水間丈智(39)の顔写真とFacebook!警察官を騙って学歴や家族構成!詐欺を働いた動機は?

23日に隊を拠点として特殊詐欺を働くグループのリーダー格と思われる水間丈智が逮捕されました。

 

去年の2月に共謀者と警察官を騙って70代の女性からキャッシュカードを盗み取って現金を引き出そうとしたようです。

 

「警察官を騙る」というのが非常に心象が悪い手口です。

 

被害にあった70代の女性からすると「警察官」というステータスを見せびらかされたためにキャッシュカードを渡すことに歯止めが聞かなかったのでしょうね。

 

今回は水間丈智のプロフィールや犯行の動機について見ていきます。

 

スポンサーリンク



事件概要

 

タイを拠点にした特殊詐欺グループのリーダー格とみられる39歳の男が大阪府警に逮捕された。

24日送検された水間丈智容疑者は、去年2月、実行犯の男らと共謀し、奈良県に住む70代の女性から警察官をかたって盗み取ったキャッシュカードを使って、現金を引き出そうとした窃盗未遂の疑い。

大阪府警によると、水間容疑者はタイを拠点にした特殊詐欺グループのリーダー格とみられ、既に逮捕されている男らの調べで、関与が明らかになった。

水間容疑者はタイで不法残留のため、現地当局に拘束され、23日、府警に身柄を引き渡された。

府警は詐欺グループの全容解明を進める方針。

引用:読売テレビニュース

 

23日にタイでの不法残留のために身柄を拘束され、24日に書類送検をされたようですね。

 

特殊詐欺グループの首謀者であることに加えて、タイでの不法残留までしていたのですね!

 

24日の書類送検では、70代の女性に警察官を騙ってキャッシュカードを盗み取った疑いがあるようです。

 

社会的にも信用度が非常に高い警察官を騙ってキャッシュカードを騙し取るというのが非常に巧妙な手口ですね。

 

警察官を騙る彼らと話すときにそばに誰かがいれば問題はないでしょうが、1対1で話すということになると

 

「国家の中でもトップレベルに信用できる警察の方のいうことだから信じても大丈夫か」という気持ちになって

 

キャッシュカードを渡してしまうかもしれませんね。

 

特に人を過度に疑うことを知らない人の良い方だと特に被害に遭いやすいかもしれません。

 

人の良さに付け込んで騙すというのは大変好ましくない行いですね・・・。

 

今回の一件でしっかりと反省してほしいものです。

 

 

スポンサーリンク



水間丈智のプロフィール

名前:水間丈智(みずま たけとも)

 

年齢:39歳

 

性別:男

 

職業:不詳

 

学歴:判明せず

 

家族構成:判明せず

 

報道されたプロフィールは上記のようなものでしたね。

 

学歴や家族構成に関して独自に調べさせていただきましたが有力な情報は見つかりませんでした。

 

報道では活動の拠点をタイにおいていたということで日本語検索で出てくるウェページにはあまり情報が転がっていないのかもしれませんね。

 

職業に関しては不詳ということでした。

 

報道では特殊詐欺グループのリーダー格ということでしたので詐欺によって生計を立てていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク



水間丈智の顔写真!

報道の動画より水間丈智の顔写真を入手できました。

 

見てくれだけで言えばそれほど怪しい方ではなく

 

「しっかりとした方そうだなぁ」という印象を持ってしまうほどの好青年ではありますね。

 

特殊詐欺グループのリーダー格ということでしたので、自ら今回のような警察官を騙る手口で何かを騙し取る活動をするということはなかったのかもしれませんが

 

もし警察官に扮した格好で迫られると「この人なら信用してもいいかも・・・」

 

という気持ちになってしまうかもしれませんね笑。

 

スポンサーリンク



水間丈智のfacebook!

 

こちらの方で独自に、facebook上で名前検索を行ったり、またそれに該当しそうな人物の手がかりから特定を試みました。

 

しかし該当人物に関するfacebookの情報を特定することはできませんでした。

 

今後、それらしきアカウントが発見でき次第報告いたします。

 

スポンサーリンク



特殊詐欺とは?

 

そもそも特殊詐欺とはどのような詐欺の手口なのでしょうか。

 

警視庁の特殊詐欺対策ページでは以下のように説明されています。

 

被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、
指定した預貯金口座への振込みその他の方法により、
不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪を特殊詐欺といいます。

引用:警視庁 特殊詐欺対策ページ

 

 

 

例えば警察官を装って電話をかけ、「キャッシュカードの情報の提出が必要です」などといい情報を盗み取るなどですね。

 

顔を合わせないという手段を取っているがゆえに活動の拠点を一切動かす必要がなく、複数の地点に住む対象者に対して働きかけることができるという非常にタチが悪い手口です。

 

もし電話で警察などの社会的に信用が高いステータスを騙ってキャッシュカードなどの重要情報を聞かれた場合でもきっぱりと断る気概を持つことが被害を回避するコツでしょう。

 

 

スポンサーリンク



特殊詐欺の犯行の動機は?

 

報道では動機についての供述はありません。

 

推測ではありますがやはり目的はお金儲けといったところでしょうか。

 

高齢者の方は貯蓄がある方が多いでしょうから

 

今回のような高齢者を対象としてキャッシュカードを盗み取るというのは非常にリターンの多い「良い」商売と言えます。

 

あくせくして働くことなく誰かの貯蓄を食って生きていくことは確かに楽な生き方ではあります。

 

しかし道徳的・法的に疑わしいものであることは間違いありません。

 

被害にあった方はこれまで積み上げてきた貯金の多くが消滅し、騙し取られた後は自力生きていくことが難しいという状況に追いやられてしまいます。

 

誰かの人生を破壊してまで生きるというのは決して許された行いではありません。

 

今回の一件を受けてしっかりと足を洗ってほしいものです。

 

スポンサーリンク



世間の声

 

背後ルート団体組織犯罪ですよね。

 

団体での犯罪ともなると騙し取りやすい「カモ」的存在の情報を共有して効率的にお金を騙し取るという戦略を取りやすくなりますし

 

 

また団体としての規模が大きくなればなるほど詐欺のノウハウが強化されていく為二次関数的に被害額が増大していきそうですね。

 

今回の一件では水間丈智容疑者の詐欺グループの大きさやその被害額については言及されていませんが

 

もしかすると想像を絶するほどの被害額を出しているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)