石橋千紘の顔画像とFacebook!また千葉で低学年の事故!?現場特定!信号なしの横断歩道か?

7月3日午後2時半ごろ。

千葉県市原市の道路で、低学年の男の子が乗用車に轢かれて、死亡するという事故が発生しました。

運転していたのは、石橋千紘容疑者です。

 

また千葉での事故。

男の子は亡くなったそうです。

では、詳しく見ていきましょう。

 

 
 




 
 


 
 

ニュース概要

以下が、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

千葉県市原市で小学校低学年とみられる男の子が、道路を横断中に車にはねられて死亡しました。  3日午後2時半ごろ、市原市で「乗用車と歩行者の事故です。小学1、2年生くらいの男の子がはね飛ばされて意識がありません」と110番通報がありました。  小学校低学年とみられる男の子は道路を横断中にはねられた模様で、搬送先の病院で死亡が確認されました。  警察は乗用車を運転していた自称・パートの石橋千紘容疑者(34)を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。  石橋容疑者は事故を起こしたことを認めています。

参照:Yahoo!ニュース

 

7月3日午後2時ごろ。千葉県市原市の道路で、小学校低学年の男の子が横断中に、車にはねられ、死亡するという事故とが発生しました。

車を運転していたのは、自称パートの石橋千紘容疑者(34)です。

 

石橋容疑者には、過失致死の容疑がかかっています。

 

また、千葉で事故ですね。

しかも、小さい子の死亡事故です。

 

こんなニュースを朝から見てしまうと、居たたまれない気持ちになります。

未然に防げなかったのでしょうか。

おそらくは、信号のない横断歩道でしょう。

人が居ないと思っても、減速か一時停止をして、常に気を配りながら運転するしかないですね。

 

それでは、事故を起こした容疑者と事故現場について詳しく見ていきたいと思います。

 
 
 




 
 


 
 

石橋千紘のプロフィール

 

まずは、石橋容疑者について、分かっていることをまとめてみたいと思います。

 

名前:石橋千紘(いしばしちひろ)

年齢:34歳

性別:女

その他:運転致死容疑で逮捕

 

「過失運転致死」とは、運転中の過失により事故を起こし、その結果、相手の方が亡くなってしまった場合を指します。

故意がない過失であったとしても、不注意によって相手を死亡させた場合には、過失運転致死とみなされる可能性があります。

たとえば、前方不注視や動静不注視、巻き込み確認を怠ったこと、ウィンカー(方向指示)を点滅させずに方向転換したことなどは、すべて「過失」にあたり、これらの過失により死亡事故が起きたのであれば、過失運転致死傷罪に問われます。

過失運転致死傷罪の罰則
過失運転致死傷罪:7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

参照:チューリッヒ

 
 
 




 
 


 
 

石橋千紘の顔画像

石橋千紘容疑者の顔画像は、公開されていませんでした。

続報を待てば、公開されるでしょうか。

 
 
 




 
 


 
 

石橋千紘のFacebook

 

Facebookは、特定できませんでした。

同姓同名の方のInstagram、同名の方のTwitterは見つけることができましたが、いずれも特定には至りませんでした。

 

引き続き調査したいと思います。

何か分かり次第、追記します!

 
 
 




 
 


 
 

事故現場特定!

 

 

千葉県の市原市は、この辺りですね。

 

暗くてよく見えませんが、左には公園らしきものがあります。

公園通りという通りがあり、公園が密集している地帯で、その近くに小学校があるので、その辺りではないでしょうか。

道路の感じからそれっぽい場所も見つけました。

 
 
 




 
 


 
 

皆の口コミ

私の地域は信号なしの横断歩道にとにかく頻繁に警察が潜んでいました。
おかげでかなり停車率が高い地域になりました。
ランキングでも結果が出ていました。

全国同じ事をした方がいいと思います
警察がいないとできないのか、ではなく
一時的に執拗に見張る事で自然にそれが当たり前になります
結果的にできればそれで命が守られればそれでいいんです
今のまま放置してても改善してきていないのですから改善策として即取り入れて欲しいと思います

 

信号機のない横断歩道。人がいてもスピード落とすことなく通り過ぎていく車、バイク多すぎ。 歩行者優先なのだから。と言っても止まる車は止まるし、止まらない車はどこの横断歩道でも同じことをするだろう。個々の意識の問題だが、取り締まりを強化してほしい。

 

 

横断歩道の近くになるとスピードを緩め、いなければ、そのまま進むが歩行者が見えれば止まる。
これがルールなはず。
だが、自動車もすぐには止まれないため歩行者側の飛び出しや自転車で突っ込むことは危険となる。歩行者側、自転車も、自分の命を守るため左右を確認する事が必須と言う事だ。

 

横断歩道での事故なわけだから運転していた人に大きな過失がある。
しかし気になることはこの道の狭さだ。だから横断歩道はとても短い。ちょっとで渡りきれる長さだ。子供の動きも予想できる。
言いたいことは、だからかえって危険なんだ。こんな道路だからこそ子供の動きに注意を払うべきだろう。飛び出しも考えて徐行するべきだ。ましてや横断歩道だから必ず停止する。
こんな道路は危険な道路と感じるべきだと思う。

確かに、当事者間で防げないなら、第三者の目を取り入れるのはいい案かもしれません。

全国それで、取り締まるの方がただ周知するよりも、事故を防げそうです。

 
 
 




 
 


 
 

最後に

 

何度も言いますが、横断歩道の前では、減速か一時停止位するつもりで運転して欲しいです。

明らかに人が居なければ、減速も一時停止もしなくていいようにはなっていますが、いつだれが横断歩道を渡ろうとするかわかりません。

 

もし事故が起きたとき、故意でなくても、罪を問われるのは車側です。

本当に気を付けて、運転しましょう!
 
 




 
 


 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)