薩摩川内市鬼塚正一さん飼い犬に噛まれ意識不明の重体!原因は犬のてんかんか?

鹿児島県薩摩川内市百次町の農道で、飼い犬に右腕や左耳を噛まれ、

血を流して倒れ、意識不明の重体になる事件が起きました。

飼い主は近くに住む無職・鬼塚正市さん(54)です。毎日の習慣の散歩していたはずなのに…

一体何が起きたのでしょう

今回の事故について調べてきました。

スポンサーリンク



事故の概要

4日午前7時55分ごろ、鹿児島県薩摩川内市百次町の農道で、近くに住む無職・鬼塚正市さん(54)が飼い犬にかまれ、血を流して倒れているのを通行人が見付け、119番通報した。鬼塚さんは右腕と左耳をかまれるなどして病院に搬送された。  薩摩川内署によると、鬼塚さんは午前7時30分ごろに、毎朝の習慣である散歩に行くため、犬を連れて自宅を出発。400メートルほど離れた現場で飼い犬にかまれた。偶然近くを通りかかった人に助けを求め、通行人が通報。その後、鬼塚さんは意識不明の重体となった。出血がかなりあり、出血性ショックの可能性もあるという。  犬は、外見はアメリカンビーグルに似た雑種で、体高は約50センチ、体長は1メートル弱の雄。年齢は推定6歳で、元々は保健所にいた保護犬だったものを、4年ほど前に鬼塚さんが譲り受けたものだった。通報時には、鬼塚さんの周囲をウロウロと歩いていたが、消防や警察などが駆けつけて周囲が騒然となったため、現場から逃げ出した。  約1時間後、騒ぎを聞きつけた鬼塚さんの妻が現場付近で犬を捕獲。その後の調べで、昨年も鬼塚さんの肘にかみついたことがあったことが判明した。他の被害は不明という。現場は九州新幹線川内駅から数キロ離れており、農地の中に民家が点在している。

出典:yahooニュース

鬼塚さんは午前7時30分頃に、毎朝の習慣である散歩に、犬を連れて自宅を出発。

いつも通りの散歩だったはずなのに、事故は起きました。

400メートルほど離れた現場で飼い犬にかまれ、偶然近くを通りかかった人に助けを求めました。

そして通行人が通報し、その後鬼塚さんは意識不明の重体となりました。

出血がかなりあり、出血性ショックの可能性も考えられています。

鬼塚さんを噛んだ飼い犬は周囲をウロウロと歩いていたが

消防や警察などが駆けつけて周囲が騒然となったため、現場から逃げ出市、

約1時間後に騒ぎを聞きつけた鬼塚さんの妻が現場付近で犬を捕獲しました。

鬼塚さんは右腕と左耳を噛まれたとありますが、腕を噛まれ、倒れたところに耳を噛まれた可能性があります。

昨年も鬼塚さんの肘にかみついたことがあったことが判明しました。

その時はしつけで叱ったときに噛まれたようです。

噛み癖があったのでしょうか…

スポンサーリンク



飼い犬の犬種は?

犬種:アメリカンビーグルに似た雑種

性別:雄

大きさ:体高は約50㎝、体長は1m弱

年齢:推定6歳

ビーグル似の雑種とのことですが、

犬は犬種問わずに本気で噛まれるのは大変危険です。

ネットでは、飼っていたトイプードルに噛まれて血が出たと情報もありました。

元々は保健所にいた保護犬でしたが、4年ほど前に鬼塚さんが譲り受けたものでした

スポンサーリンク



犬は前飼い主に虐待されていた!

飼い犬は保健所に行く前は虐待されていた過去があり、

鬼塚さんが引き取り面倒をみていたらしいです。

なんだか胸が痛くなる事故です。

半年の間に4人の方を噛み飼育放棄された
犬を過去に同犬種を飼っていた経験から
カミ犬と判りながら譲り受け3年経ちます
夫婦共に病院に救急車でそれぞれ2度
噛まれて搬送され未だに傷が絶えません

極度の警戒心と緊張で音や匂いに敏感で
アルコール息を嫌い不意に抱き上げたり
身体を触ると非常に怖がって牙を剥きます
歯磨き、爪切り、シャンプー等は負担を
かけない程度の短い時間と方法でしか
出来ませんが散歩等は喜んで行きます。

性格や感情や扱い方を日々感じながら
他の犬とも一緒に仲良くして欲しいと思う
毎日ですが、彼を引き取り飼うと決めた
以上最後の最後までしっかり飼育していく
つもりです。
手が掛かる犬程可愛いなどとは思いませんが
手足を伸ばし穏やかな顔で過ごしたり
オヤツを欲しがる顔をを見る時は可愛いものです。仲良く出来る
日を夢見ながらを楽しみに毎日撫でています。

このような声もありました。

この方のように鬼塚さんも一生懸命面倒をみていたと思うと

本当に胸が痛くなる事故です。

鬼塚さんの容態が早く回復することを願っています。

 

スポンサーリンク



原因は犬のレイジシンローム?

噛む犬について、育て方とか飼い主との関係性とかも大切なのでしょうが病気の場合も考えられます。
レイジシンドロームというてんかんの病気です。
前触れも無く急に容赦なく噛みます。
うちの犬はやはりビーグルですがその傾向があり、気をつけていても一年に1〜2度流血するほど噛まれ怖い思いをします。
可愛いがって大切に育ててもです。
何頭もペットを飼っていましたがこんな子ははじめてで困惑しています。
この飼い主の方はどういう理由で噛まれたのかは不明ですがとても気の毒に感じます。

レイジシンドローム…犬のてんかんみたいです。

少しこのことについて調べてみると、

レイジシンドロームとは、日本語で突発性激怒症候群と言い、

症状は発作的に噛みつくものらしいです。

前触れもなく、本当に突然に噛みつきます。

しかしそのあとは、何事もなかったように元に戻り、犬自身に意識はないという特徴があるみたいです。

これが原因の可能性もありますね。

推測でしか何ので、新しい情報を待ちましょう。

スポンサーリンク



ネットの反応

猟犬として使われていたサツマビーグル(30年前の知識ですが)のように見えます。猟をする人にはひどい扱いをする人がいますからね。
厳しくする男性が怖かったのではないかと、虐待されて捨てられた猟犬を2度も保護したことのある私は思います。私は女性なのですが、それでも回復させて里親さんに引き渡すには時間がかかりました。
子犬から育てても猟犬は性格的にペットとしては難しいところがあります。
飼い主さんが回復しわかりあえて穏やかに暮らせますように。

保護犬を面倒見てきたことは立派。成犬だと以前の育成が不明。子犬からだと飼い主への攻撃は皆無に近いと思われる。人間も同じ育成(教育)の影響が大きい。もし飼い主への攻撃があったとしても
情状あるかもしれない。飼い主さん意識不明早い回復を。

我が家でも、捨て犬の子犬を飼っていた事がありましたが、捨てられた記憶は残っていました。随分前の話てすが、10歳頃リードを外して自由に歩かせてたら、ふと私とリードで繋がってないのに気が付き、一目散にダッシュで家に帰り犬小屋の奥で何とも言えない緊張感の顔つきしてましたから、また捨てられると思ったんだと判断しました。きっとこの元保護犬も、怖い経験した子だったんでしょうね。悲劇てす。

この犬はどうなってしまうのだろう
なんとも痛ましい事故で胸が痛い。ただ、噛み癖があったのなら
散歩中に、または脱走したりした時に
飼い主以外の人にも被害が出る可能性もあったので
せめて口輪でもしていたのなら
今回の事故は起きなかったのではないか。
ただただ飼い主さんの回復を祈ります

ビーグル犬に噛まれて意識不明と聞いて、大型犬じゃないのにと思ったけど
実際は割りと大きくってビーグル犬よりじゃなく猟犬に見える。虐待を受けてた犬を保健所からもらってきて飼われていたとか、気の毒だ、虐待が原因だから犬も悪くない、ここまで人を信用してない犬を飼うのは難しいだろうね。飼い主の方が回復しますように。

日常散歩に連れて行ってあげてたのなら、犬が興奮するようなハプニングがあったのかもしれない。ふだんは仲が良かったのならとても切ない。出血がひどかったのか、飼い主さんが回復しますように .

状況を詳しく報道しないと「保護犬だから噛む~危険だから保護犬を貰わない」という流れが出来上がり非常に良くないですね。関係各所、各団体、各個人のこれまでの努力が無になるのではと思うがそうならないことを願います。自分はこの飼い主が虐待して噛まれたと思っていましたが違ったようです。この犬を保健所送りにしないように切に願います。早く良くなって又、この子と散歩してほしいです。うちには5年前に連れてきた元保護犬(オスとメス)が各1頭いますがオスの方だけは食事中に近寄ると今でも唸りますが噛んだりはしません。メスの方は穏やかです。保護活動が止まらないことを願います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)