木村徹也の顔!facebook!小6女児出会い系で連れ込み!「泊まりに来る?」

 

小さな女の子が困っていても、

絶対に家に連れて帰ってはいけません。

これはもう常識ですよね。

それが、出会い系アプリを使って誘い出し、自宅に連れ込んだという事件が起こりました。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件概要

出会い系アプリで知り合った家出中の小学6年の女子児童を誘い出し、自宅に連れ込んだとして、28歳の男が逮捕されました。 警視庁によりますと、未成年者誘拐の疑いで逮捕された会社員の木村徹也容疑者は先月、出会い系アプリに「家出した」と書き込んだ都内に住む小学6年の女子児童を「泊まりに来る?」などと誘い出し、川崎市の自宅に連れ込んだ疑いが持たれています。 家出に気づいた女子児童の母親からの通報で警視庁が捜索し、防犯カメラの捜査などから、女子児童は3日後に木村容疑者の自宅近くで保護されました。 調べに対し、木村容疑者は容疑を認めているということです。

https://news.yahoo.co.jp/

逮捕されたのは、川崎市にすむ、会社員の男、木村徹也(28)

未成年誘拐の疑いが持たれています。

 

https://news.yahoo.co.jp/

出会い系アプリに、小学校6年生の女の子が、「家出した」と書き込んだのを見つけ、

https://news.yahoo.co.jp/

一見いい人のように見えますが、れっきとした犯罪行為です。

 

https://news.yahoo.co.jp/

今回は、家出に気づいた母親が警察に通報したことで明るみに出ました。

 

 

https://news.yahoo.co.jp/

防犯カメラはもう、なくてはならないものですね。

 

https://news.yahoo.co.jp/

木村徹也本人は、容疑を認めているということです。

家出をしてしまった女の子も、危機意識を持って欲しいですが、

大人であるはずの犯人が、自制する必要がありましたね。

スポンサーリンク



木村徹也の顔は!?

https://news.yahoo.co.jp/

 

 

https://news.yahoo.co.jp/

マスクは当たり前としても、報道陣の前で顔を隠そうともしないあたり、

罪の意識が薄いのでは…?と勘ぐってしまいますね。

 

スポンサーリンク



木村徹也のfacebookは!?

現在、木村哲也というアカウントは、28件ありました。

そのうち4件は作ったまま放置のアカウント。

残りは他県か、在住地が書いていないアカウントで、特定には至りませんでした。

引き続き調査していきますので、追記をお待ちください!

 

スポンサーリンク



「牛」のスウェット…?

https://news.yahoo.co.jp/

個人的に気になったのは、この「牛」

 

https://news.yahoo.co.jp/

 

牛込署だから、牛、という訳でもないですよね?

調べてみましたが、おふざけTシャツやトレーナーで、確かに

牛、だとか、牛タン、だとか、文字が書いてあるものは数点みられましたが、

この突き抜けた「牛」は見当たりませんでした。

丑年だから…?

自分で書いたのでしょうかね…?

 

スポンサーリンク



ネットの反応

小6で出会い系アプリ使ってる子もどうなの?
家出はともかく、出会い系アプリ使ってる時点で親の管理が届いてないね。

 

未成年者が家出することや、出会い系を使うことは、搾取する側の免罪符じゃない。
それをわかりたくない人は、まっとうな大人じゃないことを自覚してくれ。

 

小6で出会い系アプリ、、、、
これだけ世間で耳にしちゃうものがどういうものなのか
興味もってやってしまうんでしょうね。

ほんの少しの興味がこういう大人に付け込まれてしまうリスクがあるので
制限かけないとダメだな

 

こういうの、男性は大抵性行為目当てで誘ってるのだろうと思うけど、そういう罪名がついてない事がとても多い。
それは被害者保護のため?
立証の難しさから?
いつも不思議に思ってます。

 

昔は子供の誘拐と言うと、身代金目的で、逮捕時には殺されている事件がはとんどでしたが、今は気軽に知らない大人と繋がり、逮捕されても加害者は容疑は認めても悪い事をした認識が極めて薄いと思う。この男も映像での確認しかできないが、罪の意識を感じない。しかも、監禁されているような状態ではなく、知人宅に無断外泊しているような感じで保護される。
子供を題材にした商売がヒットする世の中ですから、このような事件は減らないですね。

 

未成年の小学生は、まだ未熟でこういった過ちを犯してしまう場合がある。それを物事の判別がつく成年者で保護してあげましょう。ってのが青少年保護育成条例の在り方だと思うので、どっちもどっちではないかな?
このお兄さんが、諫めないとというのが本来はあるべき姿。そんな人はそもそも出会い系アプリで未成年漁ってないだろうけどさ。

 

私にも同じ小6の娘がいます。中学になったらスマホが欲しいと言ってますが却下しました。制限付だろうとまだ与えてはいけないと判断したからです。
どうしてこの子の親は…スマホがないといじめにあうから?逮捕された男性もですが、この子の家庭環境にも問題があるんじゃないですか。まだまだこういう犯罪は増えそうで怖いです。

 

容疑者を逮捕して追求するよりも
家庭環境を追求する方が先じゃないの?
問題の優先事項が違うと思うよ

 

家出するのもどうかと思うが、出会い系アプリを使う小学生はすごいね。
それを連れ込む方もすごいけどね。

 

今どきこんな事したら一発で全国ネットになるって28にもなってわからんか?

 

確かに、小6の女の子が出会い系アプリ、というのもすごいですよね。

一昔前なら考えられなかったように思います。

ちゃんと女の子の家庭環境の方も、児童相談所や学校は目を向けて欲しいものです。

昔、誘拐というと金銭目的でしたが、今は違うんですね…。

改めて、ネットの怖さと自己管理、子供を守ることの難しさを感じたニュースでした。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)