった際の一つの証拠になる、とは言える。

最近では、LINEのメッセ―ジが事件の「証拠」となるパターンが増えている。15年8月に発生した大阪府寝屋川市立中学1年の男子生徒、女子生徒が殺害された事件をめぐっても、女子生徒の足取りをつかむ上で、友人と交わしたLINEメッセージが大きな手がかりとなった。

また、15年3月に川崎市立中学1年の男子生徒が殺害された事件でも、男子生徒と容疑者らが交わすLINEでのやり取りが捜査を進展させている。

ただ、自分のトーク画面に限っては相手のアカウントネームを自由に変更できるため、証拠としては心もとない、という声も一部で見られる。

出典:J-CASTニュース

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

ネットの声

5年前の事故であり「なぜいま?」などの声が挙げられています

在職中の事故です。
事故直後に捕まっていれば、現職の国会議員によるひき逃げ事故として騒がれたはずだし、間違いなく議員辞職となっていたでしょう。

責任の程度は、同程度のひき逃げ事故と比べても極めて重いと思います。

事故を起こして、なお被害者を保護するどころか、逃げる様な人が国会議員とは情け無い限りです。

 

昔だったら迷宮入りしていたはずの事件のはずが、防犯カメラってすごいね。近年の事件では防犯カメラで特定されるケースがかなり多いのでは?  一面で、それだけ監視社会になったとも言える。

 

何で今頃や!!!
離党しても元自民党の国会議員じゃないか。忖度していたのか。
議員辞めるまで、歳費も出てる。今後は、歳費没収にしてもらいたい。

 

ひき逃げ事故から起訴までに4年以上もかかるもんなのか?
というか黙秘を貫いているってことは反省や謝罪はしていないってことですね
ひき逃げはするわ、株の違法取引はするわで元議員っていうより完全に悪人ですね

 

5年で書類送検って遅すぎる。
警察も見せしめ捜査したような感じ。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)