佐々木智也(ささきちやこ)子の顔!Facebook!元交際相手にストーカー!鍵穴壊す!札幌西区

今月1日と16日
元交際相手の男性の自宅に押しかけ、
16日には男性の家の玄関ドアの鍵穴を壊し、

ストーカー規制法違反と、器物損壊の疑いで

札幌市西区に住む無職

佐々木智也子(39歳)

が逮捕されました。

ストーカーといえばまだ男性が女性に。のイメージが

強いですよね。今回は女性が男性をストーカーするという事件。

それでは事件概要を見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件概要

元交際相手の男性の家に押しかけるストーカー行為を繰り返し、玄関ドアの鍵穴を壊すなどした疑いで、39歳の無職の女が逮捕されました。  逮捕されたのは、札幌市西区の無職、佐々木智也(ささき・ちやこ)子容疑者です。  佐々木容疑者は、今月1日と16日に、西区の元交際相手の30代男性の自宅に押しかけ、16日に男性宅の玄関ドアの鍵穴を壊したストーカー規制法違反と器物損壊の疑いが持たれています。  男性は1日、女性が押しかけていた際に110番通報していて、警察が裏付け捜査を進め、24日、佐々木容疑者を逮捕しました。  男性は今年に入って4回、佐々木容疑者のストーカー行為について警察に相談していました。  警察は、佐々木容疑者の認否を明らかにしていません。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

元交際相手の男性にストーカー行為を繰り返したとしたとして

佐々木智也子容疑者が逮捕されました。

男性は今年に入り4回も容疑者からのストーカー行為を

警察に相談していたそうです。

男性側が警察に相談するなんて、よっぽど恐怖、迷惑

だったのでしょう。

しかし、4回も相談しているのにストーカー行為はエスカレート。

警察は自宅の見回りなどはしてくれていたのでしょうか?

4回も相談に行っているんですよ?

男性からの相談ということで、相手にされていなっかった

可能性はないのでしょうか?疑問です。

 

スポンサーリンク



本件の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

 

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

スポンサーリンク



本件のfacebook!

 

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

今後調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

スポンサーリンク



事件現場は?

札幌市西区とあります。

西区だけだと広すぎて特定できませんでした。

引き続き調査していきます。

スポンサーリンク



ストーカー規制法違反

ストーカー規制法の対象となるのは、「つきまとい等」と「ストーカー行為」の2つです。

「つきまとい等」とは

  1. あなたに対する「恋愛感情その他の好意の感情」
    又は
  2. それらの感情が満たされなかったことに対する「怨恨の感情」
    を充足させる目的で、あなたやあなたの身近な人(直系若しくは同居の親族その他あなたと社会生活において密接な関係を有する人)に対して、8つに類型化された行為(ストーカー規制法第2条第1項各号のいずれかに掲げる行為)をすることをいいます。

 

ストーカー事案の認知件数は, 1万9,920件で,前年に比べ5,302件(36.3%)増加している。また,被害者の87.4%が女性で,行為者の85.9%が男性となっている。

出典:https://www.gender.go.jp/

こうしてみると、やはり女性の被害者が多いように感じます。

しかし実際は、女性が男性をストーカーする事案は多いそうです。

男性は警察に相談することが少ないため、割合でみると

女性が多くなっているんですね。

スポンサーリンク



 

ネットの声

余程男性を気に入って居たのか今迄男性と付き合う機会が無かったのかですけどストーカー迄され鍵を壊して迄入ろうとする事に恐怖すら在る

 

年齢的にこのチャンスを逃せば、結婚できないという恐怖観念があったと思う。それにしても女性の執念の根深さを感じた事件ではある。

 

39歳…
結婚を前提に付き合ってたが裏切られたか?

 

この女性を受け入れられるような人はなかなか居ないだろう

たいていの人は、行き過ぎた依存体質からの重圧に耐えられず破局を繰り返す
男性に限ったことではなく、このタイプの人は同性の友人知人とも同じ繰り返しを為す
ひっきりなしの電話やLINE、メール等々が相手を追い詰めて、時として行方をくらます場合もある

おそらく家族親族でもサジを投げているか、手に負えずにいるはずだ
憶測ではなく経験から見ても、ここまでの事を起こす人は十中八九同じだ
彼女を送るべきは刑務所などではなく病院だ

 

鍵穴を壊すのは卑劣極まりないですね。私も大学生の時に同じ事をされました。犯人はバイト中先のカラオケスナックでもしつこくしてきていた17歳年上の独り身のオッサンでした。

 

男がもて遊んで
飽きてきて捨てたのかもね
警察沙汰にも無理があるのでは?

 

元交際相手をよっぽど忘れられなっかたのか…

しかしどんな理由であれ限度があります。

警察はまだ佐々木容疑者の認否を明らかにしていません。

真相はどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク



 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)