水谷陽子の顔とFacebook!台東区の現場特定!動機は怨恨か!殺人後も仕事優先のヤバイ奴?!

6日午前3時ごろ、東京都の台東区のマンションで、

45歳の女性が交際相手の男性を、果物ナイフで刺殺するという事件が発生しました。

 

女性の名前は、水谷陽子です。

犯行に及んだ後もかなり堂々とした態度で、謎が多いですね。

詳しく見ていきたいと思います。

 




ニュース概要

 

以下が、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

 

東京・台東区のマンションで、交際相手の男性を刺した45歳の女が現行犯逮捕された。 男性は、その後、死亡が確認された。 水谷陽子容疑者(45)は、6日午前3時ごろ、台東区北上野の自宅マンションで、職場の元同僚で交際相手の男性を、果物ナイフで複数回刺し、駆け付けた警察官に殺人未遂の現行犯で逮捕された。 男性は、搬送先の病院で死亡が確認された。 被害者の男性からの通報で事件が発覚したもので、警察官が、マンションから出てきた水谷容疑者に職務質問をしたところ、「男性はもう死んでるかもしれない。これから仕事に行くので急いでいる」と話したという。 水谷容疑者は、警視庁の調べに対して、「ささいなことで、けんかになった」と供述している。

参照:Yahoo!ニュース

 

6日午前3時ごろ、台東区北上野の自宅マンションで、

45歳女性・水谷陽子容疑者が交際相手の男性を果物ナイフで刺して殺した疑いで逮捕されました。

 

被害者の男性からの通報で、警察が駆け付けたところ、部屋から出てきた水谷陽子容疑者を目撃。

職務質問をしたところ、「男性はもう死んでいるかもしれない、仕事に行くから急いでいる」

と平然と答えたそうです。

結果的に容疑は認めているようですね。

 

職質で、男性が死んでいるかもしれないのを知っているのに、仕事に行くと答えるのは謎過ぎますね。

口実なら分からなくもないですが、男性が死んでるかもしれないと言う事実は、人間の心理的に口をつぐむのが一般的なイメージです。

 

ヤバイ一面を持った人物なのかもしれません。

 

そのことは、後で詳しく書きたいと思います。

 

それでは、水谷陽子容疑者の詳細について詳しく見ていきましょう!

 




 

水谷陽子容疑者の顔

残念ですが、水谷陽子容疑者の顔写真は公開されていませんでした。

男性は死亡してしまっていますし、きちんと実名も報道されているので、もしかすると顔写真や画像も公開されるかもしれません。

 

続報を待ちましょう。

この様な犯罪を犯した人は、しっかりと情報を公開して、国民に周知して欲しいですね。




 

水谷陽子容疑者のFacebookは?

水谷陽子で検索してみましたが、アカウントを持っていないようでした。

 

他のSNSも調べてみましたが、水谷陽子さんがたくさんいらっしゃるので特定はできませんでした。

今後も何か有力な情報が掴めないか調べてみたいと思います。

何かつかめ次第追記します!

 




 

台東区の現場マンション特定!

 

 

Googleストリートview

 

場所は、恐らくここではないかと思います。

 

セピアビューハイツ上野というマンションです。

 

完全にここという記述はないので、分かりませんが、場所の感じからしてこの辺りなのだと思います。

 

違う可能性もあるので、断定はできません。

 




 

犯行の動機は?

 

果物ナイフで人を殺すなんて、相当強い力で刺さないと不可能ですが、複数回刺した痕跡があると言うことなので、出血多量で亡くなったと言うことでしょうか。

 

複数回刺したというところからも分かりますが、相当恨みを持っていた可能性がありますね。

些細な喧嘩で刺してしまったと言っていますが、その時ばったりの些細な喧嘩でめった刺しにはしないでしょう。

普段から不満が積もり積もっていたと言うことです。

 

交際相手ともめる理由は、お金か不倫かでしょうか。

職質されて逃げ道に仕事を選んでいることから、お金関係のトラブルの方が有力な気がします。

 




 

どんな時も仕事優先?

 

ネットでは、ある意味仕事人間と話題に上がっていました。

マンションから出てきたところを職質されたようなので、平然と仕事に行こうとしたというよりは、仕事を理由にその場から早く立ち去りたかったのでしょうね。

 

そんな時間に仕事に行く人は、あまりいませんが・・・

普段から夜に仕事が入るような職業だったのでしょう。

 

男性が死んでいるかもしれないと言ってしまったのは、少し気になるところです。

 




 

皆の口コミ

職務質問に対する受け答えの発言にびっくり…
殺人で相手が亡くなっているのに仕事って…

果物ナイフで殺害って相当力を込めて刺したって事だよね。
ずいぶん怨恨があったのかなと感じる。

 

>容疑者に職務質問をしたところ、「男性はもう死んでるかもしれない。これから仕事に行くので急いでいる」と話したという

季節がら、ヤバイ部分が出てきちゃったのか?

 

当然、何事も仕事が優先!

しかし、仕事に支障がでる事をやってはいけない。

まだまだヒヨコな仕事人である。

 

 

殺したの分かってるのに、まるで道端でインタビューを受けて断るかの言い訳。「人殺しちゃったけど今急いでるんで」ってそんな事が通じると思っているのかな?

 

 

些細なことで喧嘩して刺したらダメ!怪我してる人を放置するなんてダメ!そんなこと子供でもわかるよ。

 

被害男性の実名は報道しないの?
立川の事件と何が違うの?

 

 

最後に

 

どんな理由があっても人を殺すようなことはしてはいけません。

恨みや妬みがあったとしても、そんなことで人を殺してしまうような人にはなりたくないですね。

 

 

このニュースを見て、このような事件が減っていくことを願っています。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)