茨城県日立!酒気帯び19歳少年の名前!事故現場特定!車のドアが外れた原因とは?

3日の午前5時半、茨城県日立市の市道で、

 

カーブを曲がりきれず、反対車線の金属ポールへ衝突するという事故が発生しました。

 

車に同乗していた19歳の無職の少年が、車から投げ出され、亡くなっています。

 

それでは、事故についての詳しい情報を見て行きたいと思います。

 

 




ニュース概要

 

以下が、Yahoo!ニュースで報道された記事になります。

 

 

乗用車ポールに衝突、投げ出され1人死亡 19歳少年を酒気帯び運転の疑いで逮捕 日立署

 

3日午前5時35分ごろ、茨城県日立市幸町1丁目の市道で、乗用車がカーブを曲がり切れずに反対車線側の縁石に乗り上げ、金属製ポールに衝突、衝撃で車両右側の後部座席スライドドアが外れ、後部座席に乗っていた同市、無職、少年(19)が路上に投げ出された。少年は首を強く打ち、頸椎損傷などで搬送先の病院で死亡した。日立署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、乗用車を運転していた同市、会社員、少年(19)を現行犯逮捕し、容疑を同法違反(過失致死)に切り替え事故原因を調べている。 同署によると、現場は片側1車線の急なカーブ。車体右側面部からポールに衝突後、数本のポールに当たりながら走り、十数メートル先で止まった。車には2人のほか助手席に同市、アルバイト店員、少年(19)も同乗していたが、投げ出された少年以外の2人にけがはなかった。

参照:Yahoo!ニュース

Twitterでは、動画も挙げられていました。

 

3日の午前5時35分ごろ。

 

茨城県日立市幸町1丁目の市道で、急カーブを曲がり切れず、反対車線の縁石に乗り上げ、金属ポールに衝突するという事故が発生しました。

 

運転していたのは、19歳会社員の少年で、酒気帯び運転をしていた疑いがかけられています。

 

また、同乗者も2名おり、19歳アルバイト定員の少年が助手席に、19歳無職の少年が後部座席に座っていたそうです。

 

事故の際、後部座席のスライドドアが外れ、無職の少年が外に投げ出され、頚椎損傷で亡くなっています。

 

 

同乗者は同い年のようなので、おそらく友人なのでしょう。

 

酒気帯び運転で、友人を死なせてしまうなんて、悲しすぎます。

 

友人の家族にも白い目で見られ、罪悪感を背負って生きて行かなくてはなりませんね。

 

トラウマで、運転は一生できないかもしれません。

運転させられないでしょうが・・・

 

 




 

 

 

 

運転していた19歳会社員の少年の名前は?

 

 

こちらはまだ公開されていませんでした。

 

残念です。

 

 

毎年のように運転免許を取ってまだ日の浅い人たちが、酒気帯び運転をして事故を起こしています。

 

対向車とぶつかったあり、歩行者を引いてしまったり・・・

 

初心者マークが取れて、ある程度運転に慣れてくると気が抜けてしまうのも分かりますが、絶対にやってはいけない事です。

 

 

彼自身の為にも、今後の事故防止のためにも、実名報道して欲しいと思います。

 

実名が報道されたら、その時は、皆さんにもお伝えしたいと思います。

 

 

この先は、どうして、このような悲しい事故が起きてしまったのか・・・

 

さらに、詳しく見ていきたいと思います。




 

 

 

 

事故現場特定!

 

 

地図を見れば一目でわかりました。

 

急なカーブで、片側1車線の市道。

 

日立駅前の日製正門通りという道路でしょう。

 

確かにカーブはきついですが、普通に運転していて、車線に入って縁石に突っ込むほどのハンドル操作ミスはしない場所ですよね?

 

車と正面衝突事故なら分かりますが・・・

 

 

これは、完全に酒気帯び運転が原因でしょう。

 




 

 

 

 

事故の原因は?車のドアは外れる!?

今回の事故の原因は、2つです。

 

 

酒気帯び運転によるハンドル操作ミスと、シートベルト着用していなかったことですね。

 

後部座席もシートベルトの着用は義務付けられているはず。

 

酒気帯びで運転している上に、シートベルトをさせないなんて、運転主としての責任感がなさすぎます。

 

実質的な原因は、この2つでしょうが、気になることが1つあります。

 

車のドアが外れたというところです。

 

車のドアってそう簡単に外れるの?と思ったので、調べてみました。

 

ダイハツやトヨタなど、パワースライド式のドアを採用している乗用車は、多くのブランドから発売されていますが、どれも結構外れやすいようですね。

 

車に当たっただけ(そんなに損傷なし)でも、外れてしまうことがあるようです。

 

開かない、閉まらないなど、故障も多いため、メンテナンスをきちんとする必要があるようですね。

 

 

いずれにしろ、シートベルトを付けていれば、ケガ程度で済んだ可能性があります。

 

実際、運転席と助手席の2人は無傷だったのですから・・・

 

 




 

 

 

 

皆の口コミ

 

 

以下がYahoo!ニュースで出ていた口コミです。

 

亡くなった子も同罪ではあるが、これは悔やんでも悔やみきれないね。運転していた子は一生罪の意識を持って生きていくことにもなる。
酒気帯び運転や飲酒運転は破滅への入り口になりかねない。
やはりもっと厳罰化するべきだ

 

 

 

 

今から約20年前に、地元で同じような事故があって、運転手の19歳が助かって、助手席の弟と後部席の同級生が亡くなりました。やっぱり同じように、急カーブをハイスピードで回ろうとして、スピンして助手席側が対向車線側に立っていた電柱にもろに衝突して、車が真ん中でへの字に曲がっていました。後日、補償の件で両家がかなり揉めたようです。

 

 

 

考えてみれば、スライドドアはヒンジで車体に固定されていないので、言わば浮いたような状態で車体に引っ掛かっているだけなのだな。外れ易いのもうなづける。

 

 

 

連休に、なると事故が増える。普段運転しないペーパードライバー、スピードを出す車横から割り込みしてくる車などが増える。一人一人が安全運転を心がけて欲しい。自分も含めて・・・

 

 

この車は天井が高く見晴らしも良い、車も軽く一人乗り位だったら加速も良い。しかしカーブや高速での横風にはメッチャ弱い! 大型トラックの横を走るのも怖い時がある。まぁ酒飲んでたらわかんないけどね

興味深い口コミです。

ハンドル操作ミスだと思っていましたが、可能性はそれだけではないということですね。

 

皆、意見はだいたい同じようですね。

バイクなどとは違い、車体があり、車は安全なように思えるかもしれませんが、意外と危ないものなのです。

その意識を持ってほしいですね。




 

最後に

 

この記事を読んだ人が、交通安全の意識を高められるように何度も書きます。

 

 

交通ルールは守りましょう!

シートベルトをきちんと着用しましょう!

酒気帯び運転はやめましょう!飲んだら乗るなです!

 

 

最近、事故も多いので、皆で気を付けていきましょう!




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)