事件・事故

三重大学病院、並列麻酔で死亡事故!担当医師は?原因は?何度も違反を隠蔽!

三重大学が2017年夏に麻酔科で並列麻酔を行い、死亡事故があったことを明らかにしました。

並列麻酔は、基本的に禁止されており、今回は行っていること自体、隠蔽していたようです。

4人ほどの患者さんを、麻酔がかかった状態で、1人の医師が担当していたようでした。

それでは詳しいニュースの概要を詳しく紹介していくとともにと担当していた医師、原因等も含めて、調べていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

ニュース概要

三重大学病院(津市)は17日、麻酔科医が2017年夏、同時並行で複数の患者の麻酔管理をし、患者1人が死亡する事故があったことを明らかにした。

こうした麻酔管理は「並列麻酔」と呼ばれ、日本麻酔科学会は原則禁止としている。

病院は「並列麻酔が直接の事故原因ではない」と説明。その後も並列麻酔を続けていたという。

この事故について、院内外の委員による調査委が18年4月に報告書を作ったが、病院は公表してこなかった。

朝日新聞による開示請求を受け、病院が17日夜、報道各社に説明した。  病院によると、事故が起きたのは、夏休みで麻酔科医が減っていた時期で、1人の麻酔科医が最大4人の麻酔管理を同時に実施したという。

日本麻酔科学会は、急変時の対応が困難になる恐れがあるなどとして、1人の麻酔科医が同時に複数の患者の麻酔管理をすることを原則的に禁止している。

病院は事故時について「麻酔科医がいる前で心停止した」と説明し、並列麻酔との直接の関連を否定した。  病院によると、緊急手術などもあり、事故後も並列麻酔を続けたといい、18~20年の全身麻酔のうち1~2割程度を占めたとみられる。

「今年に入ってやっていない」としているが、「相当数、手術を制限できたらやめられるが、安全を確保できる限り続けてきたというのが実態」という。手術を受ける患者に対し、並列麻酔の説明はほぼしていないという。

参照:Yahoo!ニュース

 

麻酔科医の前で心肺停止は、かなりまずいですね。

容体が急変した場合の対応が、困難になる恐れがあるので、麻酔科医が同時に複数の患者を麻酔にかけて管理するのは禁止されています。

それなのに、4人も同時に見ていたことだけでなく、並列麻酔が直接の事故原因ではないと言い訳しているのが、あまりいい印象を与えないですね。

同時に見ていたから、心肺停止になるまで対処できないんじゃないかと言われてしまっても、しょうがないですよね。

いくら人手がないと言っても、こんなことになってしまうまで、放っておくのは良くないと思います。

医師の方は責任を取らされるのでしょうか・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク



担当医師は?

 

ニュース記事だけでなく、HPの診療科の紹介ページも見ましたが、名前は公開されていませんでした。

ただ、担当した医師は、何度も同じことを繰り返していて、准教授がいない間に、自分の意思で麻酔管理を行ったということのようです。

担当した患者さんが、噂では、別の病院の院長先生だったそうです。

医師間でのことなので、公にしなかったのではないかと言われています。

病院としては、大学病院のほうが圧力があるので、もし、何か不利になるようなことになるのであれば、立場的には、遺族側に圧力をかけることも可能なようです。

実際にそんなことがあったのかは分かりません。

同じ医師の家族として、事故には目をつむるということだったのかもしれませんし、あまり良くない状態だったということだったのかもしれません。

スポンサーリンク



原因は?

生体肝移植が原因と言われているようです。

肝移植に失敗し、出血多量で亡くなったということのようですね。

確かにそれなら、並列麻酔が原因ではないのかもしれませんが・・・

やってはいけないことをやっているので、言い訳にもなりませんね。

移植の手術は難しいですが、もう少し、何とかならなかったのかと心が痛みます。

それに、この事件以外にも死亡事故は1件ですが、何度も似たようなことを繰り返し、危なっかしかったようで、上の方も注意はしていたようですね。

医療関係でもなく、仕事の内容は全然違いますが、人の命にもかかわる仕事(サービス業)をしているので、どちらかというと、だったらやらせるなと思うよりも、自分ももっと気を付けないといけないんだと実感しました。

でも、人のことは言えなくても、だったらやらせるなよと思いますよね!

直接的に人命を握っているのですから、もっと注意しなければいけないと思います。

スポンサーリンク



 

三重大学病院の問題

このニュースで一番ダメなのは、報告書をもらいながら、公表していなったことですね。

公表をしなくてもいいという流れだったのかもしれませんが・・・

また、第三者委員会の勧告を無視して続けていたこともありえないことですね。

まるで、反省していないようです。

きっと次は大丈夫だ、自分はできるはずだ、という気持ちがそういう行動を誘発してしまうのですね。

しかも、患者さんに並列麻酔のことを伝えていなかったそうなので、それは絶対にやらないで欲しかったですね。

医師のことを信じられなくなってしまいます。

インフォームドコンセントしっかりと守って欲しいです。

 

スポンサーリンク



口コミ

学会がやめろと言っても、麻酔科医一人で手術件数が稼げる、すなわち売り上げが稼げるわけで。
これは麻酔科医の責任ではなく、それをさせている施設トップの責任よ。
まあ、麻酔科トップが率先として「やれ」というあほ麻酔科部長がいるのも事実だけどね。

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

禁止行為を行い患者が死亡してもそれを隠蔽した病院の並列麻酔は、死亡と関係ないなんて仮にそれが本当でも信用してもらえなくても仕方ないよね。

参照:Yahoo!ニュース コメント

 

やはり、みなさん気にはなっているようですね。

 

めったにそんなことはないですが、もし病気にかかって麻酔をかけられるようなことになっても、こんな事故続きでは、安心して治療に専念できません。

スポンサーリンク



並列麻酔について

並列麻酔は、日本麻酔科学会で禁止されています。

ですが、麻酔学会の人手不足は過酷で、実際の医療現場では、暗黙の了解でさせているところもあるようです。

最後までこの記事を読んでから、詳しい内容が知りたいと思った方は、以下のリンクを見てみてください。

 

日本臨床麻酔学会

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

最後に

いくら、その治療法が好きでも、人手が足りなくても、やっていいこととやってはいけないことはあると思うので、決まりは守って欲しいですね。

患者さんが安心して治療を行えるようになることを祈っています。

スポンサーリンク