事件・事故

自衛隊長野地方協力本部40代男性自衛官の顔!名前は?飲酒運転で立て続けに事故!!

 

自衛隊長野地方協力本部の陸曹が、昨年6月5日に飲酒運転をして事故を起こしました。

これを受けて、今年の2月1日にこの陸曹は懲戒免職となりました。

 

いったいなぜ飲酒運転をしてしまったのでしょう。

事故の内容とは?

この陸曹はどんな人物?

 

見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク



事故の概要

 

 

自衛隊長野地方協力本部(長野市旭町)は1日、同本部に所属する40歳代の男性陸曹を懲戒免職にした。

 発表によると、陸曹は昨年6月5日、長野市内の飲食店4軒でビールのピッチャー2杯、中ジョッキ3杯を飲んだ後、自分の車を運転し、同本部が入る長野第2合同庁舎の壁に衝突した。その後、同市内で乗用車にぶつけ、この乗用車の運転手に全治3週間のけがを負わせた。

 陸曹は同本部の調査に対し、「自宅に帰りたくなって飲酒運転をしてしまった」と話しているという。

出典:https://www.yomiuri.co.jp/

 

記事によると、事故を起こした男性陸曹は、飲食店を4軒もはしごしていたんですね。

しかもピッチャー2杯と中ジョッキ3杯というのは、相当な量です。

今やほんの少しの量であっても、飲酒運転・酒気帯び運転に厳しい世の中になっているのに、これほどの量を飲んでおいて自家用車を運転するというのは、本当に考えられません。

常習性があったのではないかと疑ってしまいますね。

 

この陸曹は、自宅に帰りたくなって運転してしまったと話していたそうですが、当初は帰宅する予定ではなかったのでしょうか。

もともと車で帰宅する予定であったのであれば、飲まないようにするのは当然のことですし、もし飲んでしまった後に急遽帰宅しなければいけない事情ができたのであれば、タクシーや代行を頼むなど手段はあったはずです。

 

 

スポンサーリンク



事故現場

 

報道によると、まず最初に本部が入る長野第2合同庁舎の壁に衝突したとのことでした。

マップで確認してみたところ、庁舎は道路に面していないようなので、おそらく、この庁舎前の駐車場から車を出して公道に出る前に庁舎の壁に衝突したのでしょう。

 

それにも関わらず、そのまま運転を続け、同市内で乗用車と衝突事故を起こしています。

この乗用車の運転手は全治3週間のけがを負ったそうです。

乗用車との事故現場は明らかとなっていません。

 

それにしても、なぜ一度庁舎の壁に車を衝突させたのに、そのまま運転を続けたのでしょうか。

誰にも目撃されていなかったから、そのままにして逃げたのでしょうか。

 

飲んでいる量から考えても、飲酒による判断能力の低下があったことはもちろん考えられますが、そうだとしても、相当悪質ですよね。

 

 

スポンサーリンク



陸曹の名前は?なぜ今になっての処分?

 

今回事故を起こした陸曹について調べてみましたが、名前やその他の情報など公表されていないようでした。

自衛官という国家公務員の立場で、このような事故を起こすなんて許しがたいですね。

そもそも飲酒運転をすること自体があり得ませんが…。

事故を起こしたのは去年の6月ということでしたが、なぜ懲戒免職となったのが今なのでしょうか。

その間の給与などはどうなっていたのか…

詳細は分かりませんが、処分が下るのにこれ程の時間が掛かるのがなぜなのか、疑問が残ります。

 

 

スポンサーリンク



世間の声

 

自衛隊は多くの人がいる大組織だから、おかしな人が混じることもあるでしょう。しかし最近の自衛隊は、不祥事が多すぎると思う。海上幕僚長の宴会コロナ感染に始まり、連日の不祥事報道。気になります。

 

事案の発生が去年の6月5日という事ですから、約8カ月かかってやっと懲戒免職処分です。

その間、無給の休職扱いで引っ張ってきたんでしょうけど、組織のためにも本人のためにもならないです。事実関係で疑義がない場合はもっと迅速に対応して下さい。

 

昨年6月の事故日から今年1月末まで給料が出ていたとしたら、処分遅くないか?

 

酒に飲まれた陸曹。
責任はデカイ。

 

地本の仕事の中心はリクルート。
真夜中や徹夜してやる仕事なんかないのだから、仕事が終わればそのまま家に帰ればよかったのに。
なんでまた飲酒運転までしなきゃならなかったのかね。

 

今の時代4軒はしごする度胸はないな
これで感染するようなことはしてない… とかいうんだろ

 

自衛官に払う税金の無駄遣い。

 

 

 

スポンサーリンク